SCP-4087
rating: +17+x
weapon.jpg

1本のSCP-4087実例。

アイテム番号: SCP-4087

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: ヨーロッパおよびアメリカの法執行機関に潜入している財団資産は、進行中の殺人事件捜査にSCP-4087実例の使用と一致する指標がないかを監視します。万が一、更なる実例が回収された場合は、1m3のコンクリートに埋没させた後、無期限保管のために地層処分場へと移送します。

説明: SCP-4087はアンティークのばね仕掛け押しボタン式飛び出しナイフ1組です。それぞれの刃は長さ9.2cmのステンレス鋼製です。SCP-4087はガヴリロ・マニアーゴ(イタリア人ナイフ職人)により、個人委託の一環として作成されました。1914年に殺害される前にマニアーゴが完成させたのは6本だけでした。

SCP-4087は1973年、財団の解析部門によって作成された数学モデルが、過去50年間における100件以上の殺人事件と当該ナイフ群を結び付けた時に初めて発見されました。いずれの事件でも、法執行機関は6本のナイフのうち1本を凶器と特定していました。各ナイフはその後、繰り返し紛失されるか、返却されるか、もしくは競売に掛けられていました。

1975年時点で、6本全てのナイフが回収され、確認されています。以来、さらに200件以上の殺人事件で、同一のナイフ1本が凶器として用いられたと特定されています。これらの殺人事件を調査した結果、あらゆる反証にも拘らず、実際の凶器は存在しなかったと断定されています。

6本全てのナイフへの徹底した法医学的検査の後、研究者たちは以下の事項を確認しています。

  • これらのナイフは観測可能な異常性を示さない。
  • これらのナイフは顕著な摩耗や使用の痕跡を欠いている。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。