SCP-4445
rating: +10+x

アイテム番号: SCP-4445

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-4445はエリア-90のアイゼンハワー複合施設にある改装済の最大保安収容室に収容されています。SCP-4445は常に監視下に置き、正常な機能の継続を確認します。アイゼンハワー複合施設とSCP-4445の監督は現在、運用制御責任者のワイアット・アトウッド博士と、システム運用管理者のリア・ヴァンス博士が担当しています。

SCP-4445の収容室は技術者チームによって綿密に検査され、維持管理が行われます。これらの技術者の多くは財団外の民間組織や官業に務めており、SCP-4445の異常性を認識していません。このため、SCP-4445は専用の偽情報活動 — コードネーム “マクリーン・プロトコル” — によって、プロジェクト・ランスロット(有資格者をSCP-4445の保守作業に採用するために使われる財団の学術系フロント組織)が地球外鉱物サンプルのスペクトル分析に使用する機材として説明されます。

マクリーン・プロトコルに則り、SCP-4445割当の非財団職員は人事管理者によって監督され、各々の作業が機器の他領域に及ばず、何者もSCP-4445の機能の全体像を把握できない状態に保たれます。SCP-4445の真の性質に気付いた非財団職員は現地の記憶処理チームに拘留され、可能な限り早く作業に戻されます。

SCP-4445は数値945.2で安定したメロディア/ハルモニア共振近似値(M/HRAV)を維持するように設計されています。SCP-4445のM/HRAV出力の変動は珍しくありませんが、過剰な変動1は因果の揺らぎを引き起こす可能性があるため、しばしば財団の偽情報チームによる対処が必要となります。SCP-4445チームには機器の動作変動を比較的正確に予測する能力があるので、これらの変動が情報侵害に繋がる可能性は低くなっています。

運用を予期してはいないものの、SCP-4445のM/HRAV出力に劇的な変動が発生した場合の緊急プロトコルが用意されています。エリア-90緊急手順マニュアルで説明されているように、割当財団職員はヴァイスロイ・プロトコルおよびアルダーマン・プロトコルの双方に、レベル4研究者および監督者はイレヴン・オア・ビロウ・プロトコルに、それぞれ精通していなければいけません。

antennae.jpg

SCP-4445共鳴チューナー配列の一部。

説明: SCP-4445は、1959年6月にプロジェクト・フリートウッド・チームが構築した、調整済“アトウッド-ノリエガ”因果調和共振増幅装置です。SCP-4445は複数の強力な神秘的・奇跡論的要素を利用し、半径240,000km以上のメロディア/ハルモニア共振近似値力場を生成します。SCP-4445は音楽を構成する旋律と調和の因果的・概念的発現を強化するように設計されています。

SCP-4445は高さ約27.5mで、メロディア/ハルモニア共振の自然発生条件を模倣するように設計された多様かつ複雑な部品の配列で構成されます。エリア-90下部の地熱発電所から給電されており、SCP-4445出力変動の追跡用に設計されたM/H共鳴チューナーの配列に囲まれています。加えて、SCP-4445の地下およそ1kmに埋設され、周囲に一定間隔で配置されている一連の長いアンテナが、増幅装置の機械部品によって生成されるノイズを軽減しています。

補遺4445-1: トリニティ・ゼロとSCP-4445の開発 [改訂 2004/1/19]

補遺4445-2: アイザック・アトウッド博士著、“プロジェクト提言: フリートウッド — M/H共振に関する大規模破綻事象の一般的解析と再構築”の序文 [改訂 2004/1/19]

補遺4445-3: SCP-4445共振の変動による因果異常のログ [改訂 2004/1/19]

補遺4445-4: アイザック・アトウッド博士からクレオ・ビンガム博士へのメモ [新規改訂]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。