SCP-4177
rating: +11+x

アイテム番号: SCP-4177

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-4177出現事象はあらゆる職業分野に潜入している財団エージェントによって世界的に追跡・記録され、機動部隊チー-9(“頁捲り”)が可能な限り文書を除去するために派遣されます。200冊の実例が異常文書の処理を専門とするサイト-09に保管され、余分な実例は回収時点で焼却されます。財団職員が実験以外でSCP-4177を読むことは認められません。既知のSCP-4177-1個体は拘留して財団の管理下に留めます — 財団での雇用が不可能であるか望ましくない場合、SCP-4177-1個体は体重が理想値(財団の栄養士が決定)の2倍になるまで高カロリー食を与えられ、対応するSCP-4177実例の電話番号に掛けるよう指示され、ωイベントが発生するまで監視から外されます。彼らはその後、必要に応じてクラスF記憶処理/記憶再調整を行ったうえで、民間社会に解放可能になります。

説明: SCP-4177は世界各地に自然発生的に出現する様々な大きさのパンフレットやチラシです。出現地点の直接パターンはまだ観察されていませんが、現在まで全ての実例は人口密集地に出現しており、典型的に過体重・肥満の住民が多い地域を標的とする傾向を見せています。全ての出現事象は問題の地域が全く観察されていない時に発生します。

SCP-4177の正確な内容は多岐にわたりますが、各実例は大規模かつ侵襲的な手術から“月の吉糸晶cyrstalsの魔法(原文ママ)”に至るまで、何らかの減量法を宣伝します。文章の構文的・文法的構造はおしなべて粗末なものであり、広範な無終止文、一見して無関係な詳細事項、人間の生理学に対する理解の深刻な欠如(幾つかの実例は全く異なる生物界に言及しているように思われる)が頻繁に含まれています。これらのエラーにも拘らず、全ての実例はヒト種族に名前で言及しており、文末に有効な電話番号を掲載しています(正確な性質は実例の出現地域ごとに様々)。この電話番号は常に問題の地域でまだ登録されていないものです。

SCP-4177を読み、宣伝された番号に電話を掛けようと試みた人間はSCP-4177-1個体になります。SCP-4177-1個体が次に観察されていない状況1で熟睡すると、ωイベントが発生します — 前述した必要条件の都合上、この事象の正確な性質はまだ不明ですが、SCP-4177-1個体は翌朝、体重が正確に半分まで減った状態で目を覚まします。この喪失バイオマスはシームレスに除去されており、体内への干渉が行われた痕跡を全く残しません。大半のバイオマスは余分脂肪の領域に由来しますが、全ての身体臓器から少量(即ち問題ない程度)が取られます2。これまでのところ、“理想的な”体重がSCP-4177経験以前の体重の50%未満だったSCP-4177-1個体には、SCP-4177の使用による健康への悪影響が及んでいません。より痩せている個体の場合、SCP-4177は深刻なダメージを与える可能性があり、多くの場合これは命に関わります。ωイベントで失われたバイオマスの行方は不明です。補遺を参照。

補遺 | 事案SCP-4177-1551: 1996/12/06、イギリスのマンチェスターにて、グレゴール・ラス氏(SCP-4177-1個体)は、記録上最初にして唯一のωイベント失敗3の対象となりました。午前04:40頃、報告によると、ラス氏は叫び声で目を覚まし、調査のために寝室のドアを開けました。その場に誰もいないこと、自身の体重減少に気付いたこと、依然として叫び声が聞こえていることを受けて、ラス氏は緊急対応サービスに通報し、質問を受けてSCP-4177に関する情報を明かしました。その後、警察署は政府代理人を通して財団エージェントに連絡を取り、エージェントは午前05:02に現場に到着しました。

建物の捜索中、ラス氏の死体が一階廊下で発見されました。死因は絞扼と鈍的外傷の組み合わせによるものと断定されました。後ほど、外見的に同一の死体が通りを幾つか離れた場所で発見されました。この死体は全裸で、SCP-4177実例に囲まれており、死因は全ての主要臓器が一斉に機能を停止したことであるように見受けられました。加えて、2番目の死体の指爪の裏からは、遺伝的に一致する微量の血液と皮膚が発見され、ラス氏の死体に残された傷痕と一致しました。その後の検死解剖で、特筆すべきことに、両方の死体の重量は正確に同一であると判明しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。