SCP-4858
rating: +12+x

youcannotgetout.jpg

SCP-4858。

アイテム番号: SCP-4858

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 武装境界線がSCP-4858の周囲に設けられています。警備員と研究員が常時現地に駐留し、SCP-4858-A出現事象の発生可能性に対処します。全ての侵入者とSCP-4858-A個体は、望ましくは周囲の状況に反応して自殺措置を講じる前に拘留します。

説明: SCP-4858はマリのキダル州にある神殿の遺跡です。未知の構造や設計が確認されており、紀元前4千年紀に“サプエハ”Sap'e'haという正体不明の神格を崇拝する目的で建造されたと考えられています。

神殿の基部の周囲には、英語、フランス語、トゥアレグ語、正則アラビア語、未知のアラム語方言で書き記された碑文があります。これらの碑文は、紀元前4千年紀から西暦1世紀までの様々な年代に彫られています。SCP-4858の近傍から発見された幾つかのレンガは、そのような建造技術が発明される数千年前の、紀元前9千年紀の物だと確認されています。

完全にランダムな間隔で、1体のヒト型実体(以下、SCP-4858-A個体とする)がSCP-4858の内部に出現するようです。SCP-4858-A個体は典型的に、重度の火傷によって到着後間もなく死亡します。到着時に死亡しなかった4%の個体は全員、財団に拘留された直後に、口中に隠していたシアン化物の錠剤を呑んで自殺しました。しばしば、複数のSCP-4858-A個体が短期間に連続して出現することがあります — 遺伝学的検査により、通常これらの個体群は家族を形成していると明らかになりました。

火傷を負ったSCP-4858-A個体の衣服や所持品は通常焼けていますが、稀に所持品が傷ついていない場合もあります。この要因は不明です。SCP-4858-A個体は頻繁に印刷書籍や写本を持って出現しますが、これらが出現時に無傷だった事例はまだ一度もありません。

過去複数回、SCP-4858に接近し、遺跡を観察する人物たちの姿が確認されています。彼らは多くの場合、著しい精神的苦痛を感じているように見えます。これらの人物たちを捕獲する試みは通常失敗します。現在までに捕獲されたのは僅か4名であり、いずれもSCP-4858-A個体と同じ手段で自殺しました。

SCP-4858は、付近の村落による“砂漠から現れる人々”の報告に続いて、1972/12/10に財団に発見されました。SCP-4858-A出現事象の頻度は、財団の収容に続いて大幅に低下しています。1973年に1515回報告された事象発生数は、1976年には13回まで減少し、2010年以降は僅か5回です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。