SCP-4036
rating: +7+x

アイテム番号: SCP-4036

sarkic.png

SCP-4036の国旗

オブジェクトクラス: Keter1

特別収容プロトコル: SCP-4036-1実例の出入と貿易行為を防ぐため、財団海軍と国連平和維持軍の共同作戦により、SCP-4036の周囲120,000km2圏の包囲を行います。その境界を突破しようと試みるあらゆるオブジェクトおよび人間は無力化され、その遺体はインドネシアにあるサイト-004に移送されます。

財団工作員はSCP-4036内の政治的、軍事的、宗教的、文化的組織に潜入します。工作員たちは発生中の事件及び財団に対する潜在的な作戦の情報を収集し、それらの作戦をSCP-4036の内部から失敗に導く必要があります。常時、財団工作員および財団に忠実なSCP-4036-1実体が、SCP-4036内人口の最低2%を占めるようにします。

SCP-4036から財団に対する大規模な軍事作戦がある場合、オペレーション・ブラックリリーが有効化されます。オペレーション・ブラックリリーが有効化されるのは、次のいずれかの可能性がある場合に限定されます;(A)SCP-4036をXE-「捲られたベール」シナリオなしに収容することができなくなる場合、(B)広範な領土が占拠され、奪還の見通しが立たない場合、(C) SCP-4036が財団の部隊を敗走させ、財団が完全に無防備な状態となる場合。

SCP-4036の大統領は財団に対し友好的な姿勢を示しており、以前の政権・政府のような敵対的性質は有していません。しかしながら、財団に対する現在の雰囲気、および恒久的な解決策が確立される前に大統領が追放される可能性が存在することを踏まえ、外交関係は変更されていません。反財団的大統領および立法勢力が政治機構を掌握する可能性を考慮し、特別収容プロトコルは引き続き有効に維持されています。

説明: SCP-4036はポリネシア南東の多島海中の半径300 km、面積100,000 km2の領域に位置する小さな単一政府制の神権主義的共和国です。SCP-4036の国民からはポリネシア・アディタイト共和国と呼ばれています。SCP-4036は以前はPoI-432("ノーマン・テイラー")の独裁支配下にあり、この状況は1857年から彼が財団の影響下のグループによって暗殺された1862年まで続きました。それ以前のSCP-4036は高度に軍国主義化されており、随時動員可能な軍事力を形成するために、産業化時代のテクノロジーを生物学的兵器に組み込んでいました。SCP-4036はポリネシアの30%程度を支配しており、その多くはまばらな有人地域です。現在のSCP-4036の当局は、創始者、PoI-432、以前の帝国主義者の野心を支持していません。

SCP-4036の住民2は、現在の推測では、その50~80%が異常性を有しています。政府の統計では住民の64%程度が異常とされていますが、データ評価不足のため、これが適切な代表値であるか否かは不明です。住民の多くは肉の操作能力を有しています。

SCP-4036の国教はサーキシズムです。公式統計ではSCP-4036-1の全ての実体3がサーキシズムの信徒であると主張されていますが、実際には小さなキリスト教徒やイスラム教徒のグループが存在しています。信教の自由はSCP-4036の憲法のもとに認められていますが、ほとんどの非サーキック住民は社会的・政治的な追放を避けるために、その信仰を秘匿しています。

SCP-4036の社会は、大半は非都市地域であり、人口の多くはいくつか存在する中心都市に居住しています。これらの都市は、標準的なコンクリートの建物から生体由来の素材まで様々な素材の建物を含んでいます。SCP-4036の経済は、主に農業、製造業、たばこ生産により構成されます。貿易はSCP-4036の収容が継続中のため不可能です。SCP-4036の政府は経済の60%をコントロールしており、残りは個人または団体が有しています。

SCP-4036の政府は、行政府、立法府、司法府の3部門に分かれています。

立法府は、下院、上院、カルキスト評議会の3つの院に分かれています。下院は現在、約100人の代表者で構成されており、各代表者は100人を代表しています。上院は、それぞれ1000人を代表する10人の代表者で構成されています。両院については、多数決投票が地区ごとに行われます。カルキスト評議会は、共和国教会と呼ばれる、全市民をその構成員とする主要な宗教的統治体を代表する20人の個人からなるグループです。これらの評議会議員はカルキストが自ら選定しています。法案は、次のいずれかの方法により制定されます;(A)上院・下院それぞれの60%によって可決される、または(B)カルキスト評議会の過半数によって可決される。(B)については、たとえ他の院が満場一致で否決したとしても、カルキスト評議会による可決が優越します。

行政府は、大統領(一般投票で選出)とその内閣で構成されており、いずれも任期は5年間、再選は不可とされています。すべての内閣の地位は、カルキスト評議会での多数決、または上院と下院の両方の60%の票による承認を受ける必要があります。司法府は、6つの終身制ポストを含む共和国最高裁判所により構成されます。この裁判所は、大統領によって指名され、上院と下院の単純過半数によって承認された被任命者で構成されています。4

SCP-4036の社会は、プロト・サーキックの信仰と、宗教的・郷土的愛国心および現代技術に重点を置いた現代性の結合体です。国民は、崇高なるカルキスト・イオンの信仰に高い価値を置いており、その点は技術革新も同様です。電子製品およびデジタル製品はSCP-4036-1の間で人気があり、それらの大半は密輸または密売のいずれかにより入手されています。ただし、生物機械も、主に下層階級の間で大衆によって使用されています。生物学的機械は、多くの場合、デジタルおよび電子技術に劣ると見なされており、通常、非生物学的オプションが利用できない場合に使用されます。多くの場合、下層階級は製品を購入することができず、自らそれらを作らざるを得ません。5

presidents.png

PoI-432 (左)とPoI-433 (右)。それぞれ、SCP-4036の初代、第2代大統領

SCP-4036の社会には社会階層が存在しますが、すべての個人は適切な健康管理と食事の権利を有しています。 ヘルスケアは、他の国々と比較すると、世界中で最も安価な部類に入ります。しかし、この点は、おそらく政府の医療制度自体の優位性よりも、住民の豊富な生物学的操作技術に起因しています。

市民が19歳に達すると、軍隊または民間奉仕活動への参加が義務付けられます。軍隊の場合は2年間、民間奉仕活動の場合は16ヶ月間の従事が必要です。ほとんどの市民は後者のオプションを選択します。

愛国心と宗教的感情は、SCP-4036の文化的描写においてしばしば一致します。クラヴィガル・サァルンはしばしば、SCP-4036の化身であるレディ・アディトゥムと深く関係しています。 SCP-4036の旗への敬礼の直後には、しばしば祈りが行われます。SCP-4036の歴代大統領は、いずれもサーキシズムに対する強い信念を引用しています。 SCP-4036-1の大半は、サーキックでない者はSCP-4036の市民になることはできないという信念を持っています。SCP-4036の軍隊は、戦争と支配のクラヴィガルであるクラヴィガル・オロクの印章をよく使用します。

現在、SCP-4036は約300の島々に収容されており、これらの国境を越えて拡大することは許可されていません。財団とSCP-4036の間で公式の条約や協力的協定は締結されていませんが、いずれの陣営も、膠着状態を破る試みは実行していません。



歴史

388px-Rufus_King_Civil_War_General_-_Brady-Handy.jpg

1854年頃の将軍[削除済]・バウ

SCP-4036の説明:その歴史、収容、住民

[…]

財団がSCP-4036を初めて発見したのは、SCP-4036によるイギリス領ニュージーランドの北島への侵攻中のことでした。ポリネシアに未発見の勢力があり、ポリネシア南東部の、住民がまばらに居住する小さな島々を破壊しているという報告はありましたが、これについては実質的な証拠がなかったため破棄されていました。

1861年6月に北島が侵略されたときには、財団は戦争の必要性を無視できませんでした。最初の侵攻の日のうちに、島全体がSCP-4036とその5000人の部隊の手に落ち、200人が死亡しました。この後、財団はSCP-4036を地域の最優先事項であると宣言しました。

[….]

これは財団に対する脅威であるとともに、財団および当該地域の植民地権益に対するこの破壊的な脅威でもあったため、SCP-4036と戦うために、6月末までにスペイン、日本、オランダ、フランスとグレートブリテンからなる国際的連合軍が財団によって招集されました。

連合軍は、南島で指揮を執るバウ将軍のもと、SCP-4036を押し戻し始めました。 しかし、従来の軍事的知見では不可能と考えられていたにもかかわらず、SCP-4036の軍隊は、征服された領土へと侵攻する財団の複数の試みを打ち負かすことができました。北島への侵攻の試みは失敗し、連合軍は1,000人以上の死傷者を出しました。そのほとんどは日本軍とイギリス軍でした。SCP-4036が掌握していたいくつかの孤立地帯を獲得しようとする試みは、主にSCP-4036の軍隊への理解が欠如していたために失敗しました。

[…]

しかし、大橋八五郎(別名PoI-433)は、どうすれば助けになるかを知っていました。SCP-4036の副大統領であり、宗教的事項におけるリーダーである彼は、テイラーですら及ばないほどにSCP-4036の文化を理解していました。

彼は、SCP-4036についての仕事を始める以前の友人であったO5-2に手紙を書き、財団に対してSCP-4036の軍事作戦、戦術、弱点、そして武装が提供された場合の地域の反乱グループについてのほぼ無制限の情報を提供しました。これは財団が利用せざるを得ない申し出であり、これに対して大橋が望んだのは、ただSCP-4036-1(住民)が害されないことだけでした。

財団は、SCP-4036の首都に近い離島から、大橋と彼の反乱グループに様々な武器を引渡しました。

[…]

しかし、決定的な要因は南島の戦いでした。

南島の戦いは、10月13日に、数十の骨船が地平線上に現れたことで始まりました。完全に大腿骨でできた装甲は、カノン砲による砲撃をほぼ不可能にしていました。船体のいたるところに眼球が埋め込まれていたので、移乗攻撃もまた不可能でした。

島の防衛準備として、バウ将軍は部下に防衛指示を与えていました。

しかしバウ将軍は、秘かに別の計画を考案していました。彼は、O5評議会から一時的にレベル5ステータスを付与された際に、通常の将軍は関知していなかった情報にアクセスしており、その1つが機動部隊シータ-01(「ウォー・ホークス」)でした。 1814年の財団内戦中に結成されたシータ-01は、異常なメンバーで構成されていました。当該機動部隊を構成していたのは、いずれも異常なPoI、スタッフ、およびSCPから抽出され、財団への忠誠が証明されたメンバーです。危機に際しては、彼らは、戦闘工作員、医療要員、記憶処理員、スパイまでを務めました。彼らは切り札an Ace in the holeでした。

バウ将軍から艦隊を破壊するよう命じられると、彼らは謹んでそれに応えました。 空中からの奇蹟論的大規模爆破により、肉の艦隊は容赦なく焼かれました。

[….]

1861年末には、SCP-4036は敗北寸前でした。

しかも、半ば崩壊状態でした。大橋は、南島で戦闘が行われていたのを好機と判断し、機に乗じて首都を攻撃するよう反乱グループに命じました。

12月から1月までの2か月の間に、首都は廃墟となりました。首都は2万人以上の市民がおり、そのほとんどが軍隊でしたが、戦闘が終わったときには3000人にまで減少していました。しかし、こうした大規模破壊があったにもかかわらず、八五郎は勝者となりました。彼は自身が共和国大統領となることを宣言し、上下院に選挙の実施を求めるとともに、教会に代議員の招集を求めました。

[…]

テイラーは、失うものは何もない状況であることを理解し、首都への最後の攻撃を試みました。彼はまだ忠誠を誓っているわずかな部下を引き連れて首都の建物へと進軍し、かつての仲間である八五郎に降伏するよう命じ、もし彼が降伏すれば許すと述べました。
しかし、大橋がそれに従うことはなく、代わりにテイラーの部下を路上で殺戮し、テイラーに猿轡をかませ、個人所有していた独房に拘留しました。

大橋はテイラーには利用価値があることを知っていました。

[…]

しかし、連合軍はテイラーを必要としませんでした。住民のほとんどはシータ-1により鎮静化され、損害は覆い隠されました。連合軍は植民地を取り戻し、被害を最小限に抑えました。それで十分だったはずでした。

しかし、そうではありませんでした。財団は、封じ込めがまだ十分ではないと考えたため、連合軍を本島に侵攻させようとしました。しかし、連合軍は財団の方針に理解を示さず、本島への全面的侵略を計画しようとしませんでした。ほんの数ヶ月前に敗北しかけた後だったため、彼らとしては再び軍事的リスクを冒すつもりはありませんでした。

大橋も協力する気がありませんでした。彼は財団の代表団の入島を拒否し、到着した財団役員を全て逮捕するよう軍に命じました。これに対抗する方法はなかったため、財団はSCP-4036の包囲による収容に頼らざるを得ませんでした。

SCP-4036は、財団の最大の失敗として存在し続けています。


近代

以下は、現在のSCP-4036-1のインタビューからの一連の抜粋です。これらの録音は、SCP-4036の首都のレポーターを装って行われました。

「…ああ、はい、ええと、ええ、私は英語を話します。完璧ではありません、英語は普段は、ええと、高位の人々?によって使われるものですので。今のは正しい単語だと思います。繰り返しますが、私の英語は下手なので、間違った単語を選んでしまったら申し訳ありません。はい、私は日本人です。日本に行ったことはありませんが。父は時々日本のことを話しますが、私は、ええと、何も、うーん、文化やその他のことも何も知りません。私はあまり英語を使いません。英語を使うのは都市の住民だけです。私たちは、「切り離される」前に祖先がイオンと交信するために使用していた伝統的な言語を使っています。え?ああ、そうだ、私たちが金属を使用するようになってから、大祭司イオンは彼の肉から私たちを切り離しました。私たちは、今や暗闇の中をさまよっています…」

「私たちはあの手の機械は使いません。私たちは肉と骨を使います。これまで使ってきたように、そしてこれからも使っていくようにです。ああいう機械を手に持つと、自分の肌が汚れたように感じます。何かの霊が、恐ろしく不快な方法で肌と頭皮をマッサージするように感じます。それについて話すだけでも不快なのです。ああ、はい、ここの多くの農民はあれらを使用していませんが、その理由は信仰というよりは経済的なものだと思います。」

「下水道は、私が今まで見た中で最悪か、そうでないとしてもひどいものです。パイプも生きています。それらは成長し、外側に拡大します。正しい方向に延びるように私たちはそれを誘導する必要があります。私たちはあちこちでパイプの肢を切り落とします。確かに彼らは叫び声を上げますが、彼らには廃棄物を正しい方向に運ばせなければなりません。ですよね?しかし、私の意見では、それが最悪のことととは言えません。最悪なのは、街の地下に住むホームレスの生き物です。私たちはその肢を切り落とすことはありません。ホームレスがそれを食べるだけです。そして、はい、パイプは私たちの廃棄物で満たされています。私は、人がどれほど追い詰められれば肉に覆われた小便や糞を食べるようになるのかわかりませんが、きっとそれは最悪の気持ちでしょうね。」

「財団はこの星における災厄です。私たちの大統領のレトリックは反道徳的であり、もしかすると危険でもあるかもしれないと思っています。彼は私たちの歴史を知らないのでしょうか?我々の過去を?一体どう考えれば、財団との関係を修復するなどと計画するようになるのか、私には理解できません、それはまるであなたのペニスを蜂の巣に刺すようなものです。1~2分間は気分がいいでしょうが、そのあと刺すような痛みが起こります。あらゆる点で不快なことです。」

「大統領?私は、彼が何をしているかをあまり追っていません。申し訳ありませんが、英語は第一言語ではありません。私はアメリカ人だと思いますが、英語はあまり得意ではありません。日本の言語もいくらか知っていますが、私は伝統言語を使っています。その方がイオンに近づくことができますから。都市の住人は、救世主イオンよりもテクノロジーと金属の方に関心を持ちすぎていると思いますが、それは私が決めることではありません。いずれにせよ、私たちはみな最後には彼の体の一部へと戻るのです。」

「キリスト教徒とイスラム教徒に起こったことが、彼らに対する正当な報いだとは思いません。しかし、彼らがここにいるのは不自然なことです。ヨーロッパとアジアの宗教がこの島にあることは自然ではありません。それは私たちの政府の目が届くよりもはるかに急速に広がっており、私はそのことが社会に危険を及ぼすと考えています。今、彼らのために起こっていることが正当な報いだとは一切考えませんが、彼らにとっては本当に驚くべき事態なのでしょうか? それは規制されておらず、私たちの文化とあまりにも激しく衝突しています。結局のところ、ここはイエスやムハンマドではなく、イオンの信念と望みにより創られた聖なる国家なのですから。いえ、いえ、暴力はいけません。私は暴力を嫌います。私はただ、この国の平和的な浄化を望んでいるのです。それだけなのです。」

「….私は森を見に行ったことがあります。彼らのつぶやきと叫びが聞こえました。私は銃を手に取り、徒歩で移動しました。私は、あの大きな肉の巻きひげを備えた連中が一人か二人いると想定していました。1ダースではなく。彼らは近くにある将軍15の野営地のうちの一つのシンボルを身に着けていたので、そこから去ろうとし、そして穴に落ちてしまいました。私は、死体が近くにあるのを感じました。たくさんの、たくさんの死体が。何ダースも、もしかすると100体あったかもしれません。様々な腐敗状態で、目の中で虫が這いずり、ウジ虫が顔の内側の穴、喉、ああ、とにかくいたるところを食べていました。」

「私が穴に落ちた音は、彼らの注意を引きました。私は散弾銃を握って遺体の下に隠れ、赦しと、野蛮な怪物からの庇護を救世主に祈りました。彼らは、伝統言語で静かにささやきました。そのうちの一人は、私が下に隠れていた死体をつつきました。彼女の腐った死体の匂いがしました。彼女の目はもう存在していませんでした。そこにあったのは、かつて人間性を宿していた虚ろな穴だけでした。誰かの母親、誰かの妹、誰かの妻。」

「ちらっと覗くと、彼らは背中から飛び出た赤黒い肉の巻きひげを、そう、持っていて、その骨格や臓器、至る部分が露わになっているのが見えました。私は、心臓か、他の重要な臓器に当たることを期待して、彼らのうちの一人の背中を狙いました。私は狙いを定めて発砲し、奴の脳だけでなく、心臓と骨も吹き飛ばしました。私は可能な限り遠くへと走りました。時々振り返り、警告として発砲しながら。彼らの武器は近距離では最大限に機能する一方で、長距離では有効ではありませんでした。私は自宅の中に入り、朝まで出ていきませんでした。私は散弾銃を持って寝ました。」

「私はその朝、市内の警察に行きました。 彼らは穴をチェックしました。」

「その穴には、キリスト教やイスラム教の図像のない死体は一つもありませんでした。」

「財団は私たちの保護者であり、奴隷商人でもあります。彼らは私たちの国境を守っていますが、その理由は私たちを封じ込めるために必要というだけのものです。私たちの軍は、他の国家からではなく、破壊に傾倒している国際機関からの防衛にあたっています。私はジー・オー・シーとジー・アール・ユーに支援を求める試みの話を聞いたことがありますが、役に立たなかったようです。私の母国である日本に再び行けるかどうか考えていますが、可能かは疑わしいです。」

「財団に対する私たちの戦いは、独立と政治機構をめぐるイデオロギー的な戦いであるだけでなく、科学と宗教をめぐる戦いでもあります。私は教会の長として、財団とは物理的な力であるだけでなく、精神的な力でもあると考えています。財団とは、人の実存と本質を封じ込めようとする力です。彼らは私たちの宗教を封じ込め、それが世界中に広がらないようにしようと望んでいます。私たちの信仰を封じ込めようとする力を私たちが破壊することができれば、それはこの戦いの勝利を意味するでしょう。」

「時々、私たちは財団との今後の防衛戦に集中しすぎているのではないかと心配になります。田舎の人々は、平和と従来の宗教を望んでいますが、都市は電話、インターネット、その他の技術機器など、外の世界の製品を求めています。財団は、この国の宗教に対しての、また外の世界とつながりあう能力に対しての脅威です。私は軍に2年間従事していたので分かるのですが、私たちはみな戦争が始まることを知っており、しかしその事実を認めたくないと思っています。戦争になれば、私たちの国は焼きつくされるでしょう。間違いありませんよ。」

「なぜ私たちはここにいるのだろうと思います。もちろん、いかにしてここにいるのかはわかりますが、なぜここにいるのかわかりません。創始者がずっと昔に始めた実験を、私たちはただ継続しようとし続けるのでしょうか?第2代大統領に従って?それとも、財団の抑圧に抗って生き残ろうとするのでしょうか?私には分かりません。ただ、少なくとも私たちが何者であるかは知っています。財団の敵です。そして、その事実が私たちを結束させてるのです。しかし、それをいつまで続けられるのか、私は自信のある答えを持ってはいません。」





特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。