SCP-4121
rating: +8+x


BY ORDER OF THE OVERSEER COUNCIL

このファイルはΩ/4121クラスに指定されています。資格情報の入力に失敗すると、ベリーマン=ラングフォードミーム殺害エージェントによる終了措置が行われます。

4121

コード入力: t^ime WAITS f0r n∞ man/dtbmh

資格情報が認識されました。ミーム殺害エージェントは取り消されました。

WARNING: さらに承認が必要です。 黒き月は吼えているか?

コード入力: 真夜中、狼たちが羊を恐れるとき

ようこそ、管理者様。

ファイルにアクセス中…

アイテム番号: SCP-4121 脅威レベル:
オブジェクトクラス: Thaumiel Hiemal ● 黒

chiriox_4000_enso.jpeg

影響を受けた職員が描いた「壊れない/壊れたことのない/壊れることのないループ」の視覚的表現


特別収容プロトコル: SCP-4121はCK-クラス:再構築シナリオまたはZKクラス:現実不全シナリオなしに収容することはできません。SCP-4121に関連する公的な哲学的文書または”学説”は隠匿監視されます。SCP-4121の科学的確証は信用を失わせられるか、隠匿されます。SCP-4121の公的研究の責任者は財団へ雇用されるか(非協力的な場合)終了されます。すべてのSCP-4121の研究はサイト-Ω1に制限されます。

SCP-4121に対抗する取り組みは、部分的に構築された概念的な段階にとどまるべきです。SCP-4121が広範囲の中立化を経験した場合、影響を受けたアイテムに全ての緊急プロトコルが同時に適用されるべきです。緊急指令モータス-オメガは完全な状態で考案され、実行されなければいけません。緊急指令モータス-オメガの開始は、優先度アルファ-1とされます。

サイト-Ω1に割り当てられたすべての職員はサイト-Ω1に残らなくてはいけません。サイト-Ω1から出ようとする人物は機動部隊プサイ-58(不動のオブジェクト)によって制止されます。安楽死の試みは行われていません。サイト-Ω1のすべての研究部門は、サイト管理官エドウィンの承認なしに共同研究、研究の交換、部門の変更を行ってはいけません。

説明: SCP-4121は人類、SCP財団、および関連するすべての重要なアイテムのある現実に影響を与える時空運動量の矛盾です。現在SCP-4121の影響はは基底現実全体ではなく、特定の物理的、概念的に特別なアイテムに限定されています。これには要注意団体・人物・実体と領域・事象も含まれています。世界規模の報道の可能性を含むSCP-4121の挙動の変化は、緊急指令モータス-オメガとして扱われます。

SCP-4121は特定の事象がある時点を越えられなくなる”因果停滞”を引き起こします。同様に、特定の実体に対する行動は持続できません。この効果はSCP財団にとって有益かつ有害です。SCP-4121は現在の状況を効果的に維持するのに役立ちましたが、多くのSCPオブジェクトの収容慣習の直接的な強化・改善も妨げています。SCP-4121は複数の要注意団体との関係も妨げていますが、この異常性は要注意団体自体にも同様の効果を与えている可能性があります。それにより、複数の攻撃計画が断片的に構築されたままになっています。

完全な概念化の際にSCP-4121が影響を与えるため、現在実行可能な対策を開発することは不可能です。 異常性の影響を受けることを避けるため、緊急指令モータス-オメガは部分的に概念構築中です。SCP-4121は断片的に概念化されているアイテムには影響しません。例えば、概念が3人の異なる人物によって部分的に実現している場合、それがどんな実現であれSCP-4121は防ぐことはできません。しかし、これらの「プロトタイプのアイデア」がまとめられて単一の概念を形成する場合、SCP-4121はその実現を防げます。これらの項目も文書化できますが、すべての文書は部分的に完全なままにしておく必要があります。このため、緊急指令モータス-オメガは現在すべてのO5メンバーによって断片化された形で記憶されています。

SCP-4121は複数のSCPオブジェクトの終了の試みにも影響していると考えられています。(補遺01/4121-ASCPを参照) この仮説は従来の意味では確認されていませんが、現在終了が予定されていないSCPオブジェクトの収容手順は、それらの”因果的不死”を説明するために適応されています。部分的に概念化された収容計画も確立されています。

発見経緯: SCP-4121は以前SCP-3229に配属されていた██████・エドウィン博士によって最初に発見されました。エドウィン博士は初期収容の手段を調査しているときに、SCP-4121の最初の「症状」に躓きました。以下はエドウィン博士の個人ログからの抜粋であり、この異常についての彼の調査に言及しています。

████/6/23
私は承認されていたにもかかわらず実行されずに機密解除されたいくつかの計画を発見した。この情報を局長のユウに送信した。私はこれを局地的な異常であると考えていた。もしかするとこの洞窟は我々が一定の場所にたどり着くのを望んでいないのかもしれない。その後、私の同僚の一人であるウォリス博士と難題について話しながら、彼は彼がつながっていると疑っている3229の敵対的な実体間の行動に気づいたと私に言った。

████/6/25
私は他のサイトの研究者に連絡して、自分の理論を確認するためのさらなる証拠を探した。私の仮説をより危険な結論に導くかもしれないと思う多くの事件にも遭遇した。何かがエリア-55の進捗に影響を及ぼしていたという私の最初の疑念は拡大していった。私は█████にいる古い友人に連絡した。彼は私よりも高いクリアランスを持っている。彼は私が考えていたのに似た事件がいくつかあったと言った。常軌を逸した官僚主義として記録に残っていたものもあれば、SCPオブジェクトの下にマークされたものもあり、ただ埃をかぶっていたものもあった。どれもがずさんで、財団にとっては珍しい行動である。これは、さらなる調査が必要だ。

████/6/26
ウォリスは私を熱狂的な研究から引き離したが、私が休憩中にできたのは私が壊れるのにどれくらい近かったかだ。それだけが、私が今考えられることだったからだ。ウォリスは私に、これが本来の仕事よりも優先されてしまった場合管理官が怒るだろうと警告したが、私は警告を無視することを選んだ。管理官を軽視しているわけではないし、私の仕事の重要性を疑っているわけでもない。ただごみを集めずして離れられない何かを見つけただけだ。

████/6/29
私の個人的な計画についてさらにいろいろ見つかった。今日は収容違反があったようだ。私はこれを利用して制限されたデータを調べた。私は運よく、本当に運よく、撃たれなかった。それは価値があったが、それ自体が異常だった。記録がそこら中にあって、それらはただパズルのすべてのピースを見ていなかっただけだった。サイトが落ち着いてくるのと同様に私はそれらをつなげようとした。そこに何かが無ければならない、必ず。

████/6/30
サイト管理官のユウに彼のオフィスに行くように要請された。そして彼からすべての情報が最高機密に分類されるつもりであると伝えられた。

████/7/1
私は正しかった。

補遺 4121/01:

補遺 02/4121:

補遺 03/4121:

補遺 04/4121:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。