SCP-4750
rating: +5+x
仕立て屋1.jpg

現地において確認されたSCP-4750

アイテム番号: SCP-4750

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 再確保が行われた場合、SCP-4750は補助サイト-25-デルタの標準ヒト型収容チャンバーに収容された上で、標準的な手順に則った食事が与えられます。当該サイトはその他の財団ないしは民間の建築物から、少なくとも100mは離れている状態が維持されなければなりません。

SCP-4750の全担当職員は、配置転換が行われるまで補助サイト-25-デルタで生活しなければなりません。職員が必要とする物資は全てカートか手で持つことによって運搬されなければならず、ハーネスやホルスター、バックパック、ランヤード、ないしはそれに類するものの使用は一切認められません。補助サイト-25-デルタにおいては毛布やタオルは使用されるべきではなく、いかなる場合であっても温度調整機並びに空気乾燥機が利用されます。

補助サイト-25-デルタに勤務する職員は常に裸体でいなければなりません。

説明: SCP-4750はスワヒリ系の高齢男性に類似した人型実体です。SCP-4750は知性を有し、スワヒリ語、アラビア語、古ノルド語、並びに英語を話すことが可能です。

SCP-4750はヒトの皮膚から真皮及び表皮を剥離させることが可能です。これが行われる過程は直接観察されたことがないために、現時点では不明です。全事例において、剥離させられた皮膚は衣服の内側に存在していたものでした。

補遺4750-1: 確認されている記録

財団のエージェントはタンザニア、ザンジバルのストーン・タウンにおける皮を剥がされた死体に関する記録の調査を行いました。人皮から製作されたジャケットが発見されたことを機に、調査の目は近隣の多数の狭い路地が密集する地区に潜伏していた、1人のオーダーメイドの仕立て職人に向けられることとなりました。

財団エージェント、アルンファスト・ハラルドソン(SCP-4242-Thor出身)は調査チームへの参加を強く希望しました。なお後に彼は自身の提出した公式報告書には記載されていない詳細な情報を含む私的な調査日誌を保有していたことが判明しました。当該記録の内容はSCP-4750の人格を洞察する際の補助となる可能性から機密指定を解除されました。(以下がその内容です。なお原文は古ノルド語です。):

補遺4750-2: 回収された記録

補遺4750-3: 初期収容インタビュー

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。