SCP-4804
rating: +30+x

財団記録および情報セキュリティ管理室による通達

このSCPオブジェクトは最近の発見、および異常性の多面的な性質により、SCP-4804についてはいくつかの競合する文書があります。 最も広く受け入れられている4つを、公式文書としてそれらを公表することに対する賛成および反対に対する他の研究者の議論と共に以下に列挙します。


カルヴィン博士の提言

juice.jpg

一杯のオレンジジュース。

アイテム番号: SCP-4804

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-4804-1実例の一部はサイト-32の防音収容室に持ち込まれます。 さらなる収容のために何ができるかを決定するために、それらの神経学および行動の分析を記録してください。

説明: SCP-4804は世界の人口の約0.7%に影響を与えている現象です。この割合はSCP-4804の最初の記録以来大きく変動しています。SCP-4804-1に指定されるSCP-4804の影響を受けた個人はオレンジは存在しないと信じています。

この現象は、オレンジの木、果実そのものを含みますが、これらに限定されないジュース、洗剤、ポップカルチャーなどすべての派生製品にも及びます。SCP-4804-1実例は、オレンジは単なるリンゴの変種であるという考えから、オレンジが政府の陰謀であること、オレンジ関連の製品を全く知覚できないことまで、オレンジを疑問視する様々な根拠を挙げます。

SCP-4804の発生源は判明していません。しかしながら、SCP-4804の拡散の分析はミーム災害もしくは伝染性のアノマリーへの曝露のいずれかを示唆しています。最近の実験では、SCP-4804は伝染性ではないことが示唆されていますが、フィールドエージェントらによる事例報告はこれらの主張に矛盾しています。

補遺: SCP-4804は2019年3月11日、ノース博士が彼の親戚の何人かがオレンジジュースを見て腹を立てたことに気付いた際に発見されました。SCP-4804が大きなコミュニティから孤立している農村地域のコミュニティの非SCP-4804-1個体に対し主に影響を及ぼしていたことによりSCP-4804の発見は遅れたと考えられています。


長所:

  • SCP-4804の拡散はミームエージェントを反映しているように見える。
  • SCP-4804の効果の詳細な説明を提供している。

短所:

  • SCP-4804の発見の欠如は孤立のせいではないと考えられている。
  • ラヴクラフトの "オレンジ"文書について言及していない。
  • 文書は多くの点が曖昧のままである。
  • テレサインシデントに言及していない。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。