SCP-4612
rating: +6+x
House.jpg

エッカート屋敷

特別収容プロトコル: SCP-4612の移送は非常に困難であるため、有刺鉄線柵による境界が暫定サイト-91の周囲に設けられています。このサイトはイギリス、ヨークシャーにある改装された18世紀の邸宅で、一般には“エッカート屋敷”と呼称されています。暫定サイト-91で発見された無許可の人物は全て尋問し、要注意団体アルファ-019(“蛇の手”)との潜在的な繋がりを探ります。蛇の手の構成員は倫理委員会によって処理されます。

SCP-4612-Bは現時点で収容されておらず、行方不明です。財団ウェブクローラ I/O METATRONが全てのソーシャルメディアとインターネット上の投稿を精査し、SCP-4612-Bの描写と一致する存在への言及を検出します。SCP-4612-Bの目撃情報は機動部隊ベータ-777(“ヘカテーの槍”)に通知されます。

説明: SCP-4612は関連する2つの異常存在を指します。SCP-4612-Aはナメクジに類似する巨大な無脊椎動物の死骸であり、弾性のある白い半透明の肉で構成されています。推定死亡時期から数世紀が経過しているにも拘らず、この死骸は腐敗の兆候を示しません。死骸は長さ10m、幅1mで、石造りの祭壇の上に横たえられています。死骸の構造には長さ3mのヒトの腕に似た部位が6本含まれます。それぞれの腕の先端には、10本の指を備え、掌に結晶構造が埋め込まれた手があります。柔軟なヒレがSCP-4612-Aの身体に沿って生えています。

SCP-4612-Aの下側は死後に縦方向に切開されています。死骸の血液は明るい青色で、凝固しません。SCP-4612-Aは大量のアキヴァ放射線1を放出します。死骸は発見以来、未知の理由によって、放射線量を着実に増大させています。

SCP-4612-Aは暫定サイト-91の地下構造に収容されています。地下室へのドアはエッカート邸の外にあり、ワインセラーの下にある地下構造に繋がっています。ドアには奇跡論的な象形文字が刻まれており、かつては視認者に入口の存在を無視させる軽度の認識災害効果がありました。

地下構造は石材で構成されていますが、その多くは焦げ、熱によって歪んでいます。未知の奇跡論的目的を持つ楔形文字が、多くの石材の表面に刻まれています。

SCP-4612-Bは平均的な体格をした身長1.75mのヒト型実体であり、目は明るい青色に輝いています。SCP-4612-Bは熱エネルギーを操作する能力と、その身長や体格から予想されるものを大幅に上回る異常な膂力を実証しています。双方の種が異なるにも拘らず、SCP-4612-BはSCP-4612-Aを父親と呼んでいます。事案4612-1を参照してください。


blue.jpg

SCP-4612-Aが収容されている地下構造の入口。

発見:
SCP-4612-Aは1986年12月19日、蛇の手の既知の構成員(POI-39978Kと指定)を監視していた財団エージェントが、対象を尾行してエッカート屋敷の敷地に入った時に発見されました。エージェントたちはPOI-39978Kが未知の奇跡論儀式を実行し、SCP-4612-Aを収容している地下構造のドアに入るのを観察しました。エージェントたちは後を追い、POI-39978KがSCP-4612-Aの前に跪いてすすり泣いているのを目撃しました。SCP-4612-Aを見た財団エージェントたちはPOI-39978Kを拘留し、増援を要請しました。

機動部隊ベータ-777がサイト-06-03から動員され、財団エージェントが異常存在を報告した約8時間後に到着しました。MTF-ベータ-777は奇跡論対策に特化した訓練を受けており、常に最低2名のクラスA奇跡術師が配属されています。機動部隊には上席研究員であり、レベル3の精神測定能力者サイコメトリスト2でもあるエージェント リベカ・ダグラスが同行しました。

現場の調査でSCP-4612-Aの死骸以外の明確な異常物は確認されませんでした。年齢の様々な人間男性23人分の死体がSCP-4612-Aの周囲で発見されました。殆どの死体は顕著に乾燥し、焼け焦げ、骨格が一部焼却されていました。幾つかの死体は鈍的外傷によって四肢が断裂していました。エージェント ダグラスは現場にある全ての人間の死体から多大な心的外傷を検出しました。


Eckhart.jpg

ウィリアム・ヘンリー・エッカート、流星落下事件で行方不明になる約1年前。

歴史的文脈

POI-39978Kが言及した人物は、エッカート屋敷の最初の所有者/主人だったウィリアム・ヘンリー・エッカートと思われます。エッカートは複数のオカルト結社で活発に活動し、自宅でそれらの結社の定期会合を開いていました。

エッカートは鉄と銅の採掘で財を築きました。地元の歴史家は、エッカートが産業革命に向かって急成長する運動に投資していたと理論付けています。

ヨークシャー歴史協会の記録によると、1779年9月17日の夜、“流星の落下”がエッカート屋敷に甚大な被害を及ぼしました。現在の建造物にこの事件と一致する損傷は残っていません。エッカートは同日の朝、書斎に入るのを使用人から目撃されたのを最後に失踪し、事件後に死亡したものと見做されました。地下構造やSCP-4612-Aは歴史的記録で言及されていません。地元の伝承では、流星が落下した後、身体が炎で構成された男が屋敷跡から歩き去る様子が目撃されたと語られています5


以下のエッカート名義の手紙は、蛇の手の拠点を襲撃した際に回収されたものです。SCP-4612との関連性は、襲撃で取得された文書の完全な目録化が完了するまで明確になっていませんでした。


SCP-4612-Aの検査
SCP-4612-Aを動かす試みは成功していません。死骸は大まかな検査での予想を遥かに上回る密度を示しており、重量は26,000kg以上と推計されています。死骸が横たえられている祭壇は、構造的完全性を損なわずに死骸の重量を支える能力に鑑みて異常物と判断されています。ヴァルガ博士は、死骸を移動する試みは現地で直接実験を行うのに比べて費用対効果が薄いと判断しました。これに従い、暫定サイト-91が設立されました。

SCP-4612-Aについて物理試験で得られた情報の不足に鑑み、エージェント ダグラスは精神測定能力で死骸をスキャンする提言をヴァルガ博士に提出しました。


エージェント ダグラスは回復に5週間を費やしました。この間、彼女はめったに意識を取り戻しませんでした。ダグラスが倒れた36日後、SCP-4612-Bに似た人物が彼女の病室に入るのが監視映像に捉えられました。保安職員が動員され、ダグラスの病室に派遣されましたが、SCP-4612-Bの痕跡は残っていませんでした。保安職員がエージェント ダグラスに接近した際、彼女は明瞭な意識を保っていましたが、鼻梁のすぐ上にあたる額部分に親指の指紋が残されていました。医療職員はダグラスの皮膚からこの指紋を除去できませんでした。

聞き取り調査で、ダグラスは保安職員の到着前にSCP-4612-Bと交わした会話の内容を詳述するように求められました。ダグラスは、彼女が単なる捜査を行っていただけなのが唯一の生かされている理由だとSCP-4612-Bが主張したと報告しました。加えて、エージェント ダグラスは彼女の精神測定能力に多大な干渉が及ぼされており、“エッカートは理由があって死んだ”という文言の繰り返し以外には何も検出できないと主張しました。


SCP-4612-Bの捜索は現在進行中です。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。