SCP-4149
rating: +23+x

art.jpg

SCP-4149の内装。認識災害要素は除去されている。


特別収容プロトコル: SCP-4149-2の希望に従い、職員はSCP-4149内にある美術館の訪問者であるかのように振る舞うよう奨励されます。キャラクターを崩すことが絶対に必要な状況では、対象事案を大袈裟に演出して演劇に見せかける手法が推奨されます。

SCP-4149の入口を収容している建造物は財団に買収されており、取り壊し予定という説明の下にフェンスで囲われます。スクランブル・バイザー装備のエージェント1名がシカゴの███████アベニュー2341番地に駐留します。 機動部隊イータ-10 “シー・ノー・イーヴル”所属の武装警備員3名がシカゴの███████アベニュー2341番地に駐留します。このうち2名は建造物の2階を警備し、残る1名はSCP-4149自体の内部に駐留します1

全てのSCP-4149内部探査はレベル4職員による承認が必要となります。

説明: SCP-4149は異次元空間であり、入口はシカゴの███████アベニュー2341番地にある空き家の2階に埋め込まれた廊下を介してアクセス可能です。SCP-4149の内装は巨大な倉庫に似通っており、ファインアート、パフォーマンスアート、モダンアート、彫刻など多様な媒体による芸術作品76点が収められています。うち54点は様々な程度の視覚的危険性2を伴います。

SCP-4149-1はSCP-4149内部で発見される実体群の総称です。SCP-4149-1個体は様々な隣接宇宙や現実世界からやって来たと主張し、頻繁に財団職員をパフォーマンスアートの一部と誤解します。全てのSCP-4149-1個体はSCP-4149内部にある芸術作品の異常な影響に耐性を持ちます。

SCP-4149-2は身長2mのナマケモノに似た二足歩行実体であり、“ゾルカノッフXorkanoff教授”という名を自称します。SCP-4149-2はSCP-4149の館長であると主張し、通常はSCP-4149を歩き回りながら、作品についてSCP-4149-1個体と議論しています。SCP-4149-2は限定的ながら宇宙を渡り歩く能力を持つと主張しますが、この能力はまだ確認されていません。SCP-4149-2はまた、“芸術への感謝の念を欠いた”宇宙の出身であり、居住者のいない現実世界にSCP-4149を作ることを選んだのは、自身のコレクションの避難所にするためだったと述べています。

SCP-4149-2は、我々の現実世界にある入口はギャラリーの設計上の欠陥であり、SCP-4149を完全に再建しなければ修復できないと主張します3。財団職員がSCP-4149-1個体を動揺させる事件が数回発生したことから、SCP-4149-2はギャラリーへの没入感を維持するために、財団職員がSCP-4149-1個体と交流する際はその動機を漏らすのを控えるように要請しています。

SCP-4149-2は、財団が敵対的な侵入者からSCP-4149を保護するという条件で、自発的に自らとSCP-4149を収容下に明け渡しました。

発見: SCP-4149は、シカゴ市内におけるAre We Cool Yet?の活動を根絶するための長期作戦中に偶然発見されました。発見者のエージェント ロッシュとエージェント ベンジャミンは、数点の異常芸術を輸送しているAWCY構成員2名の追跡に割り当てられていました。動画の転写が添付されています。

探査ログ: エージェント ベンジャミンからの支援要請を受け、機動部隊イータ-10が異常空間探査のために現場へ派遣されました。視覚的に危険な芸術作品を用いるというAWCY?の評判から、全てのエージェントは標準的なスクランブル・バイザーを装備していました。動画の転写が添付されています。

インタビュー4149-B: SCP-4149の発見から45時間後、SCP-4149-2がインタビューに同意しました。D-1739375がエージェント ロッシュによってSCP-4149へ案内され、ヘッドセットを介して指示を受けました。

事案4149-1: 2007/12/██、エージェント ホールはSCP-4149内での騒擾を報告し、応援を要請しました。機動部隊イータ-10 “シー・ノー・イーヴル”が派遣されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。