SCP-4796
rating: +11+x
fruitofthegods.jpg

SCP-4796内で自生しているパイナップル

アイテム番号: SCP-4796

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4796は財団によって買収され、私有財産に指定されています。配属された警備員は、島内に民間人が到着した場合、記憶処理を施してください。SCP-4796内で栽培されたパイナップルを使用したすべての実験は、島に設立された暫定研究サイト-4796で行われます。

説明: SCP-4796はコスタリカ沖の小さな無人島で、パイナップルの木で完全に覆われています。

SCP-4796に自生している熟したパイナップルは、他の種類のパイナップルよりも大きく甘く、ビタミンCとマンガンを多く含有し、約32%の例で人間の骨や歯を含んでいます。 島内で消費された場合、これらのパイナップルは異常性を発揮しません。

SCP-4796の海岸線は、さまざまなシンボルが刻まれた小さな石球で囲まれています。 このリングより外にパイナップルを出すと、わずかに光り始めます。 そのパイナップルを消費すると、消費者の脳脊髄液および滑液がパイナップルジュースに変換され、パイナップルの残りが変形してSCP-4796-Aに成長します。

SCP-4796-Aは、トカゲのような体にそれぞれ4本の爪のある2つの房を持ち、頭が大きな割れたパイナップルで形成されている長さ10mの八足生物です。パイナップルの果肉と葉で構成された、ハリのある蜥蜴のような皮膚を持ちます。SCP-4796-Aは、パイナップルの消費者を飲み込んで消化した後に穴を掘って消失します。SCP-4796-Aはその後、島の地下から出現して、骨を吐き出し、地面に埋めてから自身も潜ります。複数のパイナップルが島から持ち出されると、SCP-4796-Aは持ち出した人間を順番に消費した後、各々が島に戻っていきます。

SCP-4796-Aの破壊または捕獲の試みは、パイナップルの山の崩壊に終わります。 これらのパイナップルの1つには、球体と同じシンボルが刻まれた人間の頭蓋骨が含まれており、SCP-4796-Aが再び現れると即座に消滅します。

SCP-4796の調査により、いくつかの大きな石の祭壇と半円形に配置された板がある地下洞窟が発見されました。 板には空から降りてくるパイナップル、パイナップルを崇拝する人々、およびパイナップルの山の周りに円を描く人々が描かれた複雑な彫刻が刻まれていました。中央の祭壇の上には頭のない乾燥した人型の死体が鎖でつながれ、木製の盾を持っていました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。