SCP-5021
rating: +7+x

アイテム番号: SCP-5021

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-5021は標準収容ロッカーに収容され、要求に応じてレベル3のセキュリティクリアランスを持つ職員が利用可能となります。SCP-5021-1実体は4時間以上監視される必要があります。事件報告5021.2に記載のイベントにより、SCP-5021-2は無力化されたと考えられます。封じ込めはもはや必要ありません。

説明: SCP-5021は「ロング・アーム・ストレッチ」という製品名のチューインガム製品です。各パッケージには製品名以外の画像や説明は記載されておらず、中に8枚のチューインガムが入っています。財団は現在43パックのSCP-5021を所有しています。

SCP-5021をおよそ30秒噛むと、対象(SCP-5021-1と指定)は製品名を声に出すことで急激な速度で腕を伸ばすことが可能になります。この効果は最初にガムを噛んでから4時間以内に現れます。影響を受けた腕は、十分な速度を出すことができる場合に壁やその他の障壁を突き破ることが可能ですが、これは実験用の環境以外での達成は困難です。

影響を受けた腕は活性化フレーズが発声されると対象の手首が向いている方向へ高速で伸び、貫通もしくは破壊の不可能なものの表面へ到達すると停止します。発声前に対象の腕が真っ直ぐでない場合(例えば、対象の手首もしくは肘が曲がっている場合)、伸びる前に強制的に真っ直ぐにされます。この間、SCP-5021-1実体は腕の方向を変えることが不可能になります。対象は影響を受けた腕が到達した箇所まで「引き寄せられ」1ます。

SCP-5021-1個体は効果が続く間不快を感じることはなく、痛みも知覚できませんが、「シュッと風を切るような、爽快な感覚」を報告します。

復元ログ:
SCP-5021は、財団がSCP-5021-2に関するオンラインライブストリーム映像を傍受した後、2018年6月11日に回収されました。映像は、午前2時37分にウェールズのミッドグラモーガンにてSCP-5021の影響下にあるSCP-5021-2が腕を上向きに、測定できない不明な距離分伸ばしている様子を記録していました。SCP-5021-2はこの間に見て分かるほど明確に苦痛に晒されており、必死に声を発し、その場から動くことが不可能な状態でした。

付近へ配置された財団の工作員はSCP-5021-2を収容しようと試みましたが、SCP-5021-2の腕によってそれは妨げられました。エージェント・ジョーンズは近くの建設現場に置かれたアングルグラインダーを用いて影響下にある腕を切断することを決定し、SCP-5021-2が自由に動けるようにしました。注目すべきことに、腕が切断されると、その腕は加速を続けて数分後にマッハ1に到達しソニックブームを発生させ、財団の衛星の観測範囲を越えて飛んでいきました。

SCP-5021-2は収容に際し協力的で、彼の腕を切断したエージェント・ジョーンズに対して感謝を示していたことが報告されています。切断された対象の腕が治療中、急速かつ加速度的に回復していく様子が観察されました。

目撃者は定期的なインタビューと記憶処理のために連行され、この間にSCP-5021の販売店が発見されました。事件の全ての映像はインターネット上から削除され、ARGに関するカバーストーリーが関連分野へ広められています。ライブストリーム映像の記録を担当した人物はまだ財団職員に特定されていません。

SCP-5021を販売していた店は、それが通常の入荷物と共に入荷されたものであり、特に気に留めるようなものではなかったと考えていたと主張しました。さらなる調査が進行中です。

インタビューログ 5021-2.1a

回答者: SCP-5021-2

質問者: レノックス博士

前書き: SCP-5021-2は財団の監視下で一晩過ごし、インタビューの要求に積極的に応じました。

<ログ開始>

レノックス博士: おはようございます、SCP-5021-2。気分はどうですか?

SCP-5021-2: ぶっちゃけあまり良いとは言えないね。ここ、奇妙な感じがするし。

レノックス博士: はい、ありがとうございます。あなたは素晴らしい忍耐力を見せてくれました、我々に尋ねたいことがたくさんあるとお見受けします。

SCP-5021-2: そうだけど、昨日俺を連れて行った男らと話した後じゃ、たくさんの答えが返ってくるとは思えないよ。

レノックス博士: 残念ですが、その通りです。実は、SCP-5021に関してあなたにいくつか質問があります。

SCP-5021-2: 正直なところ、どんどん聞いてほしいと思ってる。何もかも元通りになるのは早けりゃ早いほどいいからね。

レノックス博士: SCP-5021を見つけたきっかけは何ですか?

SCP-5021-2: 俺と何人かは小便に行ってたから、全部はちゃんと覚えてないんだけど。

レノックス博士: ざっくりとした説明で構わないので、ご心配なく。

SCP-5021-2: ガッツァが葉巻タバコが欲しいって叫び出したんだ、あいつ紙巻のやつから変えてたから。だから俺らは歩いてすぐのとこの、葉巻を売ってるダイの店に行って──

レノックス博士: そこでSCP-5021を見つけた、と?

SCP-5021-2: そうそう。それがレジの近くの棚に置いてあったんだけど、すごいヤバい感じがしてどうしようもなかったんだ。俺がダイに「ボス、これっていくらする?」って聞いたら、ダイは「2ポンドだ。」って言うから、俺は──

レノックス博士: よく分かりました、SCP-5021-2。ありがとうございます。あの事件前のことについて、何か覚えていますか?

SCP-5021-2: 仲間の一人が俺らの溜まり場でこの自家製ガムを試してみようぜって煽ったもんだから、俺は完全に息巻いてすぐにそれを試したんだ。味はまあ大丈夫で特に言うこともなかったけど、夜にガッツァが俺からガムを盗もうとしてたから、俺はそれを自分の頭の上に持ってったのを覚えてる。あいつはチビだからな。そして、俺は言ったんだ、「お前なんかに渡すかよ、俺の…」

SCP-5021-2は言い淀んで、ため息をつく

SCP-5021-2: そこで俺はパッケージに書かれてた名前を言っちまって、みんなここにいるってわけだ。一応、もうそれを言わないようにするよ。

レノックス博士: 理解できました。もう一つだけ質問があるのですが、よろしいですか?

SCP-5021-2は頷く

レノックス博士: 腕の切断後、他に何か体調不良等はありましたか?

SCP-5021-2: ああ、幻肢感覚の話をしてるんだな?

レノックス博士: あなたは幻肢感覚を体感していますね?続けてください。

SCP-5021-2: ええと、拳が固まって、酷く凍ってるみたいな感じだ。常に凍ってる。

レノックス博士: 本日は以上になります、SCP-5021-2。とても助かりました。また連絡します。

SCP-5021-2: で、俺はいつここから出られると思う?俺、来週のカーディフ・シティのチケットを持ってるんだけど。

レノックス博士: またお知らせします。ありがとう、SCP-5021-2。
<ログ終了>

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。