SCP-4291
rating: +17+x

アイテム番号: SCP-4291

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 所在地と水圧の関係上、SCP-4291の移送は不可能です。従って、収容対策はSCP-4291-1実例群の拡散の緩和を重視します。機動部隊ガンマ-19(“スキューバ・Scubaクムcum・ラウデ”)Laudeは、SCP-4291-1実例群を収容するため、季節性イベントの期間中に展開されます。

説明: SCP-4291はイギリスのマーゲート沖に沈没しているロシアの潜水艦です。SCP-4291の底部周辺と船体全域にはサンゴが異常成長しているため、正確な設計とモデルの特定は妨げられています。このサンゴは表面的にナンヨウミドリイシ(Acropora hyacinthus)に似ていますが、より低温な環境で生育する固有種らしく、局所的にロックウェル硬さのスケールCと同様の変形抵抗性を示します。これらのサンゴはSCP-4291の一部と見做されるべきであり、入口ハッチと魚雷発射孔を覆っています。これに加えて、SCP-4291の一部は沈没位置の岩石に埋没しているため(全体の40%と推計)、内部に入ることは不可能です。露出している岩は、2つの巨大な丸石の残骸らしく、ツツユビミドリイシ(Acropora humilis)に覆われています。低温環境で生存できるのを別とすれば、このツツユビミドリイシは如何なる異常性も示しません。

SCP-4291の船首は破損し、周囲の岩から約40度上向きに持ち上げられ、成長したサンゴで完全に覆われています。この亀裂がSCP-4291の沈没要因なのか、沈没後に破損したのかは不明です。SCP-4291船首部のソナースキャンと物理的調査は、刺激を受けたサンゴが予期せず石灰化したために失敗しました。

SCP-4291は世界的な海流のパターンで決定する周期的な影響を受けます。毎年の春に水温上昇をもたらす熱塩循環はこの異常性と強く関連します。この季節性パターンの期間中、SCP-4291の内部はSCP-4291-1実例群で満たされ、船体の幅が約30%膨張します。SCP-4291は平均して1週間この新しい大きさを保ちます — その後、船首の亀裂を覆うサンゴが一時的に後退し、SCP-4291は約60体のSCP-4291-1実例を亀裂から放出します。2週間続く不応期を挟んで、このサイクルが3回繰り返されます。

SCP-4291-1はSCP-4291の元乗組員と思われる死体です。SCP-4291-1は1970年から1971年までロシア海軍で支給された標準的な制服を着用しています。これらの死体にSCP-4291との関係以外の異常性は存在しませんが、歯科記録とDNA記録は財団データベース上の既知の人物と一致しません。

SCP-4291-1には適切な浮力があり、SCP-4291からの放出後は腐敗するまで中性浮力で漂い続けます。

補遺4291.01: 発見報告

SCP-4291はイギリスのマーゲートにて、水兵seamenが浜辺に打ち寄せられているという地元民の通報に続き、財団のダイビングクルーによって発見uncoveredされました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。