SCP-4980
rating: +10+x
AttackDodo.png

SCP-4980-Aから発見された宣伝チラシ。

アイテム番号: SCP-4980

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4980はサイト-67の家畜セクションにある標準的なレベル-3飼育舎に収容されます。SCP-4980の子孫は異常性を持たないことが示されているため、絶滅危惧種保全プロトコル第5/4980項に記載されているように交配が推奨されています。繁殖行動を促すため、繁殖期のSCP-4980は毎週1回、戦闘に従事することが認められます。

全ての研究者はSCP-4980のセーフティコールに関する訓練を受けなければならず、全ての研究は同調済の調教師1名がいる状況下で実施しなければいけません。同調済調教師が死亡した場合は、同調適性がある新しい調教師を見つけるための適性検査がサイト-67で開かれます。

説明: SCP-4980は、生物学的・機械的・精神的な増強を施された12羽のRaphus cucullatus、通称ドードーの総称です。個々にSCP-4980-1から-12と指定されるこれらのドードーには、外見と増強内容に大幅な差異があります。飼育員や研究者が特に注目している増強には以下が含まれています。

  • 高出力レーザー (個体-1および-11)
  • 火炎放射器 (個体-4)
  • 35mm機関砲 (個体-3)
  • 毒針 (個体-2、-7、-9)
  • 思念による痛覚投影 (個体-12)
  • 飛行能力 (個体-10)

他全ての既知の増強は、レベルIII異常家畜スーツの適切な使用によって無害化できます。

SCP-4980には、戦術を最適化し、群れの間での意思疎通を増やし、従順さを強制する改造が施されています。

人間の20m以内に24時間以上留まっているSCP-4980個体は、その人間との精神的な結びつきを発展させます。対象者は“攻撃しろ” “逃げろ”などの基本的な思考を使ってドードーに指示を出すことが可能です。

補遺4980.1: 発見

“ロボット鳥”の地下格闘クラブに関する噂がテネシー大学近隣の財団工作員によって傍受されました。機動部隊イオタ-10 “ポリ公”が格闘クラブの摘発に割り当てられました。部隊員アルファとベータは入場権を得るために大学生を偽装し、他の部隊員は連邦捜査官を装ってクラブを襲撃、問題の鳥を取得しました(補遺4980.2参照)。

機動部隊イオタ-10は、元々SCP-4980が入っていた貨物箱(SCP-4980-Aと指定)と、それに付随する文書(補遺4980.3で閲覧可)の回収にも成功しました。

補遺4980.2: 音声ログ

補遺4980.3: 回収文書

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。