SCP-4881
rating: +12+x
willow.jpg

財団獲得前のSCP-4881

アイテム番号: SCP-4881

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 非公認の接触を防ぐため、SCP-4881の周囲には境界が設けられています。SCP-4881の影響下にある民間人はSCP-4881への接触を許可されています。 SCP-4881の異常効果を無効にするいくつかの作戦が現在進行中です。

Dクラス職員による試験は禁止されています。 全てのSCP-4881被験者組は志願者でなければならず、残りの人生の間SCP-4881の効果を経験することに満足していなければなりません。

説明: SCP-4881は Salix babylonica1に由来する確率的異常です。2人の人物が物理的な接触2を保ったままSCP-4881の枝葉の下に進入し、そこから離れる前に樹皮の外層を削ることで彼らのイニシャルを刻み込むと、その2人は1年以上に渡る離別期間を経験しなくなります。

具体的には、毎年SCP-4881が新芽を形成する最初の日に、必然的に両者が出会う状況が起こります。今日まで行われたあらゆる行動は、両者を分かつことに成功していません。

2人のうちの1人が死亡した場合、SCP-4881自体が代替になります。 そのため、残りの1人は毎年SCP-4881を訪れます。


補遺 4881-A: 刻印された文字一覧


銘文 追加詳細 状態
RFM + HMA は永遠に 特になし 不明
Pam & Howard 特になし 基準が満たされていません
Heidari B + Anna J

文字はハートマークの内側に書かれました

1999/03/20: "あなたがいなくて寂しい"と付記されました

1999/03/20: Anna J はSCP-4881を訪れました
SD ██3 2番目のイニシャルは削り取られています Scott DavisはSCP-4881を1度だけ訪れました
Brian Browning x Amy Wong 有志の財団科学者 存命
Brian Browning x Amy Browning 複数の小さなハートマークが文字の周りを囲んでいます 基準は既に満たされています


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。