SCP-5168
rating: +12+x

アイテム番号: SCP-5168 レベル3/5168
オブジェクトクラス: Euclid 機密指定

jeffrk.jpg

SCP-5168。

特別収容プロトコル: SCP-5168が所在する住宅は財団のフロント企業が買収し、民間人の立ち入りを禁止しています。SCP-5168やこの住宅に接近しようとする民間人は阻止されます。

捕獲網から逃走したSCP-5168-A群は再確保した上で終了します。その後、目撃者にはSCP-5168-A群のことを "ジェフ・ザ・キラー" の格好に扮した非行集団であると説明し、既に拘束したと伝えます。SCP-5168-Aの標的となった家族には認識の詳細の抑制措置を受けさせ、物的損害は通常の強盗の仕業に結論付けます。

SCP-5168-Aの無制限な出現を止めるべく、子供を有する全ての家族をアイオワ州キッチオーバーから徐々に退去させる手段が多数確立しています。手段の例として、予算問題に見せかけた地域の学区の閉鎖や、子供の遊び場の撤去、財団の不動産フロント企業による子供を有する家族へのより良い住宅の系統的な提供などが挙げられます。留まっている家族は財団の監視下に置かれます。

この地域で顕著な菌環1は、それについて探求心を持つ民間人にとって典型的なものであると見なされます。SCP-5168-Aの死体が発見されるのを防止するため、キッチオーバーで採掘に勤しむ民間人は厳重に監視します。

jeffhouse.jpg

SCP-5168が所在する住宅。

説明: SCP-5168はアイオワ州キッチオーバーの郊外住宅に所在する、改造されたTandy 1000 RLコンピュータであり、画面上に架空のホラーキャラクター "ジェフ・ザ・キラー" のイラストを常に表示しています。SCP-5168は電源やインターネットから離れていても前述のように機能します。内部配線の中身には、通常の導体の代わりに菌糸が用いられています。

外部配線は用途不明の数本のコードに変更されており、住宅中を通って地中に延びているため、SCP-5168は住宅から外部に出せません。地中の画像を見るに、この配線は地下およそ3000 mにある正体不明の巨大な塊と接続されています。この塊は観測するたびにわずかに形状が変化します。

キッチオーバーに在住する思春期前の子供が悪夢や夜驚症のために目覚めた場合、SCP-5168は自らシャットダウンします。この直後、敷地内にジェフ・ザ・キラーの一般的な描写と同一の人型実体 (SCP-5168-Aと指定) が7〜15体出現します。SCP-5168-A群の出現後、SCP-5168は即座に再起動して平常時の振る舞いに戻ります。

SCP-5168-Aは菌糸体と菌核が強固に織り混ざった網状の組織で主に構成されており、外面の青白さと顔の造りの異様さもあって、ジェフ・ザ・キラーのような外観をしています。出現の際、左手にはひどく鈍化して実用に欠いた包丁が備え付けられています。SCP-5168-Aは複雑な感覚や知性の証拠を示していません。

出現したSCP-5168-Aは敷地内を出て、目覚めた子供のいる場所に向かってゆっくりと進行し、必要であれば障害物を回避するか破壊します。進行を妨げようとした人物に対しては、大抵は数で圧倒して非致死的に鎮圧します。子供に辿り着くと、SCP-5168-A群は「Go to Sleep」と繰り返し発言しながら静かに集まります。このうち数体は、手近にある毛布や敷布を子供にかけます。

子供が横になった場合、他のSCP-5168-Aは恐らく子供を再び眠りにつかせる目的でよく以下の行動を取ります。

  • クッキーや温かいミルクがあれば、それを子供に渡す。
  • 手に入る食材で子供用のサンドイッチを作る。その際、必要であれば所持した包丁で調味料を塗ったり、食材を切ったりする。
  • 付近の本を持ち、そのまま声の調子を変えた「Go to Sleep」の繰り返しで子供に読み聞かせようとする。
  • 様々な子守り唄の音程で「Go to Sleep」と繰り返して歌う。

本来ならば心的外傷を伴う出来事であるにも拘らず、SCP-5168の標的となった子供はSCP-5168-A群が到着しても怯えません。この原因は不明です。子供が眠りにつくと、SCP-5168-A群はその場から退却し、子守り唄を鼻歌で歌いながら住宅の周辺で円となって互いを埋め合います。その後、SCP-5168-Aは死亡し、急速に腐敗していきます。

腐敗する間、SCP-5168-Aの全身には大量のベニテングタケ (Amanita muscaria) が成長します。このキノコを摂取すると、とりわけ眠気と意識消失が引き起こされ、大量に摂食すると最終的に昏睡状態に陥ります。

補遺5168-1 — インシデント5168-A: 2021/2/3、出現したSCP-5168-A群が対象の住宅に向かった後、対象の子供であるカーデン・ノーハムが、SCP-5168-Aからピーナッツバターとゼリーのサンドイッチを受け取って食したことで、致命的なアレルギー反応を起こしました。この出来事の後、SCP-5168-A群は通常よりも苦悩しているように見受けられましたが、それ以外は通常と変わらない振る舞いを続けました。

この出来事の結果、SCP-5168の場所で前例のない現象が発生しました。以下は収容サイトで発生した現象の書き起こしです。

<ログ開始>


場所: SCP-5168収容サイト

前庭 — 23:40

(住宅の地下から震動が響き始め、芝生に亀裂が走る。亀裂から巨大なキノコ型構造物群が現れ、高さ約3 mまでに成長して動きを止める。それぞれのかさに1つの大きな目が開くと、目が高速で動き、涙を流しているように見受けられる。目が歪んで歯の無い口に変化すると、口が開き、幼児の泣き声を発する。構造物群の口が歪んで目に変化する。このプロセスが延々と繰り返される。)


収容室 — 23:42

(SCP-5168のコードが激しく動き始める。SCP-5168が高速で起動とシャットダウンを繰り返し、それによって前例のない数のSCP-5168-A群が出現する。実体群は即座に住宅の外へと走り出し、踏みつけ合いながら可能な限り速やかに退出しようとする。)


前庭 —23:45

(SCP-5168-Aが住宅から飛び出し始め、腕を広げて地面に身を投げる。実体群は「Go to Sleep」と繰り返し呟いている。キノコ型構造物群は口があるときに時折SCP-5168-Aを捕食している。ノーハム邸に財団の医療職員を呼んで事態の収拾をつけたエージェント・ジェンソンが帰還する。)

ジェンソン: (自動車から外に出る。) 一体何が — ?

(SCP-5168-Aが集団で「シッ」と発してジェンソンを黙らせ、それまでの振る舞いを続ける。)

ジェンソン: (沈黙し、囁いて) 何これ?

(ジェンソンが進行路に横たわった数体のSCP-5168-Aを飛び越え、キノコ型構造物群を見る。構造物群も目があるときにジェンソンを見ている。ジェンソンが収容サイトに進入する。)


収容室 — 23:54

(SCP-5168のコードは激しく動き続けている。薄オレンジ色の肌をした顔の無い人型実体が収容室の床から現れ、SCP-5168に向かって浮遊する。定期的に実体の胸に小さな開口部が開き、そこから黄色い胞子を排出する。SCP-5168の外部配線がいくつか実体の首の付け根に接続されたように見受けられる一方で、残りの配線は依然として地中に延びている。実体がSCP-5168のキーボードの少し上でタイピングの動作を行い、コンピュータのメニューを画面に表示させる。このメニューに様々な文字列を素早くタイプするが、文字列の正確な言語は不明である。地面が震動して実体が一瞬痙攣するが、すぐにタイピングを再開する。)


収容室への廊下 — 23:57

(ジェンソンが何体かの死亡したSCP-5168-Aにつまづく。そのうち1体が突然脚を掴んで「シッ」と発したため、ジェンソンが反射的に実体の頭を踏みつける。頭が破裂して胞子が噴き出る。ジェンソンは口を覆い、SCP-5168に向かって進み続ける。)


収容室 — 23:59

(ジェンソンが収容室に入室し、実体が振り向く。ジェンソンが銃を引き抜く。)

ジェンソン: 何 — ? その場に伏せなさい!

(口が実体の顔に横向きに出現する。ジェンソンの口が消え、銃を落として両手で顔の下部を覆う。実体がジェンソンの声で話す。)

実体: その場に伏せなさい! 眠れGo to Sleep

(ジェンソンが意識を失う。ジェンソンの口が再出現して実体の口が消失する。実体が直ちにタイピングを再開する。実体がキーボードのエンターキーを押すと、SCP-5168の画面全体に古い紋章が複数出現し、自らシャットダウンした直後に再起動する。実体が床に沈む。)


前庭 — 24:05

(キノコ型構造物群の口が泣き声を上げなくなり、目に変形して閉じる。構造物群がゆっくりと縮んで地面に戻り、自身を封じ直す。キノコ型構造物群の泣き声によって地域内の子供たちが悪夢から目覚めたため、生き残ったSCP-5168-A群が直ちに立ち上がり、対象となった各住宅に向かって散らばる。)


<ログ終了>

ジェンソンが突如として意識を失ったことで、カーデン・ノーハムの死亡に対応していた財団エージェントに知らせが届きました。エージェントは応援を要請し、SCP-5168-Aは全て見つかり次第終了されました。後にジェンソンはほぼ完全に回復したものの、急性味覚異常2と不眠症については完治していません。

このインシデントを受けたSCP-5168の収容プロトコルの更新は保留となっています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。