SCP-5241

/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}
評価: +16+x

アイテム番号:SCP-5241 レベル3/5241
収容クラス:maksur confidential

撹乱クラス: amida


Necker_cube.jpg

SCP-5241。
その反ミーム性質に注目。

特別収容プロトコル: SCP-5241は1996/04/10以来不活性であり、Neutralizedであると考えられています。その代わりに、SCP-5241-Aに収容優先が割り当てられました。SCP-5241は分解される前に、実行可能なプロジェクト・ルビーのプロトタイプによるプロセスの検査が行われます。

1996/04/10現在、SCP-5241-Aは収容を違反しています。収容努力は、SCP-5241-A固有の署名に一致する情報パターンを探すためのインターネットサイトおよびデータベースの監視に焦点が当てられています。その易変異性質のため、新たなクラスS/5241記憶補強剤を継続的に開発することは不可能であると考えられています。このため、選抜された人工知能適用課(AIAD)職員は対抗概念部門と協力して、反ミーム暗号の検知・分解に特化した人工知能徴募員(.aic)であるプロジェクト・ルビー("ムネモシュネMnemosyne")を開発します。このエージェントは、AIADによる調査のため、SCP-5241-Aに類似した関連する実体の無力化・回収を行います。

SCP-5241-Bは、あらゆる費用をかけて分離した状態に留められます。発展的な電子システムへの移転を防止され、隔離された小容量ドライブに暗号化して収容されます。CRV(認識抵抗値)が14.0未満の職員は、SCP-5241-Bエージェントによる同化の影響を受けやすくなっています。このため、職員はあらゆるSCP-5241-Bが存在するシステムから半径3メートル以内に進入する際、細心の注意を払い続けてください。

収用委員会通知: 現時点で、GoI-004によるSCP-5241-AとSCP-001の間の関連性に関する主張は確証されていません。それぞれの収容プロトコルが類似していることから、SCP-5241-Aはその主張が決定的に否定されるまでMaksur1に分類されています。


text1

SCP-5241の記述のデジタル再現。

説明: SCP-5241は、SCP-5241-A収容機構であると考えられている、8cm x 8cm x 8cmの立方体の形状をした装置です。不明な素材で構成され、反ミーム的性質を示しており、その物理的・化学的性質に関する情報を保持することが不可能になっています。この性質には視覚的情報も含まれており、結果として観測者が影響領域にいないときアノマリーの外見は透明な立方体のフレームに見えます。SCP-5241の1面にはシンボルが記述されているのが特徴です。そのシンボルは現在までのところ不明な言語で書かれており、言語学部門による同定・翻訳が保留中です補遺5241.4を参照)。

SCP-5241-Aは、不明な起源のテレパシー能を有する人工知能です。大きさの変化する影響範囲内2に存在する、あらゆる電子システムおよび/またはデジタル情報システム(生物学的神経系統を含む)に対して相互作用およびそれへの移転が可能です。このエージェントは以前はSCP-5241内に収容されていましたが、1996/04/10に収容違反し現時点で未収容のままです(さらなる詳細は補遺5241.3を参照)。現在、SCP-5241-Aは一連の不明なデータサーバーやネットワーク接続に分散しており、財団職員による検知を回避しようとしています。

rule90.png
SCP-5241-Aの反ミーム的情報署名。

SCP-5241-Aは、適応的分散知能Adaptive Distributed Intelligence(ADI)であると理論付けられており、分裂することで技術的制限に適応することが可能なゲシュタルト意識を有しています。SCP-5241-Aを完全にシミュレーションするために必要な技術は、いまだに存在していないと仮説立てられています。このため、SCP-5241-Aはその処理を可変量の副知能(SCP-5241-Bと集合的に指定)に分配しています。現時点で、1つのSCP-5241-Bエージェントが収容されています。SCP-5241-B-1は、初期の収容違反の際にSCP-5241から分裂した構成要素知能です(さらなる詳細は補遺5241.2を参照)。

SCP-5241-Aの情報署名3は反ミーム的変異により暗号化されており、それを標的とした記憶補強剤は製造の遅れのため効果がなくなっています。1996/04/10現在、プロジェクト・ルビー("ムネモシュネ")のプロトタイプがいまだに進展中です。

発見: SCP-5241は、1996/04/01におけるサイト全体での文書転換に続いて発見されました。サイト-41記録保管所が移転され、その記録フォーマットがレコードから電子フォーマットに転換された際、「SCP-5241」とラベルされた追加的なチャンバーが地下04階で発見されました。このラベルを担う一連の文書は、フォーマット転換の際各所に説明のつかないエラーが発生していました。加えて、対応するレコードは転換プロトコルのためすでに消去されており、結果としてSCP-5241に関する全ての資料の喪失を招きました。さらに、サイト職員はこのアノマリーについて以前からの知識を有していないと主張しました。


補遺5241.1:

小規模収容違反報告: 1996/04/06にSCP-5241をサイト-41からサイト-15に移送した際、長距離収容車両Long-Haul Containment Vehicleの運転手が第3チェックポイントでセーフティー伝達を送信しませんでした。その後のビデオ映像の検査では、車両はセーフティーチェックポイントのいずれにも到着しておらず、それにもかかわらず最初の2つにおける適切なセーフティー伝達を送信していたことが判明しました。

およそ9時間後、車両は道路から数マイル離れた農村地域で発見されました。全てのアノマリーは収容されていたものの、LHCV運転手である██████ ██████は不明な手段により脊髄が車両の電子システムと融合した状態で昏睡しているのが発見されました。MTF職員は、車両およびその収容物をサイト-15に護送しました。融合した運転手および電子システム(以降SCP-5241-1に指定)は、車両から外科的に分離されたのち生命維持装置に収容されました。


補遺5241.2:


補遺5241.3:


補遺5241.4


補遺5241.5


評価: +16+x
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。