SCP-4392
rating: +9+x
break-room.jpeg

SCP-4392内部の一部分。

アイテム番号: SCP-4392

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: サイト-26に配置されているすべての職員は、SCP-4392の位置特性を認識しなければなりません。職員にSCP-4392とその特性を想起させる標識は、SCP-4392への入口を備えた全ての通路に、特に入口付近に重点的に配置されるべきです。

スタッフはその異常性を考慮し、SCP-4392に近づく他のスタッフに対して礼儀正しくするべきです。

清掃・修理スタッフは、自身の裁量でSCP-4392を無視することが出来ます。

説明: SCP-4392はサイト-26の3階にある職員休憩室を含む領域です。

SCP-4392境界内のヒューム測定値は一般的に1500ヒューム以上であり、最大毎秒30ヒュームまで変化します。今日まで、これらのレベルを変更または安定させることのできる現実改変能力者はおらず、一定量のスクラントン現実錨も効果がありません。

特に注目すべきなのは、SCP-4392は家具の損傷、修理、追加、及び/または取り外しを含む、認識された基準から逸脱した内部へのあらゆる変更をすべて元に戻す事です。これには次のものが含まれます。

  • 冷蔵庫からの食品の摂取後、不定期な期間の後に補充される。
  • 北側の流し台にある皿を除いて、スタッフが使用した汚れた皿や食器は洗浄された状態で再び出現する。
  • 赤褐色のリクライニングチェアの向かいにあるカレーエッグを食べて、それから個人がもう一度その椅子に座ると、これが再出現する。
  • インフラから切り離されている場合や、補充されていない場合でも適切な液体を供給する蛇口と機械。
  • ゴミ箱へのゴミの追加や撤去 – 新たに持ち込まれたゴミは消滅するが、既存のゴミは撤去された時に再び現れる。
  • 破損したコーヒーテーブルを修復または撤去した後、観察されないまま放置すると破損した状態で再出現する。
  • アラビアンモカコーヒーの香りを除去しようとする試み。

SCP-4392はたまに新たな変化を受け入れることがあり、その変化を恒久的に環境へ組み込みます。1今の所、何がこれを引き起こすのかは不明です。

SCP-4392が数分間使用されていない場合、サイト内職員の複製がSCP-4392内に現れます。これらの職員 – SCP-4392-1と指定 – はSCP-4392の境界外に出ることが出来ず、それを行おうとすると消滅します。それ以外の点は普通であり、異常な特性や認識を示さず、同様の状況下で複製された職員から期待されるように行動します。SCP-4392-1実例は通常、それが知らされるまではSCP-4392-1実例としての状態を認識せず、妨害されなければSCP-4392全体で日常的に動作します。これらの行動は必然的にSCP-4392を離れようとする試みで終わります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。