SCP-4776
rating: +6+x

space.jpg

SCP-4776の実験中に撮影された画像。

特別収容プロトコル: SCP-4776の位置データは小さなインデックスカードに印刷され、サイト-49の高セキュリティオブジェクト保管庫に収容されています。SCP-4776-1はサイト-49データベースに記録されており、レベル4クリアランス以下の職員はアクセスできません。機動部隊ガンマ-5(“燻製ニシンの虚偽”)がSCP-4776攻撃の被害を受けた疑いがある場所へ派遣されます。

説明: SCP-4776は現時点で地球低軌道に存在する超常工学兵器衛星です。SCP-4776は個人がその正確な位置データの知識を持ち続けるのを妨げる反ミーム特性を発揮します。SCP-4776は、冷戦中にアメリカ合衆国本土のミサイル防衛システムを構築するためのプロジェクトだった“戦略防衛構想”の一環として、アメリカ国防総省が展開した指向性運動エネルギー兵器だと想定されています。

SCP-4776-1は複雑な奇跡論ルーンであり、SCP-4776の軌道上攻撃を集中させる手段として用いられます。SCP-4776-1はどのような素材からでも形成可能であり、完成するとSCP-4776が爆撃体制を整えます。SCP-4776の発射プロセス1には約10分かかります。SCP-4776は指向性のある光子ビームを発射し、これがSCP-4776-1に命中した時点で爆発が引き起こされます。

発見ログ: SCP-4776はGoI-616 “ペンタグラム”2の離反者、マシュー・シャーからの機密文書引き渡しにおいて財団の注意を引きました。記録によると、SCP-4776はオペレーション・アレス・フォージ — アメリカ軍による運用と他国政府への販売の双方を意図した、持続可能なオカルトベース兵器を開発するためのアメリカ政府の協調努力 — の一環として作成されました。アレス・フォージはこのような兵器の機能性があるプロトタイプを最低でも57台製造したと記録されていますが、現在SCP-4776のみが財団に把握されています。

SCP-4776関係書類はまた、1985年から1986年にかけてイスラエルの軍事基地に幾度か空中投下が行われたことに言及します。アメリカ陸軍の財務報告書とマシュー・シャーから得られた文書の組み合わせに基づき、アメリカ合衆国はイラン政府を通してイスラム・アーティファクト開発事務局に超常兵器を販売しているか、または現在売り込み中であると考えられています。

事案4776.1: 1986年1月12日、サイト-49で幾つかの事件が発生し、事案4776.1の総称が割り当てられました。13:43、2機のUH-60 ブラックホーク軍用ヘリコプターがサイト-49に接近しました。合衆国政府暫定ヴェールクリアランスが確認された後、ヘリコプターは燃料タンクが破損したと主張し、滑走路への着陸と給油を許可されました。ヘリコプターは14:55に離陸しました。

15:01、マティアス上席研究員は喫煙休憩を取るために中庭へ入りました。15:04、彼は建物に再入場し、自らのワークステーションにログインして、財団情報提供者保護プログラム(FIPP)に関する複数のファイルを外部ドライブにダウンロードしました。マティアスはこの行動を取るのに十分なクリアランスを有していたものの、FIPP関連の如何なるプロジェクトにも配属されていませんでした。15:13、彼はサイトを退出して車に乗り込み、駐車場を後にしました。15:17、マティアス上席研究員の遺体がサイト-49の中庭で発見されました。遺体は点火されていないタバコを口に咥えており、頭皮から幾つかの髪束がむしり取られていました。

サイト-49は3時間にわたって封鎖され、サイト保安部隊はマティアスの名義でサイトを退出した人物を発見しようと試みました。この人物は発見されませんでした — 中庭の監視映像は大きなオークの木に遮られており、マティアスの車はサイトから2マイル離れた場所に放置された状態で発見されました。

事案4776.2: 1986年1月14日の20:32、イスマイル・トンプソン(旧名マシュー・シャー)の自宅でガス爆発が発生したという通報が入りました。トンプソンと財団情報提供者保護プログラムの接点から、財団エージェントが調査に派遣されました。建物は完全に破壊されており、証言を促された数名の目撃者は爆発の数分前に流星を見たと報告しました。


補遺4776.1

Eメール通信記録 — ペンタグラム/財団



補遺4776.2

添付文書


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。