SCP-4452
rating: +11+x

倫理委員会のオフィスより

文書SCP-4452の完全な草案及び中身の審査


暫定的文書: 特別収容プロトコル

サイト管理官の承認

承認

倫理委員会の承認

否決

執筆者のメモ: このscpが描いたものには多くの可能性があり、有用な情報ワクチン/兵器の起源だ。私は木曜日までに数多のThaumiel指定申請書を送信するつもりだ、それにできるだけ早くこの草案を倫理委員会のデスクから入手したいと思っている。もし倫理委員会が反対した場合、我々はあれを代わりにEuclidに指定するだろう。

リビジョン: 1

アイテム番号: SCP-4452

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-4452は、標準的低危険度異常人間型保安手順に従って収容されており、それと関連する職員のためにプロトコル・ブラインドサイトが有効になっています。SCP-4452には、精神的能力が低下した若年者に適した快適性と栄養を提供し、軽度の鎮静剤(ロラゼパム2mgを1日2回の食事とともに投与)が投与されます。SCP-4452がひどく攻撃的または激越した場合は、ハロペリドール1mgが自動注入器によって緊急投与されます。

SCP-4452の日常的な維持管理と介護に割り当てられた職員1のために、ブラインドサイトでの安全対策が維持されるべきです。SCP-4452と視覚的に相互作用しなければならない研究員は、定期的にクラス3ヘルムズフォード-ザング情報ワクチンを接種し、ミーム的損傷の検査を日常的に受ける必要があります。

SCP-4452には画用紙のノートと様々な種類のワックスクレヨン1箱が提供されています。ノートが完全に埋まった場合、標準的即効情報災害検疫手順に従って、さらなる研究のために収集及び準備されます。

SCP-4452は、その頭蓋形成プレートがその穿孔部位の周りの頭蓋骨と十分な統合を達成するまで、脳感染の徴候について綿密にモニターされます。

説明: SCP-4452は11歳の若年男性です。SCP‐4452はインシデント4452‐A以前は異常な特性を示さず、全ての生理学的および心理学的観点において健康なヒトの子供でした。インシデント4452-Aの経過中に受けた兵器化された情報災害への曝露とその後の外傷性脳損傷のため、SCP-4452は現在、限られた言語能力、乏しい随意筋制御、及び極度の認知障害に苦しんでいます。SCP-4452は通常、財団職員の指示に動揺、混乱、易刺激性を伴って反応します。

不規則な間隔で、SCP-4452は、フェルトチップマーカー及びワックスクレヨンに対して好みを示し、容易に入手可能な媒体を用いて図画を作成しようとします。これらの図画の大部分は焦点が絞られておらず、抽象的な形状及び線であるものの、約5%は、1体又はそれ以上の人型の形状をした"棒線画"の描画を中心とした、首尾一貫した(粗雑ではあるが)模様及び子供のようなモチーフを描いています。これらの注目すべき図画は、観測者によって見られた場合、視覚的な情報災害または情報ワクチンのいずれかとして機能し、その効力は様々です。このような図画の一部を以下に記載しています。

目録4452-1: 選定されたSCP-4452によって生成された異常性を持った図画

画像の説明 観測者(複数) 効果(複数)
人型の棒線画が2体並んで配置されており、目の代わりに"x"のマークが付けられている Dクラス被験者1名 被験者は3分間画像を見た。さらに15分後、被験者は涙管の出血を経験した。被験者は頭蓋内に強い圧迫感を伴う激しい頭痛を訴えた。被験者は中等度の視力喪失になって、生存した。
人型の棒線画2体が腹臥位になり、目の代わりに"x"マークが付けられている Dクラス被験者1名 被験者は涙管の出血を経験するまで、2分間画像を見ていた。被験者は4.5時間に亘る激しい頭痛によって動けなかった。回復すると、被験者はその経験を"[彼の]頭がポンと破裂しそうだった"と表現した。被験者は中等度の視力喪失になって、生存した。
黄色で描画された不明瞭な形状2を保持する1体の人型の棒線画 Dクラス被験者1名 右のこめかみに限局した短時間の強い刺すような痛みを訴えるまで、被験者は5秒間画像を見ていた。被験者は、標準試験的情報災害に対して一時的に弱い耐性を獲得したことが判明し、これは、クラス1のヘルムズフォード-ザング情報ワクチンを接種した時とほぼ同等の効果である。被験者は何の副作用もなく生存した。
2体の人型の棒線画、顔は赤色で描かれた円によって隠されている Dクラス被験者3名 被験者らは、涙管の重度の出血及び破裂した脳動脈瘤を経験するまで、30秒間画像を見ていた。被験者らは生存しなかった。
1体の人型の棒線画、同心円状の青色の円で囲まれており、不明瞭な黄色の形状をしている Dクラス被験者1名 被験者は右のこめかみに突き刺すような痛みを伴う激しいめまいと広場恐怖症の感覚を訴えるまで、30秒間画像を見ていた。被験者は、標準試験的情報災害に対して一時的に中程度の耐性を獲得していることが判明し、これは、クラス2ヘルムズフォード-ザング情報ワクチンを接種した時とほぼ同等の効果である。被験者は副作用もなく生存した。

SCP‐4452により描かれた画像とインシデント4452‐Aの状況の両方の類似性から判断して、SCP‐4452により維持された自傷脳損傷は、兵器化された情報災害への曝露に対する粗雑な緊急処置として機能したと仮定されています。正確な作用機序は不明であり、有害物質が典型的な致死作用をもたらし、脳構造を破壊したものの、異常なペイロードは無傷のままでした。

SCP-4452は災害効果と保護効果の両方を有する画像を生成することができるため、SCP-4452はミーム異常に対してある程度の制御が持続可能であるとさらに推測されています。ロラゼパムを用いた軽度の鎮静は、SCP-4452を研究者とより協力しやすくするためにある程度有効であることが証明されていますが、これまでのところ、財団職員との協力関係が全般的に欠如しているため、この仮説を徹底的に検証することは困難であると考えられています。

インシデント記録4452-A: 2021/07/27にてSCP-4452を確保

山岳部標準時16:43にて、ロッキー山脈にあるカオス・インサージェンシーが使用していることで知られる通信路で、暗号化された会話が急増したため、財団は厳戒態勢に入りました。22分後、コロラド州ブライトンの町の警察無線より、市街住宅にて"騒動"が起きたという近隣住民からの通報を受け、救急隊員と警察の大規模な死傷者を出したことを報告しました。注目すべきこととして、何発か発砲していたという報告はありませんでした。機動部隊-Γ-4は、住宅に派遣され、8分以内に到着しました。

機動部隊-Γ-4は、この地域から逃亡してきた4人の既知のカオス・インサージェンシー情報災害テロ工作員を観測し、その全員はターミネイト-オン-サイトの人物調査書に記載されていました。短い銃撃戦の末、CIの工作員らはその場で殺害されました。財団機動部隊に死傷者は出ませんでした。

住宅の中に入ると、機動部隊-Γ-4は入口付近で10人の死亡した救急隊員と警官に遭遇し、全員が目から大量の出血が発生していました。この住宅の家主が台所で同じように死んでいるところを発見しました。地下へと移動したところ、SCP-4452が毛布の下に隠れていたところを発見し、昏睡状態になっており、コードレス電気ドリルのハンドルを握り、直径1/4インチの小片がチャックに噛み合っていました。現場を徹底的に分析した結果、SCP-4452はカオス・インサージェンシーの情報兵器に攻撃を受けた直後に、ドリルを使って頭蓋骨に穴を開けたと推測されています。

財団脳神経外科医による救命処置は成功し、自己穿孔部位にプレートを移植するために頭蓋形成術が実施されました。SCP‐4452は医学的に安定しており、長期生存の予後は良好です。しかしながら、有意な認知機能を回復する可能性は非常に低いです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。