SCP-4052
rating: +25+x
blank.png
アイテム番号: SCP-4052 LEVEL 2/4052
収容クラス: EUCLID 閲覧制限

police.jpg

SCP-4052-1

特別収容プロトコル: 比較的辺鄙な地域にあることから、イリノイ州サンドイッチの町1は財団によって封鎖されています。町に入ろうとする人物は尋問し、クラスB記憶処理を施して解放します。

このサイトのあらゆる食品は、町境の外側に構築されたカフェテリアの内部で保管、消費しなければいけません。職員の喪失を防ぐため、出現したSCP-4052には誠意をもって対応すべきです。料理に関連する異常存在の除去にSCP-4052を利用する申請は現在審査中です。

説明: SCP-4052はアメリカ合衆国イリノイ州サンドイッチの町にのみ出現するヒト型実体です。この実体は一般的な白人男性の警察官に類似しますが、唯一の例外として、頭部が切り分けられていない食パンの塊のように見えます。これにも拘らず、SCP-4052は特に問題なく話す/見る/聞くことができます。

SCP-4052は、“サンドイッチ”という言葉を使って定義できる物が町内に持ち込まれるか、町内で作られると現れます。SCP-4052はサンドイッチ警察署が使用するものと同一の警察車両(以下SCP-4052-1とする)に乗り、問題の物体の作成者に最も近い舗装路に出現します。SCP-4052はサンドイッチの保有者に接近し、その人物に“サンドイッチ免許証”の提示を求めます。このような法的文書の存在は知られていません。

満足のいく文書を提示できなかった場合、SCP-4052はサンドイッチを押収し、それをSCP-4052-1の後部座席に置いて走り去ります。SCP-4052-1は対象者の視界から外れた時点でSCP-4052と共に消失します。“サンドイッチ免許証”を取得する方法について直接訊ねられた場合、SCP-4052は関心を払わず、質問は“DSO”に向けてほしいと述べます。このような名称の行政機関や部門の存在は知られていません。

補遺: 以下は、SCP-4052出現条件の範囲を特定するために行われたSCP-4052実験記録の一部です。

手順: D-1401は標準的な七面鳥肉入りのサンドイッチを調理した。サンドイッチが完成する前に、100mgのヒ素が加えられた。
結果: SCP-4052は青いゴム手袋を嵌めて出現し、サンドイッチを押収して「このサンドイッチはヒ素が多すぎる。1グーギリオンgoogillion当たり3パーツの標準制限を遥かに超過しているよ」と発言した。
結論: サンドイッチを安全に消費できない場合、SCP-4052が出現する。


手順: 数枚のカットされた金属片を、D-1401が積み重ね、大まかにサンドイッチの見た目を再現した。
結果: SCP-4052は鎖を編み込んで作られた手袋を嵌めて出現し、金属を押収して、職員に「君はクラスBサンドイッチ免許を持ってるか? 金属やその他の高密度物質を含有するサンドイッチを構築する時は、クラスBの免許が必要なんだ」と告げた。
結論: サンドイッチが非食用素材で作られた場合、SCP-4052が出現する。


手順: D-1401は標準的な印刷用紙に“サンドイッチ”という言葉を書いた。その後間もなく、サンドイッチの雑な絵がもう1枚の紙に描かれた。
結果: SCP-4052が出現して両方の紙を押収し、「この書類は何年前のものだい? まだ更新してないのか? 僕らが君のサンドイッチの運用状況を確認できるように、サンドイッチ文書は定期更新する必要がある。もし免許を持ってるのなら、標準サンドイッチ検査を受けて、根本的な問題が無いのを証明してほしいね」と述べた。
結論: サンドイッチの抽象概念や視覚的表現が使用された場合、SCP-4052が出現する。


手順: D-1401は標準的な紙片の上に、アメリカ合衆国マサチューセッツ州サンドイッチの地図を再現した。
結果: SCP-4052は途中で出現し、書きかけの地図をD-1401から取り上げた。立ち去る前に、SCP-4052は「自分が何を弄んでるか分かってやってるんじゃないか? 君は向かい合うサンドイッチの間に亀裂を作ったかもしれないんだぞ。スライスの間にいる奴らを解き放ちたくはないだろう」と述べた。
結論: “サンドイッチ”という用語が特定地点への言及として使用された場合、SCP-4052が出現する。


手順: D-1401はハムサンドイッチの定理を、定理名を述べずに文章解析しようと試みた。
結果: SCP-4052は解析作業の開始から約47秒後に出現し、D-1401から全ての筆記用具を押収し、「何をやってる?! 僕らを皆殺しにする気か?! A4用紙にサンドイッチ創造ルーンを描くだって? こんなペラペラの圧縮パルプ片じゃ、Nサン次元Nth sandimensional実体を押し留められるはずがない。君、これが最後の警告だ。火遊びを止めなさい」と述べた。SCP-4052はその後、D-1401に対して、複数のサンドイッチ関連違反で500ドルの罰金を科す旨が記された違反切符を発行した。
結論: “サンドイッチ”という用語が数学的プロセスや抽象概念に関連する場合、SCP-4052が出現する。


手順: D-1401はSCP-3689のレシピを与えられ、その作成に必要な食材を提供された。
結果: D-1401が最後の食材を加えようとした時、SCP-4052が出現して銃を抜き、調理を止めて手を頭の上に置くようにD-1401に命令した。D-1401は抵抗し、SCP-4052によって拘束され、SCP-4052-1に乗せられた。SCP-4052はSCP-4052-1に再度乗車してから、標準的なレベルB化学防護服を着用し、バイオハザード廃棄袋を持って現れた。SCP-4052はサンドイッチを分解し、各食材を個別に廃棄袋へと投入した。作業の完了後、SCP-4052は付近の研究者に向かって猥褻なジェスチャーを見せつけ、D-1401と共に消失した。現在まで、D-1401はその後のSCP-4052出現事象に伴って再出現していない。
結論: サンドイッチに異常性がある場合、SCP-4052が出現して適宜対応する。


rating: +25+x
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。