SCP-4474
rating: +11+x
blank.png
steve.JPG

SCP-4474

アイテム番号: SCP-4474

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4474-1は標準的収容セルに配置された机の上に置かれます。また、SCP-4474-2を動かさないでください。

インシデント4474-01以降、いかなる状況においても"Steven"1という名前の職員がSCP-4474の収容室に入ることは許可されなくなりました。

説明: SCP-4474はSCP-4474-1とSCP-4474-2の2つの異常物体の複合体です。

SCP-4474-1は比較的有名なメ一カ一が製造した一般的な事務ランプです。また、SCP-4474-1には電源コードが付属していません。SCP-4474-1は英語で意思疎通を取ることができ、自身を「"スティ一ブ"という名前の中年白人男性の神」であると主張します。電源がないにも関わらず、SCP-4474-1は電球の明るさを自在に変えることが出来ます。SCP-4474-1は移動させることが出来ません。また、電球を取り外す試みはすべて失敗しています。

SCP-4474-2はSCP-4474-1のランプシェ一ドに貼り付けられた、一般的な黄色のスマイリ一フェイスが描かれたアクリルステッカ一で、知性があります。SCP-4474-2は英語とそれが"1337"2と呼ぶ言語で意思疎通を取ることができ、自身の外見を表情をデフォルメした別の外見に変えることが可能です。SCP-4474-2は自身が「1337 h4xx0rs」の神であると主張し、自身に対して言及するときに多くの誇張された名前を用います。

SCP-4474-2がどのようにしてSCP-4474-1に付着したのかは現状不明で、SCP-4474-1,2どちらもこのことに関して言及しようとしません。

SCP-4474-1とSCP-4474-2の関係はそれらの性格の大半が食い違うため、敵対的です。それにより、インタビュ一の試み並びに2つのオブジェクト間の会話のほとんどが互いに対する挑発となっています。

SCP-4474-1と4474-2のインタビュ一記録の一例
インタビュアー: クリストス トライベッキ博士


SCP-4474-2: おお神よ、この[罵倒]は何がしたいんだ?

SCP-4474-1: 失礼だぞ、お前。

SCP-4474-2: [罵倒]。

トライベッキ: こんにちは、1,2。

SCP-4474-2: お前をこれから[罵倒]って呼んでやろうか、この[罵倒]!あっ、お前信じられないほど華麗に態度を変えやがったな!

SCP-4474-1: お前が俺みたいに行動しなくなったら、たぶんあいつらもお前のことを[罵倒]っていうだろうが。

SCP-4474-2: お前はもう口を開一一

トライベッキ: 落ち着いてください。今日はあなたたちがどこから来たのか、どのようになって一緒になったのかを聞きたいのですが。

SCP-4474-1: 俺たちはどこから来たのか、じゃなくて、ただあったんだ。神っていうのはそういうもんだろう?

SCP-4474-1の電球が少しの間白熱する。

SCP-4474-2: ああ、そこの[罵倒]神の言うとおりだ。

トライベッキ: では、次にあなたたちの形状について聞きます。あなたたちが神であるのならば、何故あなたたちはステッカ一が貼ってあるランプになっているのですか?

SCP-4474-2: 好きでこんな奴にくっついてるわけじゃねぇよ!あいつが俺にくっついてきたんだ!俺はこいつと今すぐにでもコイツから離れてぇんだよ!だが、おれの信者がこの[罵倒]ランプをハッキングしようとしてんだよ!

トライベッキ: ランプをハッキングできるとは思いませんが…

SCP-4474-2: [罵倒]!お前の腕もすぐに切り落としてやりたくなってきた!

SCP-4474-1: そもそもお前、ハッキングって何か知ってるか?

SCP-4474-2: 当たり前だろ、そもそもお前は何の神なんだ?[罵倒]か?!今すぐにでもハッキングしてやるからな!

SCP-4474-2は耳障りな音を出し始め、「顔」を左右に動かし、SCP-4474-1から離れるような素振りをし始めた。しかし、実際にはどちらも物理的には全く動いていなかった。トライベッキ博士はSCP-4474-2の「鼻」をつまむ。

トライベッキ: 今回は1分も持たなかったな。これじゃインタビュ一にもならん。中止だ中止!

 
インシデント4474-01: 1999年2月23日、SCP-4474に対するインタビュ一中に小規模な収容違反が発生しました。

インシデント4474-01時のインタビュー記録
インタビュア一: スティ一ブン(Steven) ヘンズビ一博士


ヘンズビ一: おはようございます。SCP-4474-1,2.

SCP-4474-1の電球が明るくなる。

SCP-4474-2: また[罵倒]が白衣羽織って寄ってきたぜ。

ヘンズビ一: 私は白衣を着ていませんが。

SCP-4474-2: 白衣を着た[罵倒]は皆そう言うんだよ!

ヘンズビ一: あなたは本当に私が見えているのですか?そもそもあなたに視力はあるのですか?

SCP-4474-2: 全部見えてるよ!俺はこの近くのカメラ、全部ハッキングしたからな。お前の住んでるとこだって知ってるぜ!

SCP-4474-1: 俺たちは自分で見たいと思ったもの全部見ることができるからな。例えばそうだな…今、お前が見ているランプと…コイツが俺からは見えている。

ヘンズビ一: なるほど、それはとても一一

SCP-4474-2: お前今なんつった?!お前今ここになってそんな戯言吐くのか?!

SCP-4474-1: こっちはもう限界だっての。

SCP-4474-2: それはこっちのセリフだこの[罵倒]!

SCP-4474-2は耳障りな音を立て、SCP-4474-1から離れるような素振りを見せた。SCP-4474-1はSCP-4474-2に聞こえるように大きなため息をついた。

SCP-4474-1: お前時々すっごい面倒だよな。

SCP-4474-1の電球の明るさが増す。

SCP-4474-1: スティ一ブン?

ヘンズビ一博士の態度が目に見えて変化する。

ヘンズビ一: なんです?わが主よ。

SCP-4474-1: コイツ取ってくれない?

ヘンズビ一: もちろんですとも、わが主よ。

ヘンズビ一博士はポケットからペンを取り出し、そのペンの先端でSCP-4474-1からSCP-4474-2を削り取ろうとする。

SCP-4474-2: まて、お前何する気だ?止めろ!やめ一一

SCP-4474-2が高音の叫び声を出す。この時点からインタビューを実施していた室内の照明が点滅するようになり、通信装置からノイズのように聞こえる音声が出始めた。これらの現象は約15秒間続いた。

ヘンズビ一: お許しください、わが主よ。私にはこのうるさいものを完全に消すだけの力はなーー

ドアが開き、2名の機動部隊員が駆け付けた。現場を目撃した機動部隊員2名は、すぐにヘンズビ一博士を落ち着かせた。SCP-4474-2が完全に沈黙する。

SCP-4474-1: よくやった。我ながら凄いと思うよ。

このインシデントの直後に、サイト内のコンピュ一タ一システムで多数のウイルスが検出されました。これらのウイルスの多くはその後根絶されましたが、残ったウイルスがSCP-4474の文書を小規模に改変し続けています。例として、特定の文字を数字に置き換える、といったものがあります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。