SCP-4771
評価: +11+x

whistle.jpeg

サイト-19の保管庫内のSCP-4771

アイテム番号: SCP-4771

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-4771はサイト-19の標準safeクラス異常アイテムロッカーに保管します。SCP-4771は広範にわたる実験において予測可能な振る舞いを見せています。SCP-4771は多数の財団職員の安全確保に貢献したため、2021/11/14以降、機動部隊隊員ならびにレベル2以上のクリアランスを有する財団職員は、SCP-4771の利用申請が可能となっています1

説明: SCP-4771は異常な犬笛です。SCP-4771は異常性の無い同等品と異なり、周波数スペクトルで表される音を一切発しません。

SCP-4771の異常効果は、既に死去した飼い犬の元飼い主 (以下、対象と呼称) が吹いた場合に現れます。

SCP-4771使用後のある時点で対象が生命の危機にさらされた場合、対象の死去した飼い犬の姿をした、特定の相手にのみ敵意を向ける、意志を持ったクラス-VIII無形実体 (以下、SCP-4771-Bと呼称) が一時的に出現し、対象を助けます。全対象のうち98%において、この効果は1度しか発生しません。

対象が以下の条件のうち1つ以上を満たしていた場合、SCP-4771の異常効果が発現する確率が上昇します。

  • 幼少期/青年期に子犬だった頃のSCP-4771-Bを迎え入れた
  • 殺処分場からSCP-4771-Bを引き取った
  • SCP-4771-Bとともに育った
  • SCP-4771-Bの生涯を通して敬意と愛情をもって世話をしてきた
  • 長期間SCP-4771-Bと一緒に遊び活動に興じた
  • SCP-4771-Bの死に立ち会った
  • SCP-4771-Bが死去するまで、抱きしめる、撫でるなどして直に接触していた
  • SCP-4771-Bの遺骨を居住地の敷地内に埋葬した
  • SCP-4771-Bに関する習慣や癖、その他印象に残っている思い出を記憶している
  • SCP-4771-Bについて頻繁に話す
  • SCP-4771-Bを写した、写真などの何らかの視覚媒体を飾っている

SCP-4771-B個体が実世界に及ぼすことのできる影響力の強さは、上記の青字で書かれた条件に左右されます。一般に、対象が青字で記載された活動に従事していればいるほど、対応するSCP-4771-B個体の呈する効果が強まります。

全てのSCP-4771-B個体が発した音のハイファイ記録を分析した結果、聴覚認識災害に対する財団の現状の理解では、SCP-4771-B個体が発する音は本来であれば人間にとって致死的であると判明しています。人体に致死的な影響が及んでいない理由については現在調査中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。