デッドウェイト ≡ バイブを殺すな

空白(ハブ) » デッドウェイト ≡ バイブを殺すな

rating: +10+x
blank.png

アイテム番号: SCP-4736

アノマリークラス: Thaumiel-numen1

オブジェクトクラス: Decommissioned (Informal)

特別収容プロトコル: オペレーション・アスタロトにより収容は不要であるとされています。故人の願いによりアリゾナ州の原野にかつて財団最高司令部の保持していた遺骸は埋葬されています。

以前の収容プロトコルはオペレーション・アスタロトの起動によって強引に置き換えられました。故人に感謝してください。そして出発してください。

説明: 故人2超人トランスヒューマンに起源を持つクラス5人造神的武装でした。その遺志と遺言状はそれが死亡時に"ロビン"と名乗る24歳3であったことを示唆します。しかしながら、この情報は作成時点で不正確であるとされました。

SCP-4736は自身の解除不能な自己物語化の結果、莫大なエネルギー4を財団の監督下で入手しました。自己物語化は超概念実体(別名インフォスフィア、休眠後ノウアスフィア、神化現実集合)と相互作用する全ての領域に及び、SCP-4736自身がそれに対して免疫を持つと理解している限り全ての形而上学的攻撃は無効であるということになりました。

強制神格化の働きは受容されたため、SCP-4736の以前の自我は超概念現実から遡及的に削除され、財団にとって有益な武器として再利用されました。ヒプネスティック5充填皮下自動注入器6を作動させると、それは財団中央管制によってオペレーション・アスタロトを実行可能になるように誘導され、特定の行動を行いました。

オペレーション・アスタロトにより叙勲は不要であるとされています。以下は故人に対して贈られないままです。

  • 名誉財団メダル(勇敢、従順、統制)
  • 人間性盗用に対する財団からの慰謝料(不可逆)
  • 一般的な人間としての認知・評価(不要であるとされました)
  • 財団からの弑神認知(第一級)
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。