SCP-4944
rating: +18+x









監督評議会命令

以下のファイルはレベル3/4944機密です。無許可のアクセスは禁じられています。

4944




coffee.jpg

収容以前のSCP-4944。


特別収容プロトコル: SCP-4944は収容するために十分な大きさの開放型収容チャンバー1内に収容されています。実験(クリアランスレベル4以上の職員による承認が必要)の実施時を除き、2日おきにカフェイン入りの液体をSCP-4944に提供されなければなりません。カフェインを提供できなかった場合に備えて、排水溝がサイト-876-C内の地面に設置されています。排水溝は、実験が実施されている場合にのみ塞がれます。

説明: SCP-4944は同一の物体が持つ2つの側面に対する指定であり、コーヒーマシンとしての外観(SCP-4944-A)と、SCP-4944の実際の物理的本体(SCP-4944-B)からなります。SCP-4944-Bは全長100メートルの貨物船に酷似しています。名称を解読することはできないものの、船体および船尾の構造から、SCP-4944-Bの使用用途はブラジルから北アメリカへの外国産商品2の輸入であったことが窺えます。SCP-4944-Aは直視されると3、2012年~2016年頃の標準的なKeurigブランドのコーヒーマシンの外観を持ちます。外観は//Keurigブランドのコーヒーマシンですが、3次元デジタルマッピングにより、SCP-4944の実際の形状はSCP-4944-Bであることが明らかになりました。事実上透明に見えますが、SCP-4944-Bは物理的に存在しており、目に見えない境界線がSCP-4944-Aの周囲に存在しているような錯覚を起こさせます。

3d.jpg

SCP-4944の物理的本体の3次元デジタルマップを赤で示しています。SCP-4944-Aは画像に表示されていないことに留意してください。

SCP-4944-Bから10m以内に形態に関係なくカフェインが進入した場合、SCP-4944-Bに取り付けられた濃霧号笛が鳴らされ、SCP-4944-Bの前にカフェインが置かれるまで鳴り続けます。この音は100~135デシベルを超える4にもかかわらず、この音に曝された職員は、聞いている間、何も異常な音は聞こえなかったと報告しています。以下はSCP-4944-Bが発生させた音の未編集音声です。

注: 被験者の97.7%が、以下のファイルには音がなかったと報告しています。

液体状態のカフェイン(形態は問わない)が提供されると、液体は加速度的に蒸発を開始します。これは特にコーヒー豆の痕跡が残存している場合、より顕著になります。およそ2日以内にカフェインが与えられなかった場合、SCP-4944-Aは、その基部からシロップに類似する褐色で粘性のある液体を排出し始めます。このプロセスは、カフェインが提供されるまで続きます。この時点で、SCP-4944は、例えSCP-4944から滲出する液体の量がSCP-4944-Aの水室5の保持容量を超過していたとしても、その液体をSCP-4944-Aの水室に吸収し始めます。SCP-4944によって生成される液体には有害的影響はないものの、極めて粘性が高いです。この液体には高濃度のブドウ糖とゼラチンが含まれており、味見をしたところ、強い甘みが感じられました。

SCP-4944はカフェイン入りの液体を摂取すると、再び内蔵された濃霧号笛を鳴らします。6仮想オシロスコープ7で見たところ、"終わった"、"コーヒィ[原文ママ]"、"もっとちょ[原文ママ]"といった変化が見られました。また、SCP-4944は、標準的な"qwerty"キーボードを使った顔文字8を豊富に使用します。SCP-4944に質問をした場合、SCP-4944はそれに応じてノイズを発生させ、それが処理されると質問されたことに対して曖昧に答える言葉を表示します。これは、SCP-4944がある程度の知性を持っていることを示唆しています。

SCP-4944とのインタビューが予定されています。

質問 オシロスコープを通して見た回答
"あなたは何者なのですか?" "気にするな、豆が必要だ。"
"あなたは何故カフェインを好むのですか?" "俺はコーヒィに中毒なんだわさ:(" [原文ママ]
"カフェインが補給されていないときに排出される液体は何なのですか?" "コーヒィ。ごっくん ごっくん。" [原文ママ]
"あなたは何に使われていたのですか?" "コーヒィ" [原文ママ]
"何故コーヒーマシンのような外観を有しているのですか?" "モノマネの練習。"

さらにいくつかの質問をした結果、SCP-4944はかつてブラジルから北アメリカへコーヒー豆を輸入するために使用されていた貨物船であったことが判明しました。SCP-4944は、恐らくSCP-4944-Bを使用して出荷されるコーヒー豆や他の外国産商品が豊富にあったために、カフェイン/コーヒー中毒になったと主張しています。SCP-4944の知性に関する詳細については、文書-944Gを参照してください。

SCP-4944が消費するものやその限界についてさらに研究するために、SCP-4944に対していくつか実験が実施されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。