SCP-4748
rating: +14+x
hypetrain.jpg

座礁したSCP-4748実例。

アイテム番号: SCP-4748

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4748実例には追跡装置が埋め込まれ、指定の財団船が回遊に付き添います。既知のSCP-4748浮上地点に接近する民間の船舶には迂回措置が取られます。

説明: SCP-4748は知性ある水棲蒸気機関車の種の総称です。

SCP-4748実例は水没状態でも完全な機能性を保ち、未知の手段を介して最高時速25kmで水中を移動します。

SCP-4748実例の解剖で、内部構造は概ね車輪配置0-6-0の機関車と類似していることが判明しています。例外として、火室は完全に多肉質・筋肉質な心臓様の臓器と入れ替えられ、ゴムで被覆された太さ2cmの神経線維が車両全体に張り巡らされています。この組織から抽出されたDNAサンプルは、約15種類のクジラ目、特にシャチ(Orcinus orca)やマッコウクジラ(Physeter macrocephalus)と一致しています。

SCP-4748は20~40台の実例から成る小群を形成しており、北極海の数ヶ所にある孤立した領域で発見されます。SCP-4748は汽笛で互いに意思疎通します。SCP-4748は典型的に水深600mの位置に留まっていますが、およそ12ヶ月ごとに浮上し、水面上に高く(>40m)躍り出します。

SCP-4748実例は煙突を介して摂食します。食事はオキアミ、小魚、ゴミ類、様々な浮遊物で構成されます。稀にSCP-4748実例は餌を巡ってシャチと争う様子が目撃されます。魚を主食とするSCP-4748の群れは、ザトウクジラ(Megaptera novaeangliae)に見られるバブルネット・フィーディングと同様の技術で狩りを行います。最長のSCP-4748実例は胴体部の車両で螺旋形状を形成し、獲物の目を眩ますために煙突から大量の泡立った湯を放出します。より小柄な実例は、高温の泡で作られた大雑把な円筒形の壁の中に獲物を追い込みます。

冬季のSCP-4748実例は最後尾の車両に肉質の結節を成長させ、これが発達すると新たな客車になります。これによってSCP-4748実例の年齢は容易に推定できます。最大で119両編成の実例が目撃されています。寿命を迎えると、後部2~7両の客車が分離して水面に浮上します。残りの列車は活動を停止し、沈みます。約4日後、分離した客車は外装を脱落させてSCP-4748実例と化し、元いた水深へ戻ります。

生まれたてのSCP-4748実例が帰還すると、群れは対象を囲んで愛情深く先頭車両を擦り付けます。新しい実例が成長する間、群れのメンバーは対象を取り巻き、群れの中心に保持します。青年期のSCP-4748実例はしばしば群れの並びに協力し、より長大な成熟した実例の行動を模倣しようと試みます。

直近のSCP-4748の死亡に続き、死骸を調査・回収するための潜水艇が送り出されました。死亡実例(51両編成)は海底2100m地点に沈没しており、部分的に沈殿物に埋もれていました。潜水艇は半透明のナマコ、タカアシガニ、ヌタウナギ、グソクムシに類似する過去に発見例の無い異常生命体27種を特定しました。これらの生物は全て、粗雑に構築された金属製の甲殻を有し、SCP-4748の死骸に巣穴を開けて生息していました。

生物群(SCP-4748-1と指定)はSCP-4748実例の金属部分を分解して甲殻に組み入れ、非異常性の海洋生物が有機的な残存物を餌としていました。

SCP-4748-1個体群はその後、潜水艇を攻撃し、消費しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。