SCP-4059
rating: +3+x
3/4059 LEVEL 3/4059
CLASSIFIED
classified-lv3.svg
Item #: SCP-4059
Euclid
LogCabin_small.jpg

図 1.1: SCP-4059-1で発見された廃屋

特別収容プロトコル: 臨時サイト-144がニュージャージー州環境保護局New Jersey Department of Environmental Protection(NJDEP)魚類・野生動物課の支局に偽装してSCP-4059-1周辺に建設されています。SCP-4059-1近辺に立ち入ろうとする民間人は、当該エリアがCrotalus horridus (シンリンガラガラヘビ) の保護生息地であることを理由に立ち退かせます。

現在、1匹のSCP-4059-2が臨時サイト-144の標準C型収容セルに収容されています。この個体にはSCP-4059-1からの淡水を提供、毎月交換し、3ヵ月ごとに生きたブタ1匹を給餌してください。更なるSCP-4059-2の個体が発見された場合は、機動部隊ニュー-5 ("キャビン・フィーバー") が収容のために派遣されます。SCP-4059-2を目撃、または攻撃された人物にはクラス-A記憶処理を施し解放してください。

SCP-4059-3は臨時サイト-144のSafeクラス保管庫に保管されます。いかなる状況であっても、手順4059-ケモシュが実行されないようにしてください。

説明: SCP-4059はアメリカ合衆国ニュージャージー州パインバレンズ国立保護区を中心とする一連のアノマリーの総称です。

SCP-4059-1は半径30mの円形をした淡水の貯水池であり、ニュージャージー州リーズポイントの町の西部にある、半径330mの円形をした広場の中心に存在します。貯水池のすぐ周りには、過去150年以内に建設されたと推定される、6軒の放棄された個室小屋が存在します。財団の考古学者により、広場の最西端に沿って大量の墓が発見されています。この墓地には推定72人の乳児の種々雑多な遺体が埋葬されているのが発見され、多くは重度の身体的奇形を示しています。2名の適合する対象が手順4059-ケモシュを実行しようとしない限り、貯水池及び構成建造物群は非異常です。

SCP-4059-2は、非異常のヤギからの多数の逸脱を示す二足歩行性のヤギ型生物です。特筆すべきこととして、SCP-4059-2は平均身長約2mであり、肩甲骨から突出する機能的な翼手目型の翼、先端に鉤爪を備えたヒト型の前肢、突出した切歯、胸部の退化したヒト型の乳腺、細く無毛でフォーク形の尾を有します。多くの非異常なヤギと同様、個体には頭頂から突出する2本の大きなケラチン質の角、及び顎底部から垂れ下がる小さく顎髭のある肉垂があります。

SCP-4059-2は卓越した捕食者であり、獲物を追跡し、喉に噛み付いて無力化します。また、獲物を追跡する際には短時間に90km/h以上の速度で行動できることが報告されています。SCP-4059-2は通常ヒトとの接触を避けますが、閉じ込められたり刺激された場合には攻撃的になることがあり、ヒトを追跡し殺害することが知られています。見たところランダムな間隔で、SCP-4059-2はSCP-4059-1へと水を飲みに帰ります。

SCP-4059-3はポーランド系移民であるヤペテ・バルトシェヴィチ(Japhet Bartosiewicz)の個人日誌です。この日誌にはSCP-4059-1の設立とその居住者としての日々の生活に関する詳細、及び手順4059-ケモシュの適切な実行に関する指示が記されています。

補遺 4059-1: 手順4059-ケモシュ

補遺 4059-2: SCP-4059-3内で発見された日誌の簡易版 (ポーランド語より翻訳)

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。