SCP-4970
rating: +9+x
640px-Bildtelefon_T-View_100.JPG

SCP-4970

アイテム番号: SCP-4970

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 財団は、SCP-4970が存在するオフィスビルを購入しており、また█████ ███エレクトロニクス社の破産を偽装し財団の関係者ではない従業員全てを解雇しています。SCP-4970と関わりを持っていた従業員は記憶処理が施された後解放されました。

説明: SCP-4970は、主にホームオフィスや小規模な企業で使われるISDNテレビ電話の一つであり、元█████ ███エレクトロニクス社事務所に存在します。SCP-4970は、モニターを除き非異常性のものと同様に働きますが、そのモニターはビデオ電話では正常に機能しません。

ある一つの電話番号(以後SCP-4970-1と指定)がSCP-4970の内部メモリーに格納されていますが、その桁数はSCP-4970のスクリーンが表示できるより大きいものです。他のどの機器によってもSCP-4970-1にかける試みは成功しません。

SCP-4970-1を選択すると、直ちに自動受付システムに繋がりますが、英語が提示される前に17言語で話しかけられます。別の試験では、13時間後に試験が終了するまでに4093語以上の方言が確認されました。言語のほとんどは歴史上のどの言語とも類似点を持ちません。また幾つかの言語の音声はヒトの声帯では再現不可能であるか、ヒトの耳が聞き取れる周波数スペクトルの範囲外です。英語が選択されると、SCP-4970-A――「ユニバーサル・インフォメーション・テクノロジー」という名の異常性を持つヘルプデスク――の受付の元に繋がります。この時、かけた側は多岐にわたる話題について質問することができ、それは物理法則、哲学的問題、形而上学的概念にまでも及びます。

この電話番号をSCP-4970のメモリーに登録した人物は不明ですが、SCP-4970-Aは█████ ███エレクトロニクス社が電子機器の急速な技術進歩に繋がりうる情報を得、競合他社に対して優位に立つために使用されていたと推測されます。

附録:発見時より、加えて7回会話が交わされております。この転写は要請を受け次第開示されます。要請はベルローズ博士に送られうります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。