SCP-4574

rating: +11+x
blank.png
domainofbrothers.jpg

SCP-4574の洞窟の一角。

アイテム番号: SCP-4574

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4574がいる洞窟の周辺の土地は買収され、遺跡の発掘調査現場に偽装されています。警備員はSCP-4574の洞窟の周囲に境界線を維持し、全ての侵入者を追い返し、必要に応じて記憶処理します。

説明: SCP-4574は自律活動する原始的な槍、手斧、棍棒、投槍の集塊2体の総称であり、どちらの個体もスミロドンの形状をしています。

SCP-4574はどちらも雄らしく、大柄な個体がSCP-4574-Aに、小柄な個体がSCP-4574-Bに指定されています。SCP-4574を構成する武器はいずれも同じような職人の技能で手作りされた物で、その多くは羽、革紐、彫刻、染料で装飾されています。これらの武器の大多数(~80%)は組成が類似しており、総じて紀元前13,000年頃まで由来を遡ることができます。その他の構成要素はメソアメリカ文明の様々な黒曜石製の武器、マスケット銃2丁、スペイン風の剣1振りです。

SCP-4574はメキシコのキンターナ・ロー州にある、一部が水没した広大な洞窟に棲息しています。洞窟の水没していない部分には、SCP-4574の槍の作成と同時期に描かれた壁画が並んでいます。

SCP-4574は2体1組で洞窟を警備します。侵入者が進んで攻撃してくるか、洞窟壁画に触れようとしない限り、SCP-4574は侵入者を襲いません。平時のSCP-4574は比較的従順です。SCP-4574はお互いに不明瞭な言語を使って意思疎通し、一般的なネコ科生物を遥かに超えた知性を示します。

洞窟壁画:
以下のリストは、洞窟の入口に最も近い壁画から、描かれている順番に並べられています。

# 説明
01-06 一般的な人間の大集団を表す絵が黒で描かれている。続く数点の壁画には、人々が釣り、火熾し、睡眠などの平凡な日常生活を送る様子が描かれている。
07 1組の家族と、恐らくは2人の子供の誕生を示している描写。
08-11 2人の子供が人生の様々な段階を経て、成年に達し、槍を授かるまでが描かれている。
12-15 兄弟は部族を攻撃する巨大なスミロドンを狩ろうとしている。弟はスミロドンに襲われ、兄に助けられるが、兄は重傷を負う。兄弟は最終的にスミロドンを殺す。
16 負傷した兄は自らの槍を手放し、部族の中で何らかの宗教的な役割、もしくはシャーマンになっている。
17 別な部族または集団が赤で描かれている。
18-20 2つの集団が争う描写。
21 槍をまだ持っている弟が、兄を守ろうとして殺される。
22 この壁画は一部が腐食している。残りの部分には、生き残った兄を囲む象徴的な炎の輪が描かれている。
23 2人分の骸骨が隣り合わせに埋葬されている。人々が埋葬地に向かって槍を投げている。

これ以降の壁画は腐食で失われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。