SCP-4067
rating: +2+x
Idol.jpg

構築中のSCP-4067-2実例。

アイテム番号: SCP-4067

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 機動部隊デルタ-9 ("害虫駆除業者") はSCP-4067事象を可能な限り追跡し、途絶させます。部隊は長距離焼夷兵器で武装し、SCP-4067-1及び-2実例共に無力化します。機動部隊ガンマ-5 ("燻製ニシンの虚偽") はSCP-4067事象の隠蔽を補助します。事象で残された物品は収集され、分析のためにサイト-42の人工物保管庫-12に保管されます。

財団管理下にある6体の生きたSCP-4067-1実例(-Aから-Fに指定)はサイト-42の強化耐酸性収容チャンバーに収容されます。-1実例との交流は自動手段により成されることになっていますが、不可能な場合はDクラス職員が耐酸性HAZMATスーツを着用して入ります。その後、標準的装備除染が実施され、職員は汚染を確認されます。汚染が発見された場合、対象は隔離され、サイトの医療チームによる診断を受けます。その後、サイト管理官によりその処遇を判断されます。

収容下にあるSCP-4067-1実例は遠隔動作するショックカラーを常時着用せねばなりません。許可なく手を加えた場合、ショックカラーは自動的に電撃を与えるように設定されています。

財団管理下にある-2実例の残骸は、現在タンク-13~-16内に低温保存されています。アクセスにはレベル-4クリアランスが必要です。

説明: SCP-4067は西・中央ヨーロッパのランダムな場所で発生する年次事象を指します。発生場所ではSCP-4067-1実例に指定される人型昆虫種の大規模な集会が発生します。

SCP-4067-1実例は知性を有し、二足・四足両方で歩行します。実例のDNA分析はワモンゴキブリ(Periplaneta americana)、セミ上科(Cicadoidea)の各種、ヒト(Homo sapiens)、及び数種の不明な生物の痕跡を示します。実例は発話可能です1が、実例間ではもっぱらクリック音2を介して会話します。一部の個体は3本指の胴体に繋がった手足を2本または4本持っています。解剖により、胴体中央に大きな緑色の膜が存在し、大腸系と腺器官が存在することが示されています。ある器官は酸性物質を生成することが示されており、実例は無意識にこの物質を少量、時折口から垂らします。

また、SCP-4067-1実例は複数の非異常性疾病に感染しています。例としてサルモネラ、赤痢、淋病、腺ペスト、ライム病があります。実例はこれらの疾病の影響に免疫があるものの、ヒトに対して重大なリスクを齎します。これは焼夷手段による処分で十分だと考えられます。

年次事象において、-1実例は不明な出処から様々な数3で出現し、木々から彫像を作ります4。これらの彫像は-1実例により崇拝される未知の神格を模して作られており、SCP-4067-2に指定されています。この彫像が出来上がると、-1実例は付近のヒトまたは動物を収集し、儀式的手段で対象の身体を広げ、-2実例と融合させ詠唱します。-2が完全に対象の肉で覆われると、-2実例は動き出し、更なる消費対象(-1実例含む)を探して付近をゆっくりと這い回ります。

Idol2.jpg

集会から回収された石に刻まれた神格の描写。

事象時、SCP-4067-1実例はその神格を象った彫り物や彫刻といった供え物を作りだします。各描写は異なるものの、昆虫のような見た目を持ちます。一般的な描写の中には人型のものもありますが、多くは通常の昆虫に類似しています。捕縛した-1実例とのインタビュー(補遺01)から、この神格は”シカセア(Cicathea)”という名の女神として呼ばれています。現在、この神格の実在を証明するのに十分な証拠はありません。

追跡試行が失敗したため、実例群が事象時に出入りしている場所は不明です。例として、GPS追跡装置は取り付けられた実例が出現する次の事象まで通信を停止します。次元間の起源が推測されています。

財団は19██/7/12、ポーランド共和国ビャウォヴィエジャの森にて、森の端近くの”ゴキブリ人間”の報告を受け、SCP-4067を発見しました。調査のためにエージェントが派遣され、供え物と-2実例を構築中の-1実例群の小規模な集会を発見しました。-1実例は即座に散らばり、捕縛を免れました。事件は記録され、翌年の再遭遇にてSCP指定されました。

補遺01: 以下は-1個体とのインタビューの転写です。

補遺02: エジプトの発掘現場において、ミイラ化したSCP-4067-1実例群の遺体が、ダエーワ文字と昆虫型生物の描写1点が刻まれた数本の花崗岩の柱の周辺で発見されました。また、ダエーワ文字で記された巻物も共に回収されました。以下はその翻訳です。この発見に続き、ミイラ化個体と柱のある遺跡が続々と中東各地で発見されました。

この柱は研究のためにサイト-12へと移送され、今のところいかなる異常性も示していません。実験は進行中です。

補遺03: 閲覧にはレベル-4クリアランスが必要です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。