SCP-4337
rating: +28+x
bowieknife.jpg

SCP-4337

アイテム番号: SCP-4337

オブジェクトクラス: Thaumiel Safe

特別収容プロトコル: SCP-4337はサイト-59の標準収容ロッカーに保管されます。手順10-インティを通しての実験を行う際は、サイト管理官のライル・ナイスミス博士に申請する必要があります。白紙の申請書はサイト-59 Safeクラス収容棟受付係のデスクで入手できます。被験者は終了予定のDクラス職員からのみ選抜されます。

説明: SCP-4337は長さ38cmの固定刃コンバットナイフです。サンドブラスト加工による3つの三日月の移し絵が、刃の両面に存在します。

手順10-インティを通して、SCP-4337はEメール形式の書状を、生きている儀式参加者の受信トレイに2時間後に出現させることができます。三日月のモチーフが財団の管理下にある他オブジェクト(SCP-3319SCP-3922など)と類似しているため、メッセージは異次元に起源を持つものと考えられます。

回収ログ: 2018/12/21、SCP-4337の当初の所在地はSCP-2578-DからのEメールで財団へと中継されました。SCP-2578-Dは情報提供の理由として、SCP-4337の当時の所有者たちが“耄碌したカルト信者”であり“中傷的な主張のために機器を使用していた”からであると述べました。

SCP-4337はミズーリ州██████████の家で財団エージェントに回収されました。住人3名は全員、発見される10時間前に軌道上のSCP-2578-Dから狙撃されていましたが、まだ現地当局から発見されていませんでした。成人7名分の死体が地下室から見つかりました — 死因は鋭利な刃物による心臓への外傷でした。

SCP-4337と共に発見された文書を基にして、手順10-インティが形成されました。

  1. Dクラス被験者1名(“参加者”)が、第二者(“執行者”)から1つの質問を受ける。
  2. その直後に、執行者は参加者の心臓を刺突する。

結果的に得られるメッセージは、質問への回答を試みるものです。

実験ログ (エントリ1/1):

参加者: D-59932

執行者: ポールセン研究員

質問: “どのようにSCP-████を無力化すればいいのですか?”

回答:

☽☽☽

敬具 [EARTH_2N]の[ポールセン/キャサリン_ケント]様

こんにちは、私の名前は[%fieldvarC]、本日貴方のサポートチケットを担当する者です。本チケットのケースナンバーは[HHF_581375AAJ_Ø]です。サポートチケットビーコンをお持ちでない場合は、サポートブレードを使用してリクエストしてください。

貴方のリクエストは[███████/████████_██████]の生前記憶から収集され、処理されています。ここ☽☽☽では1時間に50,000件以上のリクエストを受けていますが、偉大な織り手は私たちが全てに回答できるように目を光らせています。JALAKÅRAに栄光あれ!

私たちは今回の問題を受けて[悩んで]います。この問題は貴方が自力で解決[できないしすべきでもない]ものであるため、私たちは[更なる行動を考慮する]所存です。

推奨される行動:

[%fieldvarI]
[指示を待つ/東部標準時_待機時間=400年5月13日5時10分]
[%fieldvarK]
[%fieldvarL]

このサポートチケットの更なる審査で[ %fieldvarM ]る可能性があります。

生贄参加者の故[███████/████████_██████]は、[上告審]の選択肢を備えたクラス-[H]死後状況に[%fieldvarQ]年間追放されます。

貴方は見守られています • 貴方は護られています • 貴方は愛されています

補遺 - オブジェクトクラス: Thaumiel分類は問答無用で取り消させてもらった。10-インティの実験を格下げし、今後は優先度の低い質問にのみ適用するものとする。 - ナイスミス管理官

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。