SCP-4323
rating: +4+x

アイテム番号: SCP-4323

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-4323陽性の無脊椎動物群は、十分に備えつけられた生物収容施設内に収容されます。SCP-4323陽性の人間以外の動物は殺処分され、その後焼却されます。SCP-4323陽性の植物実体は、焼却されます。O5評議会の過半数の明確な許可のないSCP-4323陽性物質に対する実験は実行されません。

SCP-4323陽性の人間が発見された場合、直ちに収容され、対象が死亡するまで、肉眼で視認可能な生物から隔離されます。対象の死亡から2週間後、遺体は焼却されます。SCP-4323陽性の人間は、カロリー制限以外の方法で死亡することは許可されません。

SCP-4323陽性生物は、いかなる状況下においても、互いに暴露されることは禁止されます。

これらの手順は、機動部隊 ガンマ-1("石膏血液")によって維持、実行されます。

説明: SCP-4323は、生きている肉眼で視認可能な真核生物に自然的に顕出する、一連の異常症状です。正確な症状は様々ですが、SCP-4323陽性生物の行動は、最も一般的に、以下のような特徴を持ちます。

  • その生物内のすべての食細胞の行動が加速した結果、無差別に外来真核細胞を捕捉し、捕食する。これはSCP-4323陽性生物と別の真核生物との接触により、表面がわずかな時間で消費されるという結果で見られる。 
  • 生物全体を通した、上記のように摂食された栄養の急速な浸透、配給。
  • 細胞骨格の急進的な強化、動物細胞内の非致命的な膨圧の急激な増加。これにより、SCP-4323陽性生物は、大量の生体物質を摂食した後も、物理的な大きさを維持することができる。細胞は通常、内部の密度が8.3グラム立方センチメートルに到達した後に分裂する。
  • 肉眼で視認可能な、身体の活発化と再構成。植物や真菌などの非活動性生物では、這う運動として現れる。動物においては、しばしば新たな手足、または余剰な器官の生成として現れる。
  • 異化率の大幅な上昇と、それに応じたカロリー需要。これは、生物に極端な飢餓の感覚として現れる。

SCP-4323の明らかな原因はありませんが、その発生率は、局所的生物多様性に反比例します。(以前の収容手順で義務付けられていたように)環境を人為的に変化させ、発生率を操作する試みは、発生率に実質的な影響を与えていません。全実例のうち、およそ半分が人口密集地域で発見され、そのうちの約80%が人間です。この場合、SCP-4323の症状の顕出は通常、パニックを伴い、最も一般的にペットや植物、職場の同僚や家族との偶発的な接触によって発見されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。