SCP-4075
rating: +6+x
SCP-4075-a%282%29.jpg

自然コロニーに加わったSCP-4075-a (左端)。キューバ、リオ・マキシモ野生動物保護区にて。

アイテム番号: SCP-4075

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-4075-1は財団によって買収され、周辺地域は民間人の立ち入りを防ぐために確保されています。フェンスが境界線に確立され、現在進行中の改修工事を名目とする立ち入り禁止の警告表示が設けられています。

SCP-4075個体の異常な移動を追跡する試みが進行中です。補遺4075.04での観測事例と類似する大規模な異常活動が発生した場合は、コロニーの変則的な渡りに関するカバーストーリーを流布し、それと矛盾するメディアやオンライン上の報道を抑制します。

説明: SCP-4075はペルーのリマ市に位置する放棄されたオフィスビル、以下SCP-4075-1に生息するフラミンゴのコロニーです。フラミンゴの既知の全ての種が、世界的な各種の生息数統計と概ね一致する比率でコロニーを構成しています。如何なる時点でも、約500羽のSCP-4075個体がSCP-4075-1に存在します。

SCP-4075-1の内部に居る間、SCP-4075個体は複数の異常性を獲得します — 最も特筆すべき点は、人間と口頭で意思疎通する能力です。SCP-4075個体の発話は、聴取者が最も慣れ親しんだ言語で認識されます。

SCP-4075は“フラミンゴ出入国管理庁”を自称しています。SCP-4075の目的は、SCP-4075-2と指定される特定の書類を処理し、書類を提出したとされるコロニーに結果を配送することのようです。SCP-4075は世界各国にある全てのフラミンゴのコロニーにおいて統治的役割を果たしていると主張します。SCP-4075-2は読者の母国語で書かれているように見えますが、書類の画像には文章が映りません。更なる研究のためにSCP-4075-1からSCP-4075-2を持ち出す試みは失敗に終わりました1

SCP-4075個体には、世界中に位置する非異常なフラミンゴのコロニーに瞬間移動し、同様の手段でSCP-4075-1に帰還する能力があります。SCP-4075個体は睡眠、栄養摂取、交尾のために他のコロニーへ移動するのが確認されています。また、コロニーとSCP-4075-1の往復は、SCP-4075-2を収集する役割も果たしているように思われます。SCP-4075-1に瞬間移動で帰還するSCP-4075個体の大多数は嘴に書類を咥えています。

瞬間移動能力を除けば、SCP-4075個体はSCP-4075-1の外部で異常な特性を示しておらず、SCP-4075コロニーを構成しないフラミンゴは全く異常な振る舞いを見せません2

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。