SCP-4696
rating: +11+x
TheGronkColor.jpg

POI-4696-1の寝室のおもちゃ箱で発見されたSCP-4696のポラロイド写真。

アイテム番号: SCP-4696

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 実験中以外のSCP-4696は安全保管庫4K-34Sに収容しなければいけません。実験はエドルストン主任研究員の承認を受け、少なくとも1名の保安スタッフの監督下で実施しなければいけません。

説明: SCP-4696は大きな、奇妙な形状のゴリラに似た動物のぬいぐるみです。現在は身長73cm、重量3kgです。内部検査によって、ぬいぐるみ玩具に典型的な各種の詰め物で構成されていることが判明しています。SCP-4696の外面には経年劣化、裂け目、詰め物の過充填による膨張の痕跡が見られます。SCP-4696から識別タグや製造元を示すラベルは見つかっていません。

異常性は他の動物ぬいぐるみの半径1m以内に配置されると発現します。この条件が満たされると、SCP-4696と近傍にあるぬいぐるみ(以下SCP-4696-1と指定)の両方が自我と感覚の兆候を示し始めます。

SCP-4696は例外無くSCP-4696-1実例を破壊しようと試み、成功した場合は、犠牲者から詰め物を取り除いて自身の質量に追加します。SCP-4696とSCP-4696-1はどちらも発声できませんが、SCP-4696-1はSCP-4696を非常に恐れている様子が確認できます。

SCP-4696は、YouTubeアカウント“ジェイミーの動物トーナメント”1にアップロードされた動画が、オンライン検索によってフラグ付けされた後に発見されました。

事案-4696-A: SCP-4696は、カーニバルでクマのぬいぐるみを攻撃する様子がFacebookのライブ配信に捉えられた後に収容されました。収容チームが現場へ向かうよう指示され、無力化されたSCP-4696-1実例の横で、SCP-4696が不活性化しているのを発見しました。ライブ配信は検閲され、一連の事件は新しい玩具のバイラル・マーケティングを意図したスタントであったとするカバーストーリーが流布されました。事件の信憑性をさらに曖昧にするため、目撃者はインタビュー後に記憶処理されました。


SCP-4696実験ログ

実験4696/01
状態 SCP-4696は実験チャンバー内で、シマウマのぬいぐるみから3m離れた場所に配置される。
結果 SCP-4696は3分間不活性状態に留まった後、素早く頭部を動かしてシマウマのぬいぐるみに向き合う。攻撃的な所作は見られず。

実験4696/02
状態 SCP-4696は実験チャンバー内で、シマウマのぬいぐるみから1m離れた場所に配置される。
結果 SCP-4696は立ち上がり、SCP-4696-1実例となったシマウマに接近する。SCP-4696-1は動き始め、自らの目を覆う。SCP-4696はSCP-4696-1の脚を掴み、微かに生地の断裂音が聞こえる中、両脚を広げてゆっくりと半分に裂き始める。SCP-4696-1は苦しげにもがく様子を見せるが、詰め物の大部分が落下した後に動かなくなったようである。SCP-4696は落下した詰め物を自らの腕に2分間押し込んだ後、実験チャンバーの床に倒れる。

実験4696/03
状態 SCP-4696は実験チャンバー内で、“マックス・スティール”アクションフィギュアから1m離れた場所に配置される。
結果 SCP-4696は立ち上がり、アクションフィギュアに接近する。アクションフィギュアは動かない。暫くして、SCP-4696はフィギュアを“嗅ぐ”様子を見せた後、“咆哮”する身振りをする。SCP-4696はアクションフィギュアを押し退け、座り込んでから倒れる。

実験4696/05
状態 SCP-4696は実験チャンバー内で、“キャベッジ・パッチ・キッズ”人形から1m離れた場所に配置される。
結果 SCP-4696は立ち上がり、SCP-4696-1実例となった人形に接近する。SCP-4696-1は床の上で身動きしている。SCP-4696は最近の詰め込み行為で伸長した左脚を引きずっているのが伺える。SCP-4696-1は顔を背けているため、すぐ傍にSCP-4696が立っているのに気付いていない。SCP-4696-1は自らの手足を調べる様子を見せた後、最終的にSCP-4696の存在に気付く。SCP-4696-1は怯えながら後ずさりし、SCP-4696はゆっくりと互いの距離を詰める。SCP-4696-1は収容チャンバーの後壁にぶつかった後、胸倉を掴まれる。SCP-4696は手をSCP-4696-1の腹部に突き入れて、大きな一塊の詰め物を引きずり出し、それをSCP-4696-1の口に押し込む2。SCP-4696-1は苦しげに動き、SCP-4696を止めようともがいて顔を叩く。SCP-4696は身動きを止め、10秒間SCP-4696-1を睨み付けた後、SCP-4696-1のプラスチック成型された顔面を殴って穴を開ける。SCP-4696-1は床に倒れ、詰め物の塊で息を詰まらせる様子を見せながら腹部を押さえている。SCP-4696はSCP-4696-1の背中を蹴り飛ばした後、詰め物を引き出して自らの口の近くにある穴に押し込む。SCP-4696とSCP-4696-1は両方とも7分後に異常行動を停止する。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。