SCP-4791
rating: +10+x
blank.png

アイテム番号: SCP-4791

オブジェクトクラス: Neutralized (重要な小説を参照)

特別収容プロトコル: SCP-4791実例はアーカイブのためにサイト-34の図書室に保管されます。

説明: SCP-4791は、PoI-4791(M.H.)によって執筆された犯罪小説シリーズ"モローズ・ヘイドウェル博士; 婦人の仲人"を指します。科学者から婦人の元で働く仲人となり、婦人と結婚しようとするターゲットを助ける仕事をしたものの失敗した、同名の主人公に焦点を当てたシリーズです。

モローズ・ヘイドウェル博士が選択した方法は、ターゲットが無力な状態になるまで致命的なダメージを与え続けることで構成されています。

婦人のキャラクターはシリーズでは一度も姿を見せず、彼女の存在はモローズ・ヘイドウェル博士によってのみ言及されています。彼女はしばしばオメガの日1以来行方不明になった、薄いベールで覆われた、青白い女性として記述されています。

SCP-4791実例を対象が読み終わると、対象はモローズ・ヘイドウェル博士が、婦人が帰るまでの2時間の間に選択した方法に関連した身体的な病気に苦しみます。

補遺1: 以下はすべてのSCP-4791実例に現れる序文です。

補遺2: 重要な小説

タイトル 内容 効果
眠りに落ちた体に宿るは活きた心 オメガの日の後に設定された、年代順でいえばシリーズ最初の小説。小説は、モローズが最近の婦人の失踪によって引き起こされた悪夢から目を覚ますところから始まる。彼はアイデンティティの危機に苦しみ、科学者としての仕事に戻ることを再考する。小説の途中で、モローズは彼の結婚仲介の側面と和解し、次のターゲットであるホームレスの男性を見つける。モローズはホームレスの男性を無力化し、脳を外科的に取り除く。最後に、モローズは婦人を取り戻そうとして脳を半分に切断したが、成功しなかった。 外部刺激の知覚とバイロケーションの知覚の喪失。
婦人への生贄 この小説では、モローズは婦人を神格化し、存在を取り戻そうとする。小説はモローズが次のターゲットであるスペイン国籍の男性を選択するところから始まる。無力化の方法は、剃刀のようにギザギザになった火打石でウィツィロポチトリに人間の生贄を捧げることから成り立っている。結局モローズは心臓を引き出し、鼓動を止めようとするが、成功しなかった。 心拍数が徐々に1bpmまで減少する2ことによる激しい胸の痛み
細胞まで焼き尽くす 他の小説と異なり、モローズの研究所内が小節の舞台であり、婦人について直接言及することはない。モローズは様々な動物種の、直ぐに実験が可能な細胞培養物を持っている。明らかな損傷を起こさずに培養物が燃え尽きる、という同じ結果がそれら全てで発生する。 身体のランダムな部位の灼熱感。
エデンは最初の墓である 犯罪小説のジャンルから逸脱し、超現実主義的な要素を取り入れた最初の小説。その中でモローズは、名も知れぬ兵士とともに、婦人の居場所の手がかりを辿って放棄された科学研究センターに潜入する。彼らが居場所だと疑っているところに到達すると、部屋の中央に扉が現れる。それを越える前に、兵士は悲しげにモローズを見て来た道を戻っていく。扉の中へ入ると、モローズはヒナギクが咲き誇る庭にいることに気づく。最後に彼は家に着き、生気が無く青白い顔をした、ブロンドの髪の女性を見つける。残りのページは空白である。 読み終えてから2時間後、それまで白紙だったページに"ああ婦人、今や世界は本当のあなたを知ることができないのです!"という言葉が現れた。この直後に、全てのSCP-4791実例は異常性を示さなくなった。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。