SCP-4613
rating: +7+x
SCP-4613-1.jpg

無関係なイベント中のSCP-4613-1。

アイテム番号: SCP-4613

特別収容プロトコル: MTFオメガ-17("雨の中の涙")は、ソーシャルメディアのスクレイピングソフトウェアを使用してSCP-4613の発生場所を特定することになっています。SCP-4613イベントに関連するあらゆるソーシャルメディアの投稿は、アーカイブされ、直ちに削除されます。

SCP-4613イベントが検出されると、イベントが発生しているエリアでの携帯電話およびインターネットサービスが停止されます。約4時間後、この停止はSCP-4613プロジェクト責任者の判断で解除することが可能です。

SCP-4613プロジェクト責任者は、SCP-4613イベントが行われる場所に立ち入ろうとする個人の入場を承認しなければなりません。いかなる状況においても、財団職員はSCP-4613被害者と直接接触することは許されていません。

更新: SCP-4613を含むテストは、これらの収容プロトコルの更新が行われるまで、あらゆる状況下においても中断されます1

説明: SCP-4613は、エドワード・ジェームズ・オルモス2(以下SCP-4613-1と呼称)が間もなく被害者の占有する場所に到着するという信念に基づく共有妄想です。SCP-4613被害者は、"エドワード・ジェームズ・オルモスが向かってきている"という言葉を使うことで、同じ場所にいる他の人々とこの妄想を共有することができます。

SCP-4613は約3時間持続し、その後、この妄想の発信者は他の影響を受けた人々にその出来事がデマであることを納得させます。二次被害者は、効果の発生源から離れると、イベント終了後にSCP-4613の記憶を失います。

SCP-4613イベントは、一般的に特定の基準を満たす個人に起因して発生するものです。これには、SCP-4613-1の氏名の知識(およびSCP-4613-1が監督または出演した少なくとも1つの作品に精通していること)および音声コミュニケーション能力が含まれます。

SCP-4613の発信者は、SCP-4613-1が主演する作品を他の人々に知らせることをしばしば試みます。二次被害者の大多数は、SCP-4613-1についてこれまでほとんど、あるいは全く知らなかったとしても、SCP-4613-1に出会うことを期待して興奮することとなります。ただし、これにより、SCP-4613の影響を受けた場所から個人が離れることを不可能にすることはありません。

SCP-4613の自己消散性により、SCP-4613がどれくらいの期間存在していたかを判断することは困難です。SCP-4613は、他のプロジェクトで使用されている自動化されたソーシャルメディアのスクレイピングソフトウェアによって初めて検出されました。SCP-4613を宣伝するソーシャルメディアの投稿は、他の人物をイベントに引き付けることができ、イベントが終了した後も継続します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。