SCP-4046
rating: +7+x

アイテム番号: SCP-4046

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-4046は低危険物収容ロッカーに保管されています。SCP-4046の実験に使用する子供の申請は、最低2名のレベル3職員に提出され承認されなければなりません。 使用されたすべての被験者は実験終了後に記憶処理されます。

説明: SCP-4046は、Telmac 1800シリーズと外観が類似したマイクロコンピュータキットで、キーボードの「W」キーが定型化された筆記体セリフフォントで表記されています。 「概念実証-非製造目的-研究開発部門」というフレーズが付いた色あせた黄色のステッカーがオブジェクトの下部にあります。 SCP-4046が4歳から11歳までの被験者によって活性化されると1、画面に「大きくなったら何になりたい?」というメッセージが表示されます。

回答が入力され、SCP-4046に提出されると、対象は直後に無意識になります。 目覚めると、被験者は選択した職業で何十年も働いた経験があり、通常は雇用の瞬間から始まり、退職時に終わります。 この経験は非常に鮮明で現実的であると報告されていますが、すべての被験者はこれがシミュレーションであることを認識していると報告しています。 加えて、被験者は、仕事と一緒に個人的な生活(重要な他者を持つこと、子供を育てるなど)を経験していると報告しています。

SCP-4046がこの経験を伝える手段が予測、シミュレーション、または投影によって達成されるかどうかは現在も不明です。

観察: 以下は、SCP-4046を使用して実施された実験のリストです。

対象 職業 付記
ネイサン 医師 被験者は、家庭医としての45年間にわたるキャリアを報告しました。
アリス 魔女 目が覚めると、対象は魔術的にサイト-55外の未知の場所に転移しました。その後の行方は不明です。
オスカー レスラー 被験者は、脊髄損傷により早期退職を余儀なくされる24年前のキャリアを報告しました。 被験者は自分の職業の選択に後悔を表明しませんでした。
ジャスミン 消防士 被験者は、数人の人々を救うことができなかったと述べた後、仕事のラインから延期されたと主張したが、被験者はまだキャリアを追求したいと決めました。
デビッド バスケットボール選手 被験者は興奮した状態で目を覚まし、最初は成功した経歴を持ち、その後アルコール依存症とメタンフェタミン中毒に起因する急激な衰退が報告されました。
ケリー 獣医 対象は制御不能に泣き出し、無数の動物の死を嘆きました。 対象のヒステリー状態により、鎮静剤と記憶処理が即座に投与されました。
エリック ハッピー SCP-4046の異常性は発現しませんでした。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。