SCP-403-FR
rating: +19+x
blank.png
boi.jpg

1932年に描写されたSCP-403-FR (補遺403-FR-2を参照)。

アイテム番号: SCP-403-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Uncontained

特別収容プロトコル: その性質上、SCP-403-FRは収容不可能です。民間人とSCP-403-FRの遭遇に関する言及を全て記録し、SCP-403-FRと接触した人物にはクラスA記憶処理を施します。

SCP-403-FRとの遭遇事例が確認された翌日の夜は、次回の遭遇を効率的に検出するため、SCP-403-FRが夢に出現した地域周辺の都市を監視します。この唯一の目的は、記録保持のためにSCP-403-FRの移動を追跡することです — SCP-403-FR自体は危険と見做されておらず、従ってこれ以上の交流や監視は必要ありません。

説明: SCP-403-FRは、現在までのところ、様々な夢の中でのみ存在を確認されている1匹のPelophylax kl. esculentus (ヨーロッパトノサマガエル)です。SCP-403-FRは赤いショートパンツと麦わら帽子を着用し、ステッキを所持しており、数種類の言語を話すことができます。夢の中でSCP-403-FRに出会った目撃者は、常にその言葉を理解できると主張します。

夢を見ている間にSCP-403-FRと遭遇するかどうかは、睡眠者の意志ではなく、他の外的要因に依存するようです(補遺403-FR-1を参照)。また、SCP-403-FRとの出会いを意識的に誘発するように指示された明晰夢の心得を持つ人物らは、全員そうすることができずに目覚めました。

SCP-403-FRが関与する夢の大半は、睡眠者が眠りに落ちた場所と似通った地理的環境を舞台とします。この時、SCP-403-FRの水かきとステッキが素早く地面を叩く音が遠くから聞こえ、常に睡眠者に向かってきます。到着すると、SCP-403-FRはほぼ必ず睡眠者に話しかけます。この発言の長さや内容は夢によって異なり、時として完全に一方的な会話に終始することもあります。SCP-403-FRとの対話は全く不可能であり、睡眠者による返答の試みは無視されます。SCP-403-FRは常に睡眠者から遠ざかることによって夢を去ります。

補遺403-FR-1: 夢中におけるSCP-403-FRとの遭遇で得られた特定の証言を相互参照した結果、SCP-403-FRは出現した夢と現実世界の地理の間で同等の道筋を辿っていると思われることが判明しました。即ち、SCP-403-FRは夢々を通過するにあたって実際の距離を移動します。このため、人間が夢でSCP-403-FRと出会う可能性がある地域は、比較的正確に予測できます。

以下は特筆すべきSCP-403-FR遭遇事例の非包括的リストであり、時系列順に並べられています(SCP-403-FRとの遭遇が夢の中で発生する都合上、これらの発言内容は遭遇者たちの証言を書き起こしたものです。近似表現や一部省略が含まれる可能性に留意してください)。

夢が見られた場所 SCP-403-FR発言の抜粋
ロシア、ヴャジマ1 「おはよう、知らん人。ここで何してるんだ? こんな土地で誰かに出会うなんて思わなかった。まぁ別にいいけどさ。[実体は辺鄙な寒冷地への旅行について言及する]、しばらく独りきりで過ごしたら元気が出たね。良い旅路を!」
ベラルーシ、クラスナポッレ [実体は、数種類の瞑想や、訪れた幾つかの有名な風景や場所など、自らが旅行中に経験した活動に言及した。]
ウクライナ、リヴィウ 「こんちは! なぁ、あんた音楽家かい? 俺は違うけど、妹たちの何人かがそうなんだ。あんたも妹たちの美しい旋律を聞くべきだぜ! あんたと分かち合えたらいいんだが、残念ながら俺にはあれをどうにも説明できない。あいつらとまた会うのが待ちきれねぇや!」
ハンガリー、ペーチ 「全く長い旅だったけど、遂に家に帰れるぞ! 何分昔の事だから、なんであんなに故郷を離れたがってたのかすら思い出せねぇ。愛し君がまた俺と会えて喜んでくれますように、俺のことを忘れてませんように。」
イタリア、ヴァッレセッラ 「あんたの村は美しいなぁ! 俺の村は此処ほど見栄えしねぇが、心地良い所だぜ! 見渡す限り広がる畑、色とりどりの屋根、そして運河… 何度も懐かしく思ったもんだが、もうそんなに遠く離れちゃいねぇ!」
スイス、ヴァル=ド=シャルメ 「いやぁ、今考えると、土産を持ってくるべきだったか! 愛し君はきっとウチで育ててる昆虫以外のもんを味わいたいだろう、それに番人たちは俺たちに食事を与えるのを許されてねぇし… まぁいいさ、また次回があるだろう。それに、可愛い妹が帰って来る時に同じ事を考えるかもしれねぇしな。」
フランス、マルゼルブ 「妙だな、見つからない… 俺の記憶違いか、それとも皆揃って俺をからかってるのか? あいつらは何処に消えた?」

マルゼルブでの遭遇以降、SCP-403-FRはフランス中部に位置する数ヶ所の町で、定期的に夢の中に出現し、自らの村を捜索する様子が目撃されています。SCP-403-FRの動揺は遭遇事例ごとに悪化しており、睡眠者に話しかける言葉も徐々に短くなっています。ヒト型のカエルが棲息する村の存在を夢界で確認するための研究が進行中です。

補遺403-FR-2 : 2020/04/28、アーキビスト ニョンゴはサイト-アレフの文書庫から、SCP-403-FRに関連する一連の手紙を発見しました。これは███████局の元局長である███████ ███████と、現在既にオネイロイへと進化・合流した複数の集団との繋がりを持っていた要注意人物 “ムッシュー・ド・ベラール”の間に交わされた書簡の一部です。手紙の日付は1925年9月から1938年8月までです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。