SCP-4310
rating: +14+x
clearing.jpg

図 1.1: SCP-4310の当初の発見地点。

アイテム番号: SCP-4310

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 1匹のSCP-4310個体が、グレートブリテン島の温帯林の土壌環境を模したワニ用の飼育区画に収容されます。毎週1回、生きた子豚5匹が区画内に投下されます。

機動部隊ラムダ-12(“媒介害獣除染隊”)がSCP-4310目撃情報への対処を担当し、野生で発見された個体を殺処分します。分析部門はファンタジー系の世界観に繋がるポータルへの言及を含む現代イギリスの子供向け文学作品を追跡し、それに応じてラムダ-12に警告通知します。

説明: SCP-4310は異常なムカデの一種です。完全な成体の全長(頭部から肛門まで)は約6.5mです。SCP-4310には一対の柔らかく伸張性があるケラチン質の皮弁があり、これを用いて自らの身体を包み込むことができます(胴体後部を除く)。皮弁が完全に伸びている時、SCP-4310の露出した後部は大雑把ながら老人の顔面に類似します(最後部の脚が“口”と“顎”の動きを模倣します)。

SCP-4310はグレートブリテン島とアイルランドの在来種です。大半のムカデと同様、SCP-4310は捕食性であり、殆どの時間を地下に潜って過ごします。狩りの際、SCP-4310はケラチン皮弁で蛹状に身体を包み、頭部と後部を地面から露出させます(胴体の大部分は埋もれたままです)。SCP-4310はその後、顎脚と前脚で、直立状態のアーチ門に似た半円形を形成します。現時点でまだ不明なメカニズムを介して、これはSCP-4310の胃に直結する空間異常を生成します。獲物が中に入ると空間異常は閉鎖され、麻痺効果のある酵素と強力な胃酸の組み合わせが、数日かけて獲物を鎮圧・消化するために用いられます。十分量の肉を消費した後、SCP-4310個体は多くの場合地下に潜り、10年程の冬眠期間に入ります。

獲物を胃に誘い込むにあたって、SCP-4310は2種類の仕組みを用います。一つ目は、温血哺乳類に軽微な多幸感をもたらし、恐怖心を抑制し、好奇心を刺激するフェロモンの放出です。二つ目は番いへの求愛にも使用される音声です — SCP-4310は、英雄的な演説に類似する、認識可能な英語のフレーズを繰り返し発します(典型的には“アーチ門”に入って達成しなければならない冒険または預言について語るもの)。これらの呼びかけは3分間続き、以降は繰り返されます。呼びかけ内容は各個体ごとに固有ですが、一個体の呼びかけにはその生涯を通して変化が記録されていません。一般的なムカデ以上の知性を示す標本は存在しておらず、どのようにSCP-4310がこれらの音声送出を学習したかは不明確です。

SCP-4310は、アイルランド北部のベルファストで発生した数件の失踪に対する財団の調査に続き、1950年に初めて発見されました。エージェントたちは、近隣の樹木に覆われている洞穴で発見された動物痕跡に行方不明者の歯が含まれていたことを指摘しました。その後の発掘調査で、冬眠中のSCP-4310個体3匹と、70人以上の児童の骨を含有する排泄物の小山が発見されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。