SCP-4463
rating: +7+x

Aklais_mire.jpg

SCP-4463

アイテム番号: SCP-4463

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 財団地質調査員・耕作地学者を影響区域に派遣し、データとサンプルの収集を行ってください。

SCP-4463の効果半径内に極めて接近した人口密集地域には、財団が進行中のイベントの公的説明を流布します。その内容は水地理学的原因(農村推奨)かインフラ不全(都市推奨)としてください。この情報工作の際、オブジェクトの水が消費・使用に合わないものであるということを強調してください。

機動部隊タウ-29("宗教体系")は水の侵入を阻止するため、それに先んじて情報工作下にある現地の耕作地を補強し、農業生産の継続を確保してください。

説明: SCP-4463は混合的水性空間アノマリーであり、アリゾナ州に有るアメリカのアリゾナ州・テキサス州・ニューメキシコ州とメキシコのコワウイラ州・ソノーラ州・チワワ州に有るチワワ砂漠の一部に影響を及ぼしています。SCP-4463は、砂漠の広範な区域が湿地に変化した原因だと考えられています。現在の拡大速度を基にしたモデル計算によると、SCP-4463は50年以内に北アメリカ大陸を水没させます。

1990年から、アリゾナ州南東の砂漠化が2 km2/月の割合で始まりました。砂漠化の速度は2008年まで毎年0.5%ずつ上昇していき、その時点で、おおよそ1200 km2の耕作地が正常に植生できなくなりました。1この段階で、アリゾナ州政府はこの現象を環境災害であると見なし、砂漠化の逆転案を試みました。これは、2006年11月に始まった、ツーソン近辺のパスクア・ヤキ族たちによる集団抗議に対する反応でもありました。

2008年8月の間に、乾燥表土の全表面積のうちおおよそ60%が、未知の異常作用によって水に変化し始めました。原因たりうる降水量は確認されていません。この文章が書かれている時点では、45%の砂漠化地帯が泥沼2に変化し、人間や野生生物の当地での居住を困難あるいは不可能にしています。この結果による異常な植物相は観測されていません。

化学分析によれば、SCP-4463が生成した水は、多量のプロパント3を含有しており、既知の水圧破砕剤4と同じ組成をしています。この観測量の化学物質は、生物に多大な悪影響を及ぼします。


補遺



1. 実地インタビュー: PoI4463-1


2. インシデント4463-2
████/██/██。SCP-4463を起源とする水の表面に見られる反射像に、視覚アノマリーが含まれることが記録されました。表面上の空の反射像には、明らかに月の静止した複製が含まれています。視覚アノマリーは日時と無関係で、季節の変動に従わないようです。この現象は研究室では再現できていません。

反射されている物質は現在、通常の月の外形の200%の規模であり、表面は大幅に暗くなっています。既知の位相幾何学的特徴についての比較分析によれば、月裏側の像と反射像は先述の点を除いて同一です。

3. インシデント4463-3
████/██/██。PoI-4463-1と識別される(補遺1を参照)人物が、SCP-4463によって生成された水の中を歩いて行くのを、財団駐留研究員が観測しました。この水はPoI-4463-1が住んでいる放棄された町に隣接しており、面積が1.5エーカー、深さが4.5メートルで、以前の調査では異常性を有していませんでした。更新: イベント後の調査でも調査結果に変化は有りませんでした。

報告によれば、PoI-4463-1は全裸で精神に異常をきたしており、当初意思疎通の試みに反応しませんでした。職員によって当人は回収され、近辺の研究駐屯地で回復処置を受け、インタビューが行なわれました。内容は以下の通りです。



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。