SCP-4421
rating: +9+x
配属サイト サイト管理官 研究責任者 担当機動部隊
サイト-93 スタンレー・アーサー博士 フランコ・トネリエ博士 機動部隊ベータ-2 (“バイユー・ボーイズ”)

特別収容プロトコル
walkinstick.jpg

SCP-4421 アーカイブ画像

1983年1月3日現在、財団とLoI-504 (死想通りラ・リュー・マカーブラー)の指導者の間に結ばれた継続的な協定によって、SCP-4421は既に収容下にはありません。SCP-4421を再度収容する必要が生じた場合、LoI-504とその居住者に精通している機動部隊ベータ-2 (“バイユー・ボーイズ”)が回収活動を始めるべきです。

ニューオーリンズ及びグレーター・ルイジアナ地域の財団資産は、財団とLoI-504の継続的な“関係”について通達を受け、協定違反行為が行われていないかを監視するべきです。違反が確認された場合、当該職員は直接サイト-93司令部に連絡・報告するべきです。ニューオーリンズ地域、特にフレンチ・クオーターを中心とする異常な交通の出入りは、制約付きの要注意人物やレベル-3要注意団体関係者が移動していないかを監視する必要があります。

SCP-4421には当初GPS追跡装置が取り付けられていましたが、PoI-504-L (パパ・レグバ)への返却後間もなく機能を停止しました。最後に確認された所在地は、ルイジアナ州ニューオーリンズのフレンチ・クオーター地区にあるジャクソン広場でした。SCP-4421は現在もこの地域か、もしくはLoI-504の経路封鎖済ネクサスにあると仮定されます。


説明

SCP-4421は非常に凝った装飾が施された歩行杖であり、頂点部には数種類の異なる動物のうち1匹の姿が精緻に彫刻されています1。柄に沿って彫られた彫刻も変化することが確認されていますが、こちらは多くの場合、大西洋奴隷貿易の様々な情景を描いた図像となります。

杖本体はウェンジ2に似通った暗色の木材から手作業で彫られたように見えます。SCP-4421が生成する高レベルのアキヴァ放射によって、木材の試験はほとんど決定的な結果を得られなかったため、これはあくまでも有識者による仮説です。

上述したアキヴァ放射特性と、前所有者の性質を踏まえて、SCP-4421はクラス3宗教アーティファクトに分類されています。

発見

SCP-4421は1982年3月3日に回収されました。当時、財団の潜入工作員はルイジアナ地域司令部に対し、世界オカルト連合の排撃班がクラス3異常実体を無力化するためにニューオーリンズに派遣されたと警告しました。対立から予想される事後影響物の収容を支援するため、財団エージェントが動員されました。

MTF ベータ-2 (“バイユー・ボーイズ”) アルファ分隊は、この紛争の直接観察に派遣されました。

1982年3月21日、SCP-4421担当の研究責任者に宛てた1通の手紙がサイト-76で回収されました。

1982年4月21日、O5評議会はニューオーリンズ地域基地-93を、スタンレー・アーサー博士の指揮下で完全なサイトに改修することを命じました。フランコ・トネリエ博士は、SCP-4421の研究継続のため、SCP-4421と共にサイト-93へ移送されました。

補遺


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。