SCP-5190
rating: +63+x

アイテム番号: SCP-5190

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: その性質からSCP-5190は自己収容状態にあると考えられているため、具体的なプロトコルの対象となっていません。

説明: SCP-5190は全人類のうち不明確ながらも極少数の割合の人間に対する総称であり、外界にもたらした変化に作用する異常現象の影響下にあります。

SCP-5190実例は、その生涯を通して外界に重大な影響を及ぼすことはほとんどありません。さらに、SCP-5190が思いがけずもたらした社会的および環境的変化は、直後に元に戻ります。

全SCP-5190実例は自身が認識されるのを困難にする軽微な知覚フィルターの影響を受けており、このフィルターの強度は近くに他の人物がいるにつれて指数関数的に増加します。ただし、このフィルターの強度は、実例が犯罪やその他の社会的に不適切と見なされる行為に従事している場合にはほぼゼロにまで減少します1

ほとんどのSCP-5190実例は、その信念がどのようなものであろうと、人間関係の大半が最良でも知人程度にしか達しません。SCP-5190実例と面識がある人物に質問したところ、そのほとんどがSCP-5190実例のことを、何となく好感は沸くものの突き詰めると存在感が無い人物であると形容しています。 SCP-5190実例の知人に実施したインタビューのうち、80%が実例の名前や容貌といった詳細を完全に思い出すことに著しい困難を伴い、残りの20%がそのような詳細を全く覚えていませんでした。

死亡したSCP-5190実例に関する記憶は、その実例に遭遇したことがある全ての人物から急速に薄れていきます。観測された全ての事例において、死亡から3日後に当該実例に関する記憶が完全に失われ、重要度の低い何かを忘れたという漠然とした考えのみが残ります。


補遺5190-1: 財団の関心が薄いため、このアノマリーについての情報はこれ以上公開されていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。