SCP-4234
rating: +20+x

アイテム番号: SCP-4234

アノマリークラス: Euclid

特別収容プロトコル: ヘレフォードとウスターのアニマルレスキューはより大きな本部に移転され、L4234は現在、建設作業中を装った状態で財団が所有しています。この場所は主に男性のDクラス職員の中から供給援助された、精子を持たない男性職員によって運用されます。SCP-4234-1の出現を防ぐため、6頭の去勢が行われていない飼い犬が常にサイト内に収容されています。SCP-4234-1実体が出現した場合、影響を受けた物体は(可能であれば)取り除かれ、保管倉庫4に配置されます。如何なる状況下でも、これらの物品は実験以外における職員による閲覧が禁止されています。

SCP-4234の1個体は恒久的にサイト-33の無形実体用真空房に収容されます。この実体の実験はヘイビアサイト管理官からの認可を得ることで、隔月で許可されます。実体の物理的同等物は非異常であることが確認されており、現在エージェント・バロウが所持しています。

doggo_.png

SCP-4234実体、No.205。

説明: SCP-4234はヘレフォードとウスターのアニマルレスキュー1の旧本部(地点L4234に指定された)内で生成された、歩行可能かつ非実体の犬(Canis familiaris)の個体です。SCP-4234実体は、建物の近くに存在する去勢されていないオスの犬と普遍的に同一であり、精巣器官を持たず、平均して26日に1度(誤差±52時間)生成されます。

一度生成されると、SCP-4234は彼らの肉体に対応するものに向かって急速に移動し始めます。この間、彼らは頻繁にゆっくりとした走行速度で行動しますが、実体は最大35km/hで動くことが観察され、SCP-4234の脚部の位置は対地速度と滅多に関連しません。非異常の犬の1メートル以内に入ると、SCP-4234は犬の正確な空間的位置に自身を移動させて消滅し、その過程で動物の睾丸を取り除きます。SCP-4234の出現の結果として、犬の健康障害が発生したことはありません。

L4234の近くに犬が存在しない場合、代わりに複数のSCP-4234-1実体が生成されます。SCP-4234-1は漠然とした犬の形をしていますが、如何なる生存している犬とも一致しません─代わりに、それらは睾丸除去の抽象的概念の物理的出現としてのみ、視覚的に認識可能です。SCP-4234-1は通常、固体または液体の表面から0.1~0.3m上空に浮遊することで移動します。各SCP-4234-1は無作為かつ不定期に移動し、恒久的に自身へ物体、生物、場所、容易に操作できる概念のような単一の実体を接着させます。実体が睾丸を所有していた場合、これはそれらを単に除去します─しかし、SCP-4234-1に影響を受けた実体の大多数は元々睾丸を所持しておらず、現在全くそれらを持っていない実体よりも定義できないほど少数です。

現在、このような実体には、L4234、様々な種類の人間ではない動物94体、自動車15台、SCP-8854の文書、ヘレフォード州病院内の眼トキソプラズマ症、家具96個、様々な種類の植物144個、人間の女性34人、 抽象的-形而上学的概念構成物3つ(実験中に影響を受けたもの)が含まれます。これらの物体への長期の感覚的暴露は人間の脳に深刻な悪影響を与え、結果として実存性危機、幻滅、鬱病、視覚失認症、幻覚、そして極端な場合、睾丸に関係しない全ての記憶に関する完全な先行性健忘症になります。

概念的異常を無効化する可能性がある、SCP-4234-1の影響を受けた実体に精巣器官を移殖するというウェザー博士による提言が現在検討中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。