SCP-4800-J
rating: +6+x
banana.png

ウィル博士のInstagramアカウントに投稿されたミーム。SCP-4800の描写と思われ、ウィル博士の精神内へ潜在的に植え付けられた。

アイテム番号: SCP-4800

オブジェクトクラス: Fruity

収容クラス: Keter

特別収容プロトコル: 1日に1度、財団に忠実な成体のサイはSCP-4800を攻撃するために精神安定剤を投与され、それによって眠り続けるため財団職員に影響しないようになっています。これはSCP-4800がノウアスフィアを離れるまで繰り返されます。

説明: SCP-4800は現在ノウアスフィア内に存在するミーム的実体です。一見すると、SCP-4800はバナナの形をしており、擬人化した腕、脚、顔の特徴を持ちます。これはSCP-4800の真の姿ではなく、人間の精神が知覚できない存在を理屈付けようとしていると考えられています。

SCP-4800は通常財団職員の夢の中に現れ、夢を見ている人物の精神状態に干渉したり、妨害したりすることを意図した方法で影響を与えます。SCP-4800に関する財団職員からのコメントは以下の通りです。

私は我が子と野球をしている夢を見ていたのですが、子は「お父さん大好き」と言って私を抱きしめてくれました。そして、「本当に自分の人生に満足しているのか」と聞かれ、目を開けてみるとバナナ男が私をまた抱きしめるのが見えました。 - カルヴィン研究員

夢の中で、私はフォーム1040に記入をしていた。SCP-4800は私の収入を過少申告させようと何度も私に試していて、それで税務偽装を犯した。 - ギアーズ博士

それで、こんな夢があった。私は彼と一緒にクッション壁の部屋にいた。彼は私の腸の中を3時間連続で詳しく説明してくれたんだ。正直、あいつがちょっと気に入ったよ。 - エージェント・アルバート

ヤツは私の最高の妻に対して小便をした。私はバナナ男が巨大なバナナディックを剥いて勢いのある小便をしたのを見た。サイだけじゃあ足りない。夢の世界にSCP-4975を突っ込んでもいいと思うが? - グレゴリー博士

私は彼が神を殺すのを見たと思う。 - バーニー博士

SCP-4800は私たちのタイムラインを超えた場所で発生したと考えられています。人間ではなくバナナが地球を支配する種になるために進化したいくつかの並行宇宙がその場所の可能性があります。


moon.jpg

ああクソッまた始まった


イベント指定 EE-4800

発生日: 2019年10月10日

イベント説明: 太平洋標準時、午後16:20、月が強い黄色光を放出し始めました。月の反射光内にSCP-4800が確認されています。人類全体が強烈な構造変化を受け始め、背中から皮のような構造物が生えてきました。実体は、細胞壁の成長とカリウム腺の発達を経験しました。

機動部隊ベータ-7(“まぎれもない自我のバナナ”)がSCP-4800の収容に割り当てられました。


上記のようにEE-4800が発生した後、サイト-5の職員は次のメッセージを受け取りました。

ここでの作業は完了だ。バナナスプリットになるためにここから出ていく。

その直後、月に駐留している財団職員に突然画像ファイルが送信されました。以下の画像は、「極度の不安をかき立てる」「悪いことが起こる理由」と表現されています。

« 熟れる | チームバナナ | オートマトンのお話: ビッグ・バナカリプス »

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。