SCP-4057
rating: +7+x

私の後継者へ、

あなたが私の職に選ばれたことに改めてお祝いします。私は(最終的に)年を取り、O5-2のマントはあなたに任されています。あなたはこの地位に向けての準備に非常に勤勉で、従順でした。それについては感謝しますが、家族関係や恋愛関係に関する質問については理解しています。人間は非常に社会的な生き物であり、私たちは何かを持ち続け、触れ、愛したいと思っています(信じてください、私もそうでした)。

この記事はその後アーカイブされました。現在のSCP-4057スロットは、よりタイムリーで説明のつかないものを保持していますが、私たちはそれを手本として、繰り返すことのできない歴史の一部を思い出させるものとして手元に残しています。これは私たちの権限に対するチェックがRAISAの前、倫理委員会の前の時間になかったため、このような間違いを犯しやすい時期でした。それにもかかわらず、私はこれが私たち自身を遠ざけることが私たちの責任である理由の良い例だと考えています。

アイテム番号: SCP-4057

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4057はサイト-19の標準人型収容セルに収容されます。レベル3以上の研究員の対話が許可されています。

説明: SCP-4057はフランス系の女性です。観察すると、被験者はSCP-4057が差し迫った危険に遭遇することを認識します。この効果は本質的にミームであると考えられており、SCP-4057が安全な場所にいるかどうか、または彼女を脅威から守るための十分な装備を備えた人が存在するかにかかわらず発生します。認識される危険の種類は様々ですが、多くの場合、野生動物、犯罪者、また深刻な場合には異常な実体などの、危害を加えようとする悪意ある存在です。

発見: SCP-4057はサイト-19に出頭し、彼女の状態について深刻な心配を表明している5人の民間人に囲まれていました。民間人には記憶処理役が投与され、SCP-4057は喜んで収容室に入りました。SCP-4057がどのようにサイト-19の位置を認識していたかは不明であり、質問されてもそのような情報は明らかにされていません。

愛は私たちに最も不合理なことをさせ、そして-7は彼女の最愛のマリーや夫への愛でいっぱいだったので、それは彼女の判断を曇らせました。当時、評議会にいた女性は私達2人だけだったため、私達は特定の…姉妹関係を共有していました。あなたはこう言うかもしれません。それが最終投票で他の全ての監督官に反対した理由だと。私は彼女を愛しているのは彼女だけではないこと、私たちの立場の重さにもかかわらず、私たち全員がまだ何かを感じていること、私がまだ彼女のためにいたことを知ってほしいと思いました。彼女は記憶処理をされ、若手研究員に降格されましたが、今でもここで働いています。明らかな理由で、私たちは彼女と話すことを禁じられていますが…私はまだ、そう感じていて、気の毒に思っています。母親としての母性の絆を知っていたとは言えませんが、子供の頃から知っていました。私は、彼女がしたことの理由を理解しています。もし私に娘がいたら、私も同じことをしていたと思います。

しかし、私は今でも時々彼女に会います。遠くから見ていて、彼女の仕事を見て、皮肉にも今ミーム学で働いている美しい女性であるマリーを見ています。彼女もまた、財団や世界全体の人たちと同じように記憶処理を受けましたが、それは対抗策の一部でした。しかし、対抗ミームはすべての種に影響を与えたわけではありません。マリーと一緒に森を散歩したり、服を着たり、同僚の研究者の証明書を持ったりすることがよくあります。動物たちが彼女をあこがれ、大騒ぎし、それは…

いずれにしても、あなたの友人や家族に別れを告げて彼らに記憶処理をさせることが、どれだけつらいことか私にはわかります。以前はあなたが亡くなったというカバーストーリーが作られていました。私を信じてください、記憶処理は関係するすべての人にとって、はるかに痛みが少ないのです。これは私たちの歴史の一部であり、繰り返すことは出来ません。それは私達をほとんど壊滅させ、私たちが今維持している微妙なバランスを考えると、もしそれが今日起こったなら、間違いなく私たちは壊滅されるでしょう。準備が順調に進み、O5-1から-13までの全ての人が、新しい-2として両手を広げて歓迎してくれることを願っています。

確保、収容、保護。

O5-2

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。