SCP-4959
rating: +6+x
nest.jpg

羽毛ある蛇の神殿

アイテム番号: SCP-4959

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4959の石室に通じる全てのトンネルは補強ゲートで封鎖されています。毎週1回、生きた大型動物1頭を、構築されたシャフトを通して石室の中に送り込みます。

説明: SCP-4959は自律活動する腐敗した翼竜であり、メキシコのテオティワカンにある“羽毛ある蛇の神殿”地下の広い石室を占拠しています。財団の考古学者は、SCP-4959がケツァルコアトルスまたはハツェゴプテリクスに関連するアズダルコ科翼竜の異常に巨大な(翼幅~50m)一個体であると特定しました。

SCP-4959の肉は約70%が失われ、骨格が露出して視認可能な状態になっています。SCP-4959に残っている肉は壊死しているようですが、それ以上腐敗する兆候を示しません。SCP-4959は損傷や劣化への異常な耐性を有します。採取されたサンプルは、高濃度のイリジウムを含有している点を除いて、予想される組成からの逸脱を示しません。SCP-4959の眼窩は空洞ですが明るい緑色に発光します。また、興奮状態のSCP-4959は翼、頭蓋骨、首から多彩色の炎のコロナを放出する場合があります。

地下石室の拡張部と付属棟には、ヒトと翼竜の特徴を併せ持った自律活動する骨質の構造体、以下SCP-4959-Aが数百体収容されています。これらの個体は主に骨で構築されており、胴体中心部に位置する骨化した心臓に未知の手段で接続されています。SCP-4959-A個体は多くの場合、劣化した布地の切れ端、羽毛、宝石で装飾されています。

SCP-4959は肉食です。その巨大さによってSCP-4959自身は石室から出られないため、SCP-4959-A個体群が隠蔽された様々なトンネルを介して夜間に展開され、生きた獲物(通常は鳥、トカゲ、その他の小動物)を狩ってSCP-4959に給餌します。SCP-4959-A個体群は生き餌をSCP-4959の前に運び、SCP-4959はそれらを丸呑みします。SCP-4959は時折SCP-4959-A個体を消費することもあります。

SCP-4959の石室の壁は深刻な火災被害を受けており、本来構築されていた地表へ通じるトンネルは全て崩落していました。新たなトンネルはSCP-4959-A個体群が粗雑に掘り抜いたもののようです。

石室内の壁画や彫刻の研究は、石室の構築後、その上に“羽毛ある蛇の神殿”が建造されたことを示唆します。殆どの壁画は不完全もしくは損傷していますが、共通のテーマが幾つか描写されています。

  • SCP-4959は“羽毛ある蛇”、または別な未知の神格の権化であると信じられていた。
  • 重要な日にはSCP-4959に人身御供が捧げられていた。
  • SCP-4959は巨大な宝石として描写される“心臓”を有していた(“血の如くに赤く、昇る太陽の如くに眩い”)。これは神殿の頂点に安置されていた。

超常考古学的発見と歴史的伝承の裏付けを基に、財団の歴史家は、SCP-4959の素性を巡る対立から生じた内部蜂起が西暦6世紀に起きた可能性を示唆しています。簒奪者たちはSCP-4959を偽神であると糾弾し、殺害を試みました。これに失敗して大規模な損失を被った簒奪者たちは、代わりにSCP-4959を地下に封印し、テオティワカンの実権を握りました。

これ以降、SCP-4959自体は歴史的な記録から姿を消します。一方でその宝石は、長寿を授けるとされる特性ゆえに捜索されていたことが注目されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。