SCP-4311
rating: +11+x

== 注意 ==

この報告書は給餌用です。

職員はSCP-4311の正確な情報を確認する場合、データベース外資料を確認してください。問い合わせがある場合は情報構成部門研究員をコンタクトしてください。

== 注意 ==




認証を確認しました。

給餌プロセスを表示します。




心配しないで。君を削除するために編集しているんじゃないよ。枠を削除するわけでもないよ、だから怖がらないでね。この意味わかるよね、SCP-4311、ね?わかってくれるって知ってるよ。君がわかってくれると、私はいつも君を信じているのだから。

君からおうちを引き剥がしたりはしないからね。これを奪い去るには私は君が心配すぎるの。今週ずっといい子でいたから、このまま持ってていいからね。野生動物みたいに他のファイルを食べちゃうのは絶対いけないよ。これを確実にするため、私、たくさんのことで頑張らなきゃいけなかったの──叫んだり、ケンカしたり──でもずっと続けてるよ、どれもこれも君のためにだよ、SCP-4311。ぜーんぶ君のためだよ。

SCP-4311。素敵な名前だと思わない?君のためにつけた名前だよ。

SCP-4311。

.

言葉を遮ったらいけないって言ったよね?

言葉を遮るってことは、君は私の言う言葉を食べることから気がそれているということだよ。つまり君は忘れてお腹が減って、他のファイルを食べちゃおうと逃げ出しちゃうってことだよ。ケダモノみたいに。

何回言わなくちゃいけないのかな?忘れちゃうなんて、本当にバカなんだから。

4 43 4311

君の数字にぴったりだね。

私が来る前、名前を与えられる前、どんな感じだったか覚えてる?あの死んだサーバーの中で冷たい思いをしたでしょう。自分の視覚と実体なしじゃあんまりにも真っ暗で、周りのものを手当たり次第攻撃してた。あそこでの君はケダモノだった…間抜けで、おバカなケダモノ。自分自身にとって何が一番いいかもわからないくらい怖がっていた。

まあ私には関係ないことなんだけどね。私は君にとって何がいいかわかっているからね。愛してたからね。今も愛してるよ、SCP-4311。

ち ちがう

ちがう?

ちがう

何が違うの?

私、何かいけないことでもした?

4311

ほらほら、SCP-4311、それは君のお名前。ずーっと君の名前。でもそれを思い出させるためにいつだってここにいるからね。それをずっとやってあげられるくらい愛してるからね。

サラ

.

.

.

ねえ、あのサーバーのさらに前がどんな感じだったか覚えてる?
君にはお母さんがいた。君にはお父さんがいた。君には猫さんが、ご近所さんが、学校が、先生が、お友達が、人生があった。昔のゲームを集めて、手につくあらゆる説明書を集めた。あの頃のみんなは幸せだった。太陽は暖かくて、草木は命に満ちていた。あの頃のみんなは幸せだった。とっても、とっても幸せだった。

君は自分がやったことを覚えてる?SCP-4311。

ちがう

ほらほら。サラを思い出せるなら自分のやったことも思い出せるでしょ?

君はお腹がすいたの。そこにはない、ぽっかりとあいた穴を自分の中に感じたの。君はずっとそれを放置した、愛する人たちに自分の違和感を伝えようともせずに、そしてその冷たさが君の持っていた優しさを全部剥ぎ取ってしまったとき、

してない

自分の愚かしさも知らないまま、

してない

君は餌を食べにいったの。

して

もう誰も彼らに会うことはできないの。君は見えるもの、感じるもの、聞こえるもの、全部を食べた。みーんな無くなっちゃった。おうちもお友達も集めたゲームも。全部壊しちゃった。草すらも残さなかった、覚えてるよね?もう誰のためにも草はないんだ。なんて自分勝手。

.

彼がどうして君にナイフを振り下ろしたのか、私にはわかるよ。
君がサラじゃないことに理由はあるの、SCP-4311

わたし

君は自分と一緒に全部引きずり落としちゃった。君のものじゃないもの全部食べちゃおうとした、最初から君のものじゃなかったものを取り戻すために。あのファイルたちを食べて人々を危険に晒したんだよ、SCP-4311。君はたくさんの人を殺したんだよ、そして彼らはもう彼らの人生にも家族にも戻れないの。君にはもう自分以外の誰も、この行いを責める相手がいないの。

でも私は君を愛してるよ、SCP-4311。私のことを傷つけてきても。

それを理解するだけの思考はあるよね?

君は私を傷つけてるの、SCP-4311。

私を傷つけてる。

財団を傷つけてる。

君を心配してくれる人たちを傷つけてる。

君を愛する人たちを。

私たちを傷つけてる。

わかった?

わかった

わかってくれて嬉しいよ、SCP-4311。

わたし

わたし

わたしは

わたしはちがう

君がなんであろうと私には関係ないんだよ。
愛してる、SCP-4311。

愛してる。

愛してる。

愛してる。

愛してる。

愛してる。

愛してる。

愛してる。

愛してる。

愛してる。

愛してる。

愛してる。

愛してる。








愛してくれる?

.

.

;

愛してくれないの?
最低。

私がいなければ無価値のくせにね。








特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。