SCP-4414
rating: +3+x
safe_vers_gaonoxie

認識災害特性を持つSCP-4414は、いくつかの反ミームフィルターによって除去されました最小限に抑えられています。テキストは削除できませんでした。

アイテム番号: SCP-4414

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: 財団ウェブクローラーGAONOXIE.exeは、すべての画像ホスティングWebサイトを監視し、すべてのSCP-4414実例をダミー画像“fingerfun.png”に置き換えます。SCP-4414-Aを実行している人物は直ちに捕獲され、クラスB記憶処理が施されます。

財団ウェブクローラーVALIHA.exeは、画像や動画をホストすることのできるすべてのWebサイトを監視しています。あらゆる媒体におけるSCP-4414の実例および写真または動画内におけるSCP-4414-A実例は直ちに削除されます。これらのメディア媒体の中でSCP-4414-Aを実行しているところを目撃した人物は、直ちに位置が特定され、機動部隊シグマ-11 ("あいつらはできる")を介して収容されます。SCP-4414-A実例を目撃したすべての人物は、標準的人型収容チャンバー内に最低30日間収容され、症状がないか監視されます。これらの個人が収容されている間は、例え睡眠中であっても、常に次のような姿勢が保たれるべきです。

  • 腕を体から90度の角度で伸ばした状態(T字)にさせます。この姿勢は、体幹ギプスまたは標準財団開発T字拘束具を介して補強する必要があります。
  • 指は中節骨の間にアクリル製の支持体によって互いに離された状態にします。

この文書の最新版の時点で、インターネット上には既知のSCP-4414の事例は無く、SCP-4414-Aに従事している個人の主張もありません。VALIHA.exeはSCP-4414への暴露を最小限に抑えるために無期限に実行されます。

説明: SCP-4414は2018年6月5日4:50UTCにて4Chanの/b/掲示板に投稿されたPNG画像であり、他の人気のある画像共有サイトを通じて素早く広められました。財団の現在進行中の努力にもかかわらず、この画像の作者は現在のところ不明ですが、北米に居住していると考えられています。個人がSCP-4414またはオブジェクトを直接参照してテキストを見た場合、80%の確率で彼らはSCP-4414-A (SCP-4414に描かれている行為)を実行しようとします。この確率は、1回目の曝露で少なくとも10秒間見続けた限り反復曝露によって増加します。その結果、SCP-4414および類似の画像に関する記述はすべて財団のデータベースから削除されました。

SCP-4414-Aは、自身の指を使ってスキンタッグ1を摘んで剥がす行為です。SCP-4414-Aのほとんどの症例は指に表面的な損傷を生じさせるのみですが、SCP-4414誘発症例の25%では、かなりの数の基底皮膚細胞が除去され、制御不能な失血によって自己終了するまで、曝露者は皮膚を剥離する結果となります。SCP-4414-A誘発症例では、その発生率は曝露者の95%にまで増加します。より明確に言えば、SCP-4414-Aを実行している個人を見ている人物は、95%の確率で自分の手によってそれを行います。個人が曝露した時点でスキンタッグを持っていない場合は、指先を噛む、引っ掻く、切ったりすることでスキンタッグを作ろうとします。この過程で、その個人は剥ぎ取った皮膚を糸状にし、無傷に保つために細心の注意を払います。皮膚はSCP-4414-A全体を通じて通常の速度で成長および再生し続けます。その結果、曝露した個人が自己終了するのに数週間かかる場合があります。

SCP-4414-Aを介して誘発された外傷であるにもかかわらず、曝露者はしばしばその行為を"官能的だ"、"興奮する"または"妙に満足感がある"'と表現しています。SCP-4414-Aの実行中に呻き声、笑い声を上げることで、近くにいる人の注意を引きつけます。曝露している間、個人はある程度の人格を保ちますが、SCP-4414-Aを実行したいという彼らの衝動はそれを"上書き"するようです(補遺4414.1を参照)。もし曝露した個人が彼らの知識に基づいてSCP-4414-Aを実行することを防げば、その個人はますます情緒不安定になり、苦痛の焦点は症例間によって大きく異なります。彼らはしばしば自己終了を試みることがあれば、自然にもっともらしい手段で異常な手段によって終了しようと試みることもあります。(補遺4414.1、インタビュー2参照)。

SCP-4414-Aを実際に目の前で、または写真/ビデオを介して見ると、個人はその認識災害効果に曝露します。制御不能な連鎖反応の可能性を考慮して、機動部隊シグマ-11は、周知の実例の捜索および収容を最優先事項であると見なしています。

SCP-4414またはSCP-4414-Aの認識災害効果に対して免疫があるのは、曝露時には生物学的な手を喪失していた個人のみです。その結果として、機動部隊シグマ-112は、曝露した個人のみを逮捕し、終了することが許可されています。

補遺 4414.1: インタビューログ: 2018年8月5日、機動部隊シグマ-11のエージェントは、ロサンゼルスのダンスクラブで曝露した30人の民間人を逮捕、拘束することに成功しました。そのうち25人は、現在の拘束技術が成功裏に実施される前に自己終了しました。残りは、後日サイト-59でSCP-4414主任研究員アダム・ヘクトによるインタビューを受けました。ヘクトはサイト-94での収容違反が発生した際に両腕を失いましたが、両腕は最新の義肢に交換され、サイト-59での財団の職務を続けられるようになりました。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。