SCP-4036
rating: +3+x

アイテム番号: SCP-4036

sarkic.png

SCP-4036の国旗

オブジェクトクラス: Keter1

特別収容プロトコル: SCP-4036はその周囲120,000km2圏内で財団の海軍と国連平和維持軍で協力してSCP-4026-1実例の出入とすべての貿易行為を防ぐために包囲されます。どんな物体、人間がその境界を通ろうと試みた場合、それらは無力化され、遺体はインドネシアにあるサイト-004に移送されます。

財団工作員はSCP-4036内のすべての政治的、軍事的、宗教的、文化的組織に潜入します。工作員たちは発生中の事件及び財団に対する潜在的な作戦の情報を収集し、SCP-4036内での作戦を妨害する必要があります。常時、SCP-4036内人口の最低2%が財団工作員か財団に忠実なSCP-4036-1実体とされます。

SCP-4036から財団に対する大規模な軍事作戦がある場合、オペレーション・ブラックリリーが制定されます。オペレーション・ブラックリリーは(A)SCP-4036が近いうちにXE-「捲られたベール」シナリオなしに収容することができなくなりうる、(B)陸地の広範な領域が彼らのそれぞれの国に返されない、(C) SCP-4036が財団の部隊が敗走させ、財団を完全に無防備な状態にする場合。それらの場合も反財団的大統領や立法機関が政府組織を制御する可能性があるため、特別収容プロトコルは保持されます。

以前の政権または政府が敵対意識を失ったとき、SCP-4036の大統領は財団に対し友好的な姿勢を示します。しかしながら、その際の財団に対する雰囲気、恒久的な解決策が確立される前に大統領が追放される可能性、外交的関係性は変わりません。特別収容手順は反財団的大統領と立法機関が政治機構を超えて勢力圏内に入れる可能性のある地域では維持されます。

説明: SCP-4036はポリネシア南東諸島の半径300 km、面積100,000 km2の領域に位置する小さな単一政府制の神権主義的共和国です。SCP-4036の国民はポリネシア・アディタイト共和国と呼んでいます。SCP-4036は以前はPoI-432("ノーマン・テイラー")の独裁支配下で、1857年から彼が財団支配下の企業によって暗殺される1862年まで続きました。これに先立ち、SCP-4036は高度に軍国主義化され、産業時代の技術と生物兵器を軍事動員を作るために組み合わせています。SCP-4036はまばらに人口の多い場所を含むポリネシアの30%程度を支配していました。現在のSCP-4036の当局は、創設者、PoI-432、前の皇帝支持者の存在を否定しました。

SCP-4036の人口2は現在の予想の50~80%にわたって異常です。政府の統計では64%程度の人口は異常ですが、データ評価不足のため、島の代表の人口である場合は不明です。それらの異常存在は主に肉の操作ができます。

SCP-4036の国境はサーキシズムで、公式統計ではSCP-4036-1の全ての実体3はサーキシズムの信者と主張していますが、実際は小さなキリスト教徒やイスラム教徒のグループが存在することが分かっています。宗教の自由はSCP-4036の憲法のもとに認められていますが、ほとんどの非サーキック団体は社会的及び政治的追放を防ぐため秘密裏に崇拝しています。

SCP-4036の社会は主に農村で、人口の多くが住んでいる中心都市がいくつか存在しています。これらの都市の場所は、標準的なコンクリートの建物から生体由来の素材まで様々な素材の建物まであります。経済的に、SCP-4036は農業、畜産業、製造業、たばこ生産から成ります。取引はSCP-4036の収容が継続中のため不可能です。SCP-4036の政府は経済の60%をコントロールしており、残りは個人または団体が保有しています。

SCP-4036の政府は、執行、立法、司法の3つの府に分かれています。

立法府は、下院、上院、カルキスト評議会の3つの院に分かれています。下院は現在、約100人の代表者で構成されており、各代表者は100人を代表しています。上院は、それぞれ1000人を代表する10人の代表で構成されています。両方の院は、地区ごとの多数決によって選ばれます。両方の院は、地区ごとの多数決によって選ばれます。カルキスト評議会は、主要な宗教運営機関である共和国教会を代表する20人の個人のグループであり、そのすべての市民がメンバーです。この評議会は、カルキストによって選択された個人の手で構成されています。法案は、次の2つの方法のいずれかで法制化できます。(A)上院と下院の両方の60%によって承認される、または(B)カルキスト評議会によって過半数の票を獲得し、その場合はほかの院のどちらかが満場一致で拒否した場合のみ、否決されます。

行政府は、大統領(一般投票で選出)とその内閣で構成されており、どちらも再選の機会なしに5年間の任期を務めています。すべての内閣の地位は、カルキスト評議会での多数決、または上院と下院の両方の60%の票を集めることによって承認されなければなりません。司法府は、6つのポストで構成される共和国最高裁判所を構成します。これは、大統領によって選ばれ、上院と下院の単純過半数によって承認された任命者で構成されています。4

SCP-4036の社会は、宗教的および市民的愛国心と現代技術に重点を置いた、プロト・サーキックの信念と現代性の組み合わせです。崇高なるカルキストイオンの信仰は、技術革新とともに、国民から高く評価されています。電子製品およびデジタル製品はSCP-4036-1の間で人気があり、それらの大半は密輸または密売のいずれかから来ています。ただし、生物機械も、主に下層階級の間で大衆によって使用されています。生物学的機械は、多くの場合、デジタルおよび電子技術に劣ると見なされており、通常、非生物学的オプションが利用できない場合に使用されます。多くの場合、下層階級は製品を購入することができず、独自の製品を作ることに頼っています。5

presidents.png

PoI-432 (左)とPoI-433 (右)、SCP-4036の初代、二代大統領

SCP-4036の社会には社会階層が存在しますが、すべての個人は適切な健康管理と食事の権利があります。 ヘルスケアは、世界と比べると比較的安価です。しかし、これはおそらく、政府の医療制度の固有の優位性よりも、人口の間での生物学的操作と手工業の豊富さに起因する可能性が高いです。

市民が19歳に達すると、軍隊への参加または民事義務が義務付けられます。個人は、除隊される前に2年間軍隊で時間を過ごすか、16ヶ月間の民事義務に参加しなければなりません。ほとんどの市民は後者のオプションを選択します。

愛国心と宗教的感情は、SCP-4036の文化的描写においてしばしば一致します。クラヴィガル・サァルンはしばしば、SCP-4036の化身であるレディ・アディトゥムと深く関係しています。 祈りはしばしばSCP-4036の旗への敬礼の直後に起こります。SCP-4036のすべての大統領は、サーキシズムに対する強い信念を引用しています。 SCP-4036-1の大半は、個人がサーキックでもない限り、SCP-4036の市民になることはできないという信念を持っています。SCP-4036の軍隊は、戦争と支配のクラヴィガルであるクラヴィガル・オロクの印章をよく使用します。

現在、SCP-4036は約300の島々に収容されており、これらの国境を越えて拡大することは許可されていません。財団とSCP-4036の間で公式の条約や協力協定は確立されていませんが、膠着状態をやめるためのどちらの側によるさらなる試みもありません。



歴史

388px-Rufus_King_Civil_War_General_-_Brady-Handy.jpg

1854年頃の将軍ボウ・[削除済]

SCP-4036の伝来:その歴史、その収容、その人々

[…]
財団は、イギリス領ニュージーランドの北島への侵攻中に最初にSCP-4036を発見しました。ポリネシアに未発見の勢力があり、ポリネシア南東部の小さな、人口の少ない島々を破壊しているという報告がありました。ただし、これについては実質的な証拠がなかったため、破棄されました。
1861年6月に北島が侵略されたとき、財団はこの戦争の要請を無視できませんでした。最初の侵攻の日のうちに、島全体がSCP-4036と5000人の部隊の手に落ち、200人の集団が死亡した。この後、財団はSCP-4036を地域の最優先事項であると宣言しました。
[….]
6月末までには、財団に対するこの破壊的な脅威と、より大きな範囲に、地域に対する植民地の対象と戦うために、スペイン、日本、オランダ、フランスとグレートブリテンの国際的連合が、財団によって呼ばれました。
南島ニュージーランドでバウ将軍が率いる軍隊により、連合はSCP-4036を強制的に戻し始めました。 しかし、そうでないことを示唆する従来の軍事的知恵にも関わらず、SCP-4036の軍隊は、征服された領土への財団の侵攻に対する複数の試みを打ち負かすことができました。北島への侵攻の試みは失敗し、1,000人以上の連合軍の因果関係があり、そのほとんどは日系とイギリス系でした。SCP-4036の少数の孤立地帯を獲得しようとする試みはすべて、主にSCP-4036の軍隊への理解の欠如のために制御できませんでした。
[…]
しかし、大橋八五郎(別名PoI-433)は、どのように助けるかを知っていました。SCP-4036の副大統領であり、宗教問題のリーダーである彼は、SCP-4036の文化を理解していました。テイラーでさえも肩を並べることはできませんでした。
SCP-4036での仕事の前に大橋の友人であったO5-2に手紙を書き、彼は財団にSCP-4036の軍事作戦、戦術、弱点、そして地域の反乱グループに供給された場合、ほぼ無制限の情報を提供しました。これは財団が利用せざるを得ない申し出であり、大橋が望んだ唯一のことは、SCP-4036-1(人口)が無傷であることでした。
SCP-4036の主要首都に近い離島にある財団は、大橋と彼の反乱グループに様々な武器を届けました。
[…]
しかし、決定的な要因は南島の戦いでした。
南島の戦いは10月13日に始まり、数十の骨船が地平線上で見られました。完全に大腿骨でできた船体は、大砲の発射をほぼ不可能にしていました。血管のあらゆる部分に移植された目とともに、それらに乗ることも不可能です。
島を守る準備をしていたボウ将軍は、部下に彼らの地を守る命令を与えました。
しかし、その背景で、バウ将軍は別の計画を思いつきました。O5評議会が一時的にレベル5の地位を彼に与えた際、彼は通常の将軍も関与していなかった情報にアクセスしました。これらの1つは機動部隊シータ-01(「ウォーホークス」)でした。 1814年の財団内戦中に結成されたシータ-01は、異常なメンバーで構成されていました。異常な関係者、スタッフ、およびSCPから引き出された機動部隊は、財団への忠誠心を証明したメンバーのみで構成されていました。災害時には、彼らは戦闘工作員、医療従事者、記憶処理員、スパイから構成されます。彼らは奥の手でした。
バウ将軍が艦隊を破壊するよう命じたとき、彼らはその要求に応えることができませんでした。 空からの大きな魔術的な爆発で、肉の艦隊は容赦なく揚げられました。
[….]

1861年末には、SCP-4036はほとんど打倒されました。
それだけでなく、崩壊寸前でした。大橋は、南島の戦いが開かれたままの機会を見て、反乱グループにその戦いを奪取するよう命令し、首都を攻撃しました。
12月から1月までの2か月の間に、首都は廃墟となりました。首都は2万人以上の市民で構成され、ほとんどが軍隊でしたが、戦闘の終わりまでに3000人に減りました。しかし、大規模な破壊にもかかわらず、八五郎は勝利者を出し、共和国大統領を宣言し、下院の選挙、上院、そして教会が代議員を召集することを求めました。
[…]
テイラーは、失うものが何も残っていないことに気付き、首都への最後の攻撃を試みました。彼はまだ忠誠を誓っているわずかな男性たちを引き連れて、首都の建物に行進し、彼の以前の仲間である八五郎に降伏するよう命じ、もし彼が降伏すれば許すことにしました。
その代わりとして、大橋はその男性たちを路上で虐殺し、テイラーに猿轡を立てて独房に入れました。
大橋はテイラーが影響力であることを知っていました。
[…]
しかし、連合は影響力を必要としませんでした。人口のほとんどは、シータ-1のおかげで鎮静化され、損害はカバーされました。連合軍は植民地を取り戻し、被害を最小限に抑えました。それで十分だったはずでした。
しかし、そうではありませんでした。財団は、封じ込めがまだ果たされていないと信じていたため、連合が本島に侵入するように押し進めました。しかし、財団の方針になじみのない連合は、島への完全な侵略を計画していませんでした。彼らはほんの数ヶ月前に敗北しかけた後、軍隊を分析しようとしませんでした。
大橋も協力する気がありませんでした。彼は財団の代表者を島に入れることを拒否し、軍に到着したすべての財団役員を逮捕するよう命じました。これに対抗する方法はなく、財団はSCP-4036の収容に頼りました。
SCP-4036は財団の最大の失敗となりました。


近代

以下は、現在のSCP-4036-1のインタビューからの一連の抜粋です。これらの録音は、SCP-4036の首都のレポーターを装って行われました。

「…ああ、はい、ええと、ええ、私は英語を話します。完璧ではないですが、高位の人々が日常的に使うようになったときからでしたかな?今のは正しい単語だと思います。繰り返しますが、私の英語は下手なので、間違った単語を選んでしまったらすいません。はい、私はその国に行ったことがありませんが、私は日本人です。父は時々それについて話しますが、私は、ええと、いや、文化など何も知りません。私はあまり英語を使わない傾向です。都市のものだけがこれを使用します。私たちは、切断される前に祖先がイオンと通信するために使用していた伝統的な言語を使用します。うーん?そうそう、私たちは金属を使用しているので、大祭司イオンは彼の肉から私たちを切り離しました。私たちは今、暗闇の中をさまよっています…」
「私たちはああいう機械は使いません。私たちはいつも持ち、いつも使うというように肉と骨を使っています。ああいうものを手に持つと、自分の肌が汚れたように感じます。精神が、恐ろしく不快な方法で肌と頭皮をマッサージしているように感じます。それについて話すことさえ、私を不快にさせます。ああ、はい、ここの多くの農民はあれらを使用していませんが、それは彼らの信念よりも経済のためだと思います。」

「下水道は、私が今まで見た最悪のものではないにしても、少なくともひどい品質でそこにあります。パイプも生きています。それらは成長し、外側に拡大します。正しい方向に延びるように私たちはそれを誘導する必要があります。私たちはあちこちで四肢を切り落としました。確かに彼らは叫び声を上げますが、彼らは私たちの廃棄物を正しい方向に運ぶ必要があります、あなたが理解しているように。しかし、私の意見では、それは最悪の部分ではないです。最悪の部分は、街の下に住むホームレスの生き物です。私たちはその突き出た部分を戻すことはありません。ホームレスがそれをただ食べるだけです。そして、はい、それらのパイプは私たちの廃棄物で満たされています。私は小便や糞に覆われた肉を食べるほどに人間が必死にならなければならないのかわかりませんが、もし私がそれを見たことがあるなら、それは絶望です。」

「財団はこの惑星の惨劇です。私たちの大統領の修辞は道徳に反し、おそらくは危険だと思います。彼は私たちの歴史を知らないのでしょうか?我々の過去も?私は彼がその関係を修復する上でどうやってプラットフォームになれるか理解していません、それはまるであなたのペニスを蜂の巣に刺すようなものです。1~2分間は気分がいいでしょうが、そのあと刺すような痛みが起こります。それはずっと不快です。」

「大統領?私は、彼が何をしているかをあまり追っていません。申し訳ありませんが、英語は第一言語ではありません。私はアメリカ人だと思いますが、それについてあまり知りません。私は日本の言語もいくらか知っていますが、私は伝統的な言語を使います。伝統的な言語はイオンとの距離を縮めてくれます。都市の住人は、救世主のイオンよりも技術と金属に関心がありすぎると思いますが、それは私が決めることではありません。とにかく私たち全員が最後に彼の体に吸収されます。」

「クリスチャンとイスラム教徒が彼らに起こったことに値するとは思いませんが、彼らがここにいるのは不自然です。ヨーロッパとアジアの宗教がこの島にあることは自然ではありません。それが私たちの政府の目をはるかに超えて、急速に広がっていることを私は社会に危険を及ぼすと考えています。今、彼らは彼らのために何が起こっているに値するとは思いませんが、彼らは本当に何が起こっているかに驚かされるべきでしょうか? それは規制されておらず、私たちの文化とあまりにも激しく衝突しています。結局のところ、私たちはイエスやムハンマドではなく、イオンの信念と欲望に基づいた聖国です。いえいえ、暴力ではありません。私は暴力を憎んでいます。私はただ国の平和的な浄化を望んでいます、それがすべてです。」

「….私は森を見に行ったことがあります。私は彼らのつぶやき、悲鳴を聞きました。それで、私は銃を手に取り、徒歩で移動しました。私は彼らが大人数でなく、一人か二人であるとして彼らに大きな肉の巻きひげを構えていました。彼らは近くの武将キャンプの紋章を身に着けていたので、そこから歩き出し、そして穴に落ちました。私は体の近くにいるように感じました。たくさんの、たくさんの体です。数十、数百であったかもしれません。様々な腐敗状態で、目の中で虫が這い、ウジ虫が顔の内側の穴や喉などそこら中を食べています。」
「私の音は彼らの気を引きました。私は散弾銃を握り、遺体の下に隠れ、赦しとこれらの野蛮なモンスターから私を守るために救世主に祈りました。彼らは、伝統的な言語の静かなささやきで話しました。私が下に横たわった体を突きました。彼女の腐った死体の匂いがしました。彼女の目はもう存在していませんでした。人間性を封じ込めていたガラスの穴だけでした。誰かの母親、誰かの妹、誰かの妻。」
「私は覗き込んで、彼らが肉の武器を持っていて、背中から黒赤の巻きひげが飛び出し、その骨格と器官を露わにしていると言いました。私はこれらの背中の1つを目指して、心臓または他の重要な臓器を撃つことを望んでいました。私は彼の脳だけでなく、彼の心臓と骸骨も吹き飛ばすように狙いを定めて発砲しました。私は可能な限り走りましたが、時々警告として発砲しました。彼らの武器は至近距離で最もよく機能しましたが、長距離では効果がありませんでした。私は家の中に入り、朝まで出ていきませんでした。私は散弾銃を持って寝ました。」

「私はその朝、市内の警察に行きました。 彼らは穴をチェックしました。」
「その穴にはクリスチャンやイスラムのイコノグラフィーのない人は一人もいませんでした。」

「財団は私たちの保護者であり、奴隷商人でもあります。彼らは私たちの国境を守りますが、私たちを束縛状態に保つということのうちの良い点の下でのみです。私たちの軍隊は他の国々から守るためではなく、破壊に傾倒している国際機関から守るためのものです。私はジー・オー・シーとジー・アー・ユーに出廷する試みの話を聞いたが、役に立たなかった。私の母国である日本に再び行けるかどうかは疑問ですが、そのような可能性があるかは疑わしいです。」

「私たちの財団との戦いは、独立と中央集権をめぐるイデオロギーの戦いだけでなく、科学と宗教をめぐる戦いでもあります。わかりますか、私たちの教会の長は、財団は物理的な力だけでなく精神的な力であると信じています。財団は、あなたが誰であり、何であるかを封じ込めようとする力です。彼らは私たちの宗教を封じ込めることを望み、それが世界中に広がるべきではないようにします。私たちの信念を封じ込めようとするすべての力を私たちで破壊することができれば、私たちは戦いに勝利しているでしょう。」

「私は時々、私たちの人々が財団との今後の防衛戦に集中しすぎるのではないかと心配しています。田舎は平和と共通の宗教を望み、都市は電話、インターネット、その他の技術機器などの外部製品を求めています。財団は、彼らの宗教と外部とつながる能力に対する脅威です。私は軍隊で2年間働いていたのですが、私は私たちが戦争の到来を知っているといえますが、それを認めたくありません。戦争があった場合、私たちの国は燃えます、私はあなたにそれを保証できます。」

「なぜ私たちはここにいるのだろうと思います。もちろん、どのようにここにいるのかはわかりますが、なぜここにいるのかわかりません。創始者が何年も前に行った実験を続けようとしているだけでしょうか?それとも副大統領の?それとも、財団の抑圧的な勢力に対して生き残ろうとしていますか?知りません。少なくとも私たちが何であるかは知っています。財団の敵。そして、それは私たちを結びつけます。どれくらい長くでしょうか?よくわかりません。」





特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。