SCP-4938
rating: +12+x

SCP-4938-1.jpg

コロラド州フェルドスパーの“第15鉱山”、1922年。エドウィン・ハレウェルが中央に写っている。

特別収容プロトコル: アメリカ合衆国の法制度に潜入している財団資産はプロジェクト・フールズゴールドの支援を継続し、インサイダー取引と横領の容疑でカーク・ハレウェルを誹謗します。ハレウェル鉱業社(HMC)の資産は全て財団に買収されており、合法的な運営が続けられる予定です。

フェルドスパーの町の周囲12kmに検疫区域が確立されています。現任のプロジェクト監督官の指示に則って、2週間ごとに食料と消費財が町民たちに配送されます。標準カバーストーリーNATRAD1が有効化されています。SCP-4938に入る職員は全身を覆う放射線防護服を着用する必要があります。

説明: SCP-4938はコロラド州コッサーバレーに位置するフェルドスパーの町です。公的にはゴールドラッシュ期の“ゴーストタウン”に指定されていますが、フェルドスパーでは1948年以来、およそ9700万ドル相当の金が採取されています。

SCP-4938-1はフェルドスパーの町自体を含む10km3の領域に影響を及ぼす異常な放射線です。この放射線に20時間以上曝露した人物は、全身の各所に腫瘍のような成長組織を発達させ始める場合があります。これらの腫瘍が転移するにつれて、その内部には重金属が比例的に自然発生します。症例の76%で金が生成されていますが、プラチナ、ガリウム、ビスマス、さらにはウランなども発見されています。この結果、SCP-4938-1に長期曝露した人物の死亡率は極めて高くなっています。

フェルドスパーの本来の町民たちはSCP-4938-1に特異な反応を示します — 腫瘍はより急速かつ大型に形成されます。これは殆どの場合、運動能力の著しい減退や、持続的な苦痛と不快感をもたらします。この事実にも拘らず、町民634名のうち1/3は100歳以上で、健康状態も安定しています。SCP-4938-1に曝されなくなると、これらの人物の身体的健康は急激に悪化します。著しい人命損失を伴わずにフェルドスパーの人口を移転する既知の手段は存在しません。

80年近くにわたって、ハレウェル鉱業社はフェルドスパーの町を営利目的で利用していました。基本的な物資や雑貨品と引き換えに、町民たちは自らの腫瘍に含まれる金属の外科手術による除去に応じました。これは2004年、フェルドスパー町民の1人であるダナ・ウォルシュ夫人が州兵隊に通報するまで続いていました。彼女が提供した全ての情報は財団の潜入エージェントに傍受され、その後間もなくプロジェクト・フールズゴールドが発足しました。フェルドスパーの町民たちは、これまでのところ敵対行動を取ってはいないものの、大いに非協力的です。




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。