SCP-4056
rating: +35+x
gearsstorage.jpg

SCP-4056。

アイテム番号: SCP-4056

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団職員はSCP-4056の外部に駐留し、異常を発見した全ての民間人に記憶処理を施します。SCP-4056内のヒト型実体群のうち、選択された一部の個体はサイト-17に移送、収容されています(詳細は補遺4056.2を参照)。

説明: SCP-4056はアラスカ州北部に位置する施設です。SCP-4056は極低温保存チャンバーに収められた約550体のヒト型実体を収容しています。ヒト型実体群はそれぞれ容姿に若干の差異がありますが、遺伝子解析の結果、DNAがチャールズ・オグデン・ギアーズ管理官のそれと同一であることが確認されています。

各ヒト型実体が収容されている保存チャンバーは低気温を利用し、熱の欠如をエネルギー源に変換して動力を得ているようです。このために使用される技術は十分に理解されておらず、本質的に異常であると想定されます。また、各チャンバーには、幾つかの決定的な違いを除けばプロメテウス研究所のものに類似したロゴが付いています。財団とプロメテウス研究所の連絡役は、同社がこのような極低温保存室も、それらの装置のように低温からエネルギーを引き出すことが可能な技術も開発してはいないと確認しました。

SCP-4056には家具付きの部屋が1ヶ所あり、ベッド、着替え用の服、リンゴ1個とイチゴジャムの瓶1個が収められた冷蔵庫、照明器具と写真を載せたナイトテーブルが備えられています。写真の被写体は、34歳時点のチャールズ・オグデン・ギアーズ管理官に似た男性1と、彼の妻に似た女性です。

発見: 事案4056-0.01: 2049年4月5日、PoI-4056が未知の手段でサイト-17に侵入しました。対象が財団保安システムによって最初に検出されたのは21:02、チャールズ・ギアーズ博士のオフィスの外に現れた時です。以下の交流がギアーズ博士とPoI-4056の間で記録されました。

PoI-4056は財団の要注意人物名簿に追加されました。対象は混血の女性であり、奇跡論を行使する能力を持ちます。加えて、PoI-4056は財団とその一部職員に関わる詳細な知識を保有しているようです。PoI-4056はSCP-4056まで追跡されました。

補遺4056.2: PoI-4056に埋め込まれた追跡装置によってSCP-4056が発見された後、ギアーズ博士率いる財団職員らは、PoI-4056の存在がSCP-4056内に検出されなくなるのを待って施設に入場しました。以下はギアーズ博士によって検査され、更なる調査が必要であると判断されたヒト型実体群のリストです。

指定 注記 ステータス
AVN-98822 対象の脳は青色の生物発光を放出し、やや肥大しています。 サイト-34研究施設に割当。
AVN-36241 対象は理解できない鳥のような鳴き声で発話します。頭髪に羽毛のような質感があります。 SCP-4056で保存中。
AVN-223647 身体が不定形の塊です。極低温ポッドが不活性化した際、対象は圧倒的な苦痛を表明しました。 SCP-4056で保存中。
AVN-64573 対象は遺伝的にギアーズ博士と同一ですが、人格特性を共有しません。特筆すべき事に、対象は右手の薬指にスターバースト・カットのルビーの指輪を嵌めています。 SCP-4056で保存中。
AVN-95412 対象は肉体を持たず、脳だけの姿で、破壊不可能と推定される水槽に入った未知の液体の中に浮かんでいます。挙動や話し方は基準となるベースライン現実世界のギアーズ博士と同一です。 サイト-17で保管中。
AVN-1221 対象は肉体的にギアーズ博士に似ていますが、動き方が堅苦しく、しばしば前後との脈絡が無い話し方をします。精密検査の結果は、対象が自律性ロボットであり、恐らく欠陥品のAI(対象の奇妙な発話パターンの原因と推測される)を搭載していることを示唆しています。 サイト-17で保管中。
AVN-966315 異常性無し。対象はベースラインのギアーズ博士に最も近い存在と見做されています。 サイト-17で拘留中。

補遺SCP-4056.3: AVN-966315はベースラインのギアーズ博士に近いSCP-4056個体の1体らしいと判断され、極低温凍結状態から覚醒されました。以下のインタビューは、SCP-4056の目的について理解を得るため、ギアーズ博士とAVN-966315の間で行われました。

補遺4056.4: AVN-966315とのインタビューに続き、ギアーズ博士はオペレーション・アイスボックスを承認しました。PoI-4056を待ち伏せて捕獲するため、クレフ博士とギアーズ博士が率いる機動部隊アルファ-99 “冷蔵庫漁り”がSCP-4056に駐留しました。2049年9月8日、PoI-4056が現れ、オペレーション・アイスボックスは実行されました。

補遺4056.05: PoI-4056の捕縛に続き、彼女の行動について洞察を得るためのインタビューが、ギアーズ博士によって実施されました。十分に安全と見做される収容室がサイト-34に構築されるまでの間、PoI-4056は一時的にサイト-17で収容されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。